京都南部に細々と生き残るクロヒカゲモドキなど

京都では絶滅危惧になるクロヒカゲモドキを生息調査に出かけた。京都南部の非常に狭い範囲に局地的に数は少ないが生息していた。ここでは鹿はいるもののまだ京都北部のようには荒れていない。また、ホソバセセリ、ジャノメチョウの数は多く、オオヒカゲも少ないながら見ることが出来た。クロヒカゲモドキの♂はすばしこく飛ぶので写真には写せなかった。アブラススキの生える草むらや雑木林の茂みにとまる♀を撮影する。
クロヒカゲモドキの世界20.7.16 (11).jpgクロヒカゲモドキが生息するアブラススキが生える京都南部の雑木林 2020.7.16.撮影
クロヒカゲモドキ京都南部20.7.16 (3).jpgアブラススキにとまるクロヒカゲモドキ♀ 2020.7.16.撮影
クロヒカゲモドキ京都南部20.7.16 (5).jpgアブラススキにとまるクロヒカゲモドキ♀ 2020.7.16.撮影
クロヒカゲモドキ京都南部20.7.16 (2).jpgアブラススキの茂みに隠れてとまるクロヒカゲモドキ♀ 2020.7.16.撮影
クロヒカゲモドキ京都南部20.7.16 (1).jpgアブラススキの茂みに隠れてとまるクロヒカゲモドキ♀ 2020.7.16.撮影
クロヒカゲモドキ京都南部20.7.16 (4).jpg雑木林の中に隠れてとまるクロヒカゲモドキ♀ 2020.7.16.撮影
オオヒカゲ京都南部20.7.16..jpgクロヒカゲモドキの生息する環境にスゲがあると生息しているオオヒカゲ 2020.7.16.撮影
ジャノメチョウ京都南部20.7.16 (4).jpg明るい環境で飛び回るジャノメチョウ♂ 2020.7.16.撮影
ジャノメチョウ京都南部20.7.16 (3).jpgワラビにとまるジャノメチョウ♂ 2020.7.16.撮影
ジャノメチョウ京都南部20.7.16 (1).jpgイタドリにとまるジャノメチョウ♂ 2020.7.16.撮影
ジャノメチョウ京都南部20.7.16 (2).jpg道路にとまるジャノメチョウ♂ 2020.7.16.撮影
ジャノメチョウ京都南部20.7.16 (5).jpg笹にとまるジャノメチョウ♀ 2020.7.16.撮影
クロコノマ京都南部20.7.16..jpgクロヒカゲモドキなどとともに生息するクロコノマ。この日もイシガケチョウを見たが、クロコノマやイシガケチョウは京都でどこにでもいる蝶になった。 2020.7.16.撮影
ホソバセセリ京都南部20.7.16 (4).jpg明るい環境に飛び回るホソバセセリ 2020.7.16.撮影
ホソバセセリ京都南部20.7.16 (3).jpg茶畑に飛ぶホソバセセリ 2020.7.16.撮影
ホソバセセリ京都南部20.7.16 (2).jpg茶畑のホソバセセリ 2020.7.16.撮影
ホソバセセリ京都南部20.7.16 (1).jpgイラクサ科植物とホソバセセリ 2020.7.16.撮影
アサマイチモンジ京都南部20.7.16 (1).jpg最近京都で滅多に見られなくなったアサマイチモンジ♂ 2020.7.16.撮影
アサマイチモンジ京都南部20.7.16 (2).jpg京都南部のアサマイチモンジ♂ 2020.7.16.撮影
アサマイチモンジ京都南部20.7.16 (4).jpg京都南部のアサマイチモンジ♂ 2020.7.16.撮影
アサマイチモンジ京都南部20.7.16 (3).jpg京都南部のアサマイチモンジ♂ 2020.7.16.撮影