第2化はあるのか?我が家で発生したテングチョウ

テングチョウは越冬して榎の芽吹きとともに交尾し産卵する。5月中旬頃からから第1化が発生し、その成蝶は年を越すと言われている。しかし、1化が発生して間もない5月末に我が家の鉢植えエノキに羽化後のような美しいテングチョウが産卵に来た。これは第2化産卵なのだろうか?越冬個体の新鮮な物が遅れて第1化産卵にきたものだろうか?謎である。
テングチョウ深泥池20.4.5 (3).jpg深泥が池で越冬から目覚めて飛び回るテングチョウ。越冬個体は大概が擦れている。 2020.4.5.撮影
テングチョウ梅谷20.4.7..jpg比叡山の麓で越冬から目覚め飛び回るテングチョウ 2020.4.7.撮影
テングチョウ梅谷20.4.7 (11).jpg比叡山の麓で越冬から目覚め飛び回るテングチョウ。まもなくエノキの新芽への産卵が始まる。 2020.4.7.撮影
テングチョウ大原20.6.7 (3).jpgテングチョウの第1化は5月中旬から6月初旬にかけて発生する。大原で飛び回る第1化の成蝶。 2020.6.7.撮影
テングチョウ岩倉20.6.15 (5).jpg6月15日となると岩倉で生き残る越冬テングチョウもほとんど擦れて汚くなっている。こういうテングチョウも産卵すると2化と紛らわしい。 2020.6.15.撮影
テングチョウ花脊20.6.17 (19).jpg花脊峠のように標高800mの場所でも6月17日には1化のテングチョウが多く舞う。 2020.6.17.撮影
テングチョウ花脊20.6.23 (3).jpg花脊峠のシラキの花にたくさん集まる第1化のテングチョウ 2020.6.23.撮影
テングチョウ20.6.14 (16).jpg我が家のエノキに育つテングチョウ4令幼虫 2020.6.14.撮影
テングチョウ20.6.14 (2).jpg我が家のエノキに育つテングチョウ4令幼虫 2020.6.14.撮影
テングチョウ20.6.14 (10).jpg我が家のエノキに育つテングチョウ5令(終令)幼虫 2020.6.14.撮影
テングチョウ20.6.23 (1).jpg我が家のエノキで育ったテングチョウ。老熟幼虫、前蛹、蛹。 2020.6.23.撮影
テングチョウ蛹自宅20.6.18 (9).jpgテングチョウの蛹 2020.6.18.撮影
テングチョウ20.6.19 (6).jpgテングチョウの蛹 2020.6.19.撮影
テングチョウ20.6.26 (8).jpg遅れた1化なのか?2化のテングチョウなのか?我が家のエノキで発生したテングチョウ。 2020.6.26.撮影

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

2020年07月14日 13:10
午後一時
いま雨は上がってますが
昨日からよく降りました
朝の散歩
2020年07月14日 13:15
午後一時
いま雨は上がってますが
昨日からよく降りました
朝の散歩には出かけますが
その他は引きこもり状態
でもたくさん愉しみがありますから
退屈はしません
こちらに来るのを忘れるくらいです
今朝は川の動画をたくさん撮りました