自宅の鉢植えエノキで発生するゴマダラチョウ

京都の北大路周辺では街路のエノキ小木でこの数年ゴマダラチョウが継続的に発生している。今年も第1化ゴマダラチョウが我が家の鉢植えエノキに産卵に来て幼虫を確認できた。しかし、アシナガバチが多いのでほとんどが食べられ運良く蛹になった個体まで食べられていた。それで数匹は家中に取込み羽化まで観察した。アシナガバチの活動が休止する秋になると自然状態で羽化までステージを完結させる物も出てくる。
ゴマダラチョウ2令20.6.14 (8).jpg我が家の鉢植えエノキに付いていたゴマダラチョウ2令幼虫 2020.6.14.撮影
ゴマダラチョウ2令20.6.12 (3).jpgゴマダラチョウ2令休眠幼虫 2020.6.12.札イェイ
ゴマダラチョウ3令20.6.14 (2).jpgゴマダラチョウ3令幼虫 2020.6.14.撮影
ゴマダラチョウ2令20.6.14 (11).jpgゴマダラチョウ3令幼虫 2020.6.14.撮影
ゴマダラチョウ3令20.6.14 (6).jpgゴマダラチョウ4令幼虫 2020.6.14.撮影
ゴマダラチョウ5令20.7.1 (10).jpgゴマダラチョウ5令幼虫 2020.7.1.撮影
ゴマダラチョウ自宅20.6.26 (11).jpgゴマダラチョウ5令幼虫 2020.6.26.撮影
ゴマダラチョウ20.7.15 (2).jpg家中に取り込んで蛹化した蛹 2020.7.15.撮影
ゴマダラチョウ20.7.21 (21).jpg家中で羽化させたゴマダラチョウ 2020.7.21.撮影
ゴマダラチョウ20.7.21 (31).jpg家中で羽化させたゴマダラチョウ 2020.7.21.撮影