季節終盤で生き残るウラナミシジミ(寒冷期型の美しさ)ほか。。

11月も末になり気温も冷え込んでほとんど蝶の姿も見なくなったが、まだ10度を超えて日当たりのよい野には蝶の姿も見ることが出来る。寒冷期に発生する蝶には美しいものも多いが、羽化したてのウラナミシジミ♂がセンダングサの残り花に舞っていた。暖を取るためとまれば開翅するが表翅のブルーが何とも美しい。ヤマトシジミは擦れ擦れの物が生き残る。ツマグロヒョウモンにもまだ新鮮なものもいる。ウラギンシジミは樫の葉裏で越冬して動かない。12月の声を聞くようになるまでこれらの蝶が活動するのはやはり温暖化のせいだろう。
帰帆島CA20.11.30 (1).jpgサザンカの花とイロハモミジの紅葉が美しい滋賀琵琶湖畔の公園 2020.11.30.撮影
帰帆島CA20.11.30 (4).jpgサザンカの花とイロハモミジの紅葉が美しい滋賀琵琶湖畔の公園 2020.11.30.撮影
ウラギンシジミ帰帆島CA20.11.30 (2).jpg樫の葉裏で越冬の眠りについているウラギンシジミ 2020.11.30.撮影
ウラナミシジミ帰帆島CA20.11.30 (11).jpg寒冷期に発生したウラナミシジミ♂ 2020.11.30.撮影
ウラナミシジミ帰帆島CA20.11.30 (49).jpgセンダングサの花にとまる寒冷期に発生したウラナミシジミ♂ 2020.11.30.撮影
ウラナミシジミ帰帆島CA20.11.30 (4).jpgセンダングサの残り花にとまる寒冷期に発生したウラナミシジミ♂ 2020.11.30.撮影
ウラナミシジミ帰帆島CA20.11.30 (36).jpgセンダングサの花にとまる寒冷期型のウラナミシジミ♂ 2020.11.30.撮影
ウラナミシジミ帰帆島CA20.11.30 (15).jpg枯草にとまり暖をとり開翅する寒冷期型のウラナミシジミ♂ 2020.11.30.撮影
ウラナミシジミ帰帆島CA20.11.30 (26)1.jpg枯草にとまり暖をとり開翅する寒冷期型のウラナミシジミ♂ 2020.11.30.撮影
ウラナミシジミ帰帆島CA20.11.30 (46).jpg枯草にとまり暖をとり開翅する寒冷期型のウラナミシジミ♂ 2020.11.30.撮影
ウラナミシジミ帰帆島CA20.11.30 (53).jpg枯草にとまり暖をとり開翅する寒冷期型のウラナミシジミ♂ 2020.11.30.撮影
ヤマトシジミ帰帆島CA20.11.30 (2).jpg季節末期で擦れ擦れで生き残るヤマトシジミ 2020.11.30.撮影
ヤマトシジミ帰帆島CA20.11.30 (3).jpg季節末期で擦れ擦れで生き残るヤマトシジミ 2020.11.30.撮影
ツマグロヒョウモン♂帰帆島CA20.11.30 (4).jpg枯れススキにとまる季節末期のツマグロヒョウモン♂ 2020.11.30.撮影
ツマグロヒョウモン♀帰帆島CA20.11.30 (6).jpg季節末期でもまだ美しいツマグロヒョウモン♀ 2020.11.30.撮影

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた
ナイス

この記事へのコメント