秋の自然観察で見る蝶などの昆虫たち

我が家や私のフィールドで見る秋の昆虫たちを掲載する。我が家のクロツバメシジミは8-9月の猛暑に生き残った第5化がわずかに飛ぶようになった。しかし、次の世代に引き継げるかは卵も見当たらないので微妙な状態といえる。アサギマダラは今年はフジバカマに訪れる個体が少ないようだ。ジャコウアゲハは茎を食べて蛹になった物はほとんど毒に当たって死んでいる。それでもわずかな蝶が10月になって飛んでいた。エゾトンボと思うトンボは側面が写せないのでタカネトンボとの識別が難しい。ミヤマカラスアゲハは暗室飼育で美しい秋型が出たが、標本にしてみると余計に美しい。
クロツバメ20.9.30 (24).jpg9月末になって羽化してきている我が家ベランダのクロツバメシジミ第5化。毎日数頭しか姿を見ない。次の世代へつながるだろうか? 2020.9.30.撮影
アサギマダラ植物園20.9.29 (10).jpg植物園のフジバカマに来ているアサギマダラ♂ 2020.9.29.撮影
アサギマダラ植物園20.9.29 (30).jpg植物園のフジバカマを吸蜜するアサギマダラ♂。今年は個体数が少ない。 2020.9.29.撮影
アサギマダラ植物園20.9.29 (4).jpg植物園のイロハモミジで休むアサギマダラ♂ 2020.9.29.撮影
ジャコウアゲハ20.8.23 (21).jpgウマノスズクサを食い尽くしその茎を食べて蛹化するジャコウアゲハ終令幼虫 2020.8.23.撮影
ジャコウアゲハ20.8.25 (10).jpgジャコウアゲハの蛹。茎を食べた蛹はほとんど毒気に当たるのか死ぬものが多い。 2020.8.25.撮影
ジャコウアゲハ♂20.9.4 (15).jpg羽化したジャコウアゲハ♂ 2020.9.4.撮影
ジャコウアゲハ20.9.1 (2).jpg羽化したジャコウアゲハ♀ 2020.9.1.撮影
ミヤマカラス暗室処理20.9.15.羽化20.9.29 (5)1.jpg暗室飼育してストレスを与えたミヤマカラス♂。2020.9.15.に羽化し、裏帯も太く非常に美しい個体となった。 2020.9.29.撮影
クロセセリ植物園20.9.12 (6).jpgミョウガの葉を折って蛹化するクロセセリ 2020.9.12.撮影
アゲハチョウ20.9.26 (10).jpg柚子を食べるアゲハチョウの終令幼虫 2020.9.26.撮影
アゲハチョウ20.9.26 (5).jpg柚子を食べて育ったアゲハチョウの蛹と4令幼虫 2020.9.26.撮影
ヒメアカタテハ賀茂川20.9.30 (64).jpg賀茂川の土手のヨモギに産卵に来てムラサキツメクサを吸蜜するヒメアカタテハ 2020.9.30.撮影
ヒメアカタテハ賀茂川20.9.30 (70).jpgムラサキツメクサを吸蜜するヒメアカタテハ。この時期には賀茂川に多い。 2020.9.30.撮影
ホシヒメホウジャク20.10.3 (5).jpg我が家の玄関先で羽化していたホシヒメホウジャク 2020.10.3.撮影
オナガサナエ賀茂川20.9.30 (5).jpg賀茂川出雲路橋で休んでいたオナガサナエ♀ 2020.9.30.撮影
オナガサナエ賀茂川20.9.30 (11).jpg識別のため手づかみして撮影したオナガサナエ♀ 2020.9.30.撮影
エゾトンボ針畑20.10.2 (1).jpg針畑川で撮影したエゾトンボ?ご指摘によりタカネトンボに訂正。 2020.10.2.撮影
エゾトンボ針畑20.10.2 (13).jpg側面をしっかり写せないので同定しにくいがエゾトンボと思える。ご指摘によりタカネトンボに訂正。 2020.10.2.撮影
ハラナガツチバチ植物園20.9.29 (1).jpg植物園のヒヨドリバナに来ていたハラナガツチバチ 2020.9.29.撮影

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

POKOPON
2020年10月04日 18:53
エゾトンボ科3種というのはやっかいなんですが、メスの場合、タカネトンボは他の2種とは産卵方式が違い、尾部の形状も違っています。
それで、この写真はエゾトンボではなく、タカネトンボでしょう。
吉田健
2020年10月05日 19:25
タカネトンボでしたか。尾部でタカネかと思いましたがエゾ表記しました。直します。