自然の厳しさ、エナガの受難。巣の損壊。

去年と今年、エナガが巣作りを始めたので観察した。去年は作った場所が悪く、サクラの木の分岐だったので夜桜ライトアップの準備で人為的に壊された。今年は順調に巣作りが進み無事子育てできることを願いながら観察したが、やはりこれも場所が悪かったのかおそらくカラスと思われる壊され方をしてしまった。自然の無情としか言い様がない。卵を産んでいたと見え、それを食べられたのだろう。無事育てば可愛いエナガ団子も見れたと思うので残念である。去年と今年の巣作りの観察を紹介する。
エナガの巣植物園19.2.18 (5).jpg鳥の羽を運び巣を作るエナガ 2019.2.18.撮影
エナガの巣植物園19.2.18 (2).jpgウメノキゴケなどを使い桜の幹の又に巣を作るエナガ 2019.2.18.撮影
エナガの巣植物園19.2.18 (18)1.jpgウメノキゴケの生えている桜の木と同化してわかりにくくされているエナガの巣 2019.2.18.撮影
エナガの巣植物園19.3.22 (8).jpgほぼ完成しているエナガの巣 2019.2.18.撮影
エナガの巣植物園19.3.22 (2).jpg桜の時期を迎え夜桜ライトアップ工事が始まり壊されたエナガの巣。 2019.3.22.撮影
エナガの巣植物園19.3.22 (5).jpg巣の中に持ち込まれていた鳥の羽が露出していた。 2019.3.22.撮影
エナガの巣植物園19.3.22 (8).jpg見る方向によってはまだ巣の形は残っているがもう親鳥はいない。 2019.3.22.撮影
エナガの巣植物園20.2.7 (6).jpg灌木の茂みに巣作りするエナガ 2020.2.7.撮影
エナガの巣植物園20.2.7 (27).jpg団体行動で餌取りに巡回する時と巣作りの時を分けているように見えたエナガ 2020.2.7.撮影
エナガの巣植物園20.2.7 (6).jpg主に午後に巣作りをしていたエナガ 2020.2.18.撮影
エナガの巣植物園20.2.18 (22).jpg苔などを使い巣作りするエナガ 2020.2.18.撮影
エナガの巣植物園20.2.18 (60).jpg周りをあまり気にせず巣作りするエナガ 2020.2.18.撮影
エナガの巣植物園20.2.18 (78).jpg巣作りに励むエナガペアー 2020.2.18.撮影
エナガの巣植物園20.2.18 (85).jpgほとんど巣を完成させたエナガペアー 2020.2.18.撮影
エナガ植物園20.2.18 (7).jpg巣の近くにいるエナガ 2020.2.18.撮影
エナガの巣植物園20.2.23 (3).jpg入り口もできて完成したエナガの巣 2020.2.23.撮影
エナガの巣植物園20.2.28 (34).jpg巣が完成して産卵が始まると思えるエナガの巣。この後見回り時にはほとんど動きがなく親の姿も見えなかった。 2020.2.28.撮影
タカ食害植物園20.3.3 (1).jpg園内にはタカがよく現れドバトなどを食害する。エナガの巣作りの材料には事欠かないが危険に満ちている。 2020.3.3.撮影
エナガの巣損壊植物園20.3.2 (1).jpg3月2日に見回った時、巣が無残に壊され中の羽が散乱していた。おそらくタカが出るため近くに最近多いカラスが襲った物と思える。自然の弱肉強食は厳しい現実である。 2020.3.2.撮影
ハシブトカラス植物園20.3.5 (1).jpg周囲に多いハシブトガラス 2020.3.5.撮影
エナガ大阪城公園16.4.14 (29).jpg無事孵化して子育てを見るのを楽しみにしていたのだが残念。子育て中のエナガ。 2016.4.14.撮影
エナガ大阪城公園16.4.14 (71).jpg巣から顔を覗かせるエナガのヒナ 2016.4.14.撮影
エナガ大阪城公園16.4.14 (81).jpgヒナに餌を与えるエナガの親 2016.4.14.撮影
エナガ団子京都御苑16.4.23 (44).jpgエナガは巣立てば俗にエナガ団子と呼ばれる集団でおしくらまんじゅうのように並んで枝にとまっていることも多い。 2016.4.23.撮影

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

驚いた 驚いた
ナイス

この記事へのコメント