岩倉自然観察(ツルリンドウの花ほか)

孫が新見で採集したカブトムシは元気に今日まで長生きしているので岩倉の樹液の出ているクヌギへ放してやり、ついでに自然観察も行いました。山道にはツルリンドウの花が可憐に咲いていました。ここは少し鹿害がましになっています。イタドリの花も光に透かされきれいです。クヌギの林間にはクロコノマが飛び、ヒカゲチョウはまだいます。オオスズメバチの活動が活発になっているのであまり近寄れません。キノコ類も他よりは多く見れました。
ツルリンドウ岩倉繁見坂19.9.16 (9)1.jpg岩倉に見るツルリンドウの花。鹿害に会わずに残っていたのがうれしい。 2019.9.16.撮影
ツルリンドウ岩倉繁見坂19.9.16 (3).jpg可憐に咲くツルリンドウの花 2019.9.16.撮影
ツルリンドウ岩倉繁見坂19.9.16 (5).jpgツルリンドウの花 2019.9.16.撮影
イタドリ岩倉繁見坂19.9.16 (3).jpg沿道に咲くイタドリの花。陽の光に透かされて咲く花が美しい。 2019.9.16.撮影
カブトムシ新見産19.9.16 (4).jpg孫が新見で採集して今まで元気に飼育していたカブトムシ♂。♀はすでに死んで幼虫がかなりいる。このオスは元気で長生きなのでクヌギの樹液に放してやった。 2019.9.16.撮影
キンモンガ岩倉繁見坂19.9.16 (4).jpg林道に飛ぶキンモンガ。この蛾は蝶のように美しい。 2019.9.16.撮影
クロコノマ岩倉繁見坂19.9.16 (3).jpg薄暗いクヌギ林で忍者のように飛ぶクロコノマ 2019.9.16.撮影
クロコノマ岩倉繁見坂19.9.16 (5).jpgだいぶ擦れているが2頭飛んでいた。 2019.9.16.撮影
シロオニタケ岩倉繁見坂19.9.16 (5).jpgクヌギ林に生えるシロオニタケ 2019.9.16.撮影
オオミノクロアワタケ?岩倉繁見坂19.9.16 (2).jpgクヌギ林に生えるオオミノクロアワタケかなと思うキノコ 2019.9.16.撮影
オオミノクロアワタケ?岩倉繁見坂19.9.16 (3).jpgオオミノクロアワタケ? 2019.9.16.撮影
オニイグチモドキ岩倉繁見坂19.9.16 (4).jpgオニイグチモドキかなと思うキノコ 2019.9.16.撮影
キハツダケ?岩倉繁見坂19.9.16 (5).jpgよくわからないがキハツダケとしてみたキノコ 2019.9.16.撮影
ナラタケモドキ岩倉繁見坂19.9.16 (9).jpgこれはナラタケモドキで間違いなかろう 2019.9.16.撮影
ナラタケモドキ岩倉繁見坂19.9.16 (11).jpgナラタケモドキ 2019.9.16.撮影
チョウジチチタケ?岩倉繁見坂19.9.16 (2).jpgチョウジチチタケとしてみたキノコ。よくわからない。 2019.9.16.撮影チョウジチチタケ?岩倉繁見坂19.9.16 (3).jpgチョウジチチタケ? 2019.9.16.撮影
シロナメツムタケ?岩倉繁見坂19.9.16 (3).jpgシロナメツムタケとしてみたキノコ。この手のキノコはちんぷんかんぷんである。 2019.9.16.撮影
ニオイワチチタケ?岩倉繁見坂19.9.16 (2).jpgニオイワチチタケとしてみたキノコ。継続観察でわからない名前のキノコは観察継続していきたい。 2019.9.16.撮影