年越しで居ついた植物園のクロジ

クロジの自然食事場だった椎の小径に誰かが撮影のため餌付けしようとしたのか粟稗が撒かれアオジなどほかの鳥も多く出てくることで、鷹が出現するようになる。11月初めから居つき、昨年シイの実を食べによくこの小径に現れた5~6羽のクロジが、鷹を恐れたのかほとんど姿を見せなくなって数も減り年末を迎えた。しかし、年末の休園間際に元の居場所だったノシランの茂みの林下でヤマブキほかの木の実や虫を食べるクロジを3羽観察できた。人が多いとほとんど姿を見せない状態になり、年明けても居ついているのかわからなかったが、たまたまカメラマンが一人もいない夕方、元の林下のノシランの茂みで餌を食べる姿を観察し、その行動をカメラでとらえてみた。しかし、この場所にも誰かが粟稗を撒いたようでその痕跡が残っている。自然状態で野鳥の生態を観察できるのが植物園の良さだが環境破壊する行為は困ったものだ。このところハイタカがよく出ており小鳥たちは戦々恐々で以前ほどは姿を見せなくなっている。餌付けは人のエゴで鳥のためにならず、自然の木の実などの餌を食べ短い期間ではあるが訪れて去る鳥たちの生態を観察してほしいと思う。
クロジ植物園21.1.6 (1).jpgノシランの茂る林下で保護色となり餌を探す年越ししたクロジ♂。わずかな地鳴きがなければ全く気付かないだろう。 2021.1.6.撮影
クロジ植物園21.1.6 (17)1.jpg木の根元で見事に隠れて餌を探すクロジ♀。3羽ほどで集団活動している。 2021.1.6.撮影
クロジ植物園21.1.6 (29)1.jpg林下の切り株で隠れながら餌を探すクロジ♀。虫や木の実を探しているようだ。 2021.1.6.撮影
クロジ植物園21.1.6 (46)1.jpg林下の切り株に隠れながら餌を探すクロジ♂。わずかな動きがないと識別しづらい。 2021.1.6.撮影
クロジ植物園21.1.6 (72).jpg林下の茂みで集団で餌を探すクロジ♂♀ 2021.1.6.撮影
クロジ植物園21.1.6 (88).jpg切り株のくぼみに隠れて動きが止まると道から見てほとんど識別できない保護色となるクロジ♂ 2021.1.6.撮影
クロジ植物園21.1.6 (107).jpg林下の落ち葉のある茂みで休息するクロジ♀。これも動きを追っていないと見つけにくい。 2021.1.6.撮影
クロジ植物園21.1.6 (125).jpg11月に居ついたテリトリーの茂みで動くクロジ♀ 2021.1.6.撮影
クロジ植物園21.1.6 (176).jpg11月に居ついたテリトリーの茂みで動くクロジ♂ 2021.1.6.撮影
クロジ植物園21.1.6 (182).jpg水場に姿を見せたクロジ♀ 2021.1.6.撮影
クロジ植物園21.1.6 (195).jpg水場に姿を見せたクロジ♀ 2021.1.6.撮影
クロジ植物園21.1.6 (230).jpg水場に姿を見せ水を飲むクロジ♂。誰かが粟稗を撒いた痕跡がある。 2021.1.6.撮影
クロジ植物園21.1.6 (239).jpgノシランの茂みに隠れ餌を探すクロジ♀ 2021.1.6.撮影
クロジ植物園21.1.6 (303).jpgノシランの茂みに隠れ餌を探すクロジ♂。ここではヤマブキの実などを当初食べていた。 2021.1.6.撮影
クロジ植物園21.1.6 (333).jpg林の茂みの木にとまるクロジ♂。枝被りしやすい隠れやすいところによくとまる。 2021.1.6.撮影
クロジ植物園21.1.6 (343).jpg林の茂みの木にとまるクロジ♀。枝の多い木は安心しているようだ。 2021.1.6.撮影
クロジ植物園21.1.6 (358).jpgノシランの茂み近くで隠れながら餌を探すクロジ♀ 2021.1.6.撮影
クロジ植物園21.1.6 (371).jpgノシランの茂み近くで隠れながら餌を探すクロジ♂ 2021.1.6.撮影
クロジ植物園21.1.6 (394).jpgノシランの茂み近くで隠れながら餌を探すクロジ♂ 2021.1.6.撮影
クロジ植物園21.1.6 (433).jpgノシランの茂みで自然状態で探して食べるクロジ♀の食事。何かの木の実を食べようとしている。 2021.1.6.撮影