京都府立植物園のカイノキ(ランシンボク・トネリバハゼノキ・ナンバンハゼ・クシノキ)の実を食べに来るコサメビタキ

孔子廟に植えられている樹で、学問の聖木とされることから学校に植えられることも多い。私の昔の織物学校の職場にも植えられていた。この樹に現在実がたわわになっていてこれを食べにキビタキ等の野鳥がやってくる。この日はコサメビタキが数匹訪れ実を食べていた。
コサメビタキ植物園19.10.13 (4)1.jpgカイノキの実を食べに来るコサメビタキ 2019.10.13.撮影
コサメビタキ植物園19.10.13 (9)1.jpgカイノキの実を食べに来るコサメビタキ 2019.10.13.撮影
コサメビタキ植物園19.10.13 (23)1.jpgカイノキの実を食べに来るコサメビタキ 2019.10.13.撮影
コサメビタキ植物園19.10.13 (18)1.jpgカイノキの下の小枝に休みに降りたコサメビタキ 2019.10.13.撮影