市原の自然観察(クサギの花とミヤマカラスアゲハほか)

炎天下の14:00、市原の谷のクサギにミヤマカラスアゲハが来ていないか見に出かけた。ほとんど虫らしい虫に出会えない道筋だったが谷のウツギの花にはちょうどミヤマカラスアゲハが3頭舞っていた。クロアゲハやナガサキアゲハもいたが良い被写体にはなってくれなかった。花と蝶のいい構図には収まらなかったがしばらく遊んでくれる。飛び疲れた1♀が谷の日陰のダンドボロギクに休んでくれたのでちょうどお散歩ネットも持参していたので捕獲して卵を産ませることにした。ミンミンゼミとツクツクボウシが鳴く鞍馬川の谷の小径でムラサキシジミ、ホタルガ、クロコノマの蛹殻、幼虫は見ることができた。イチモンジチョウやキタキチョウは飛んでいる。
クサギ市原19.9.9 (2).jpg市原の谷に咲くクサギの花。もう終盤なのであまり美しくない。 2019.9.9.撮影
ミヤマカラスアゲハ市原19.9.9 (6).jpgクサギの花に舞うミヤマカラスアゲハ♀。時期がもう少し早ければもっと舞っていただろうが3頭のみだった。 2019.9.9.撮影
ミヤマカラスアゲハ市原19.9.9 (22).jpgこのミヤマカラスアゲハはあまりの暑さに日陰のダンドボロギクに休みに降りた。 2019.9.9.撮影
市原19.9.9 (176).jpg谷に降りたこの蝶はお散歩ネットを持っていたので捕獲して卵を産ませることにした。市原のミヤマカラスアゲハは非常に美しい春型が生まれることが多い。 2019.9.9.撮影
ミヤマカラスアゲハ市原19.9.9 (48).jpgクサギの花に舞う別個体のミヤマカラスアゲハ♀。 2019.9.9.撮影
ミヤマカラスアゲハ市原19.9.9 (58).jpgクサギの花に舞うミヤマカラスアゲハ♀ 2019.9.9.撮影
ミヤマカラスアゲハ市原19.9.9 (65).jpgクサギの花に舞うミヤマカラスアゲハ♀ 2019.9.9.撮影
クロアゲハ市原19.9.9 (4).jpgクサギの花に舞うクロアゲハ。ナガサキアゲハも吸蜜に来たが時間が短く撮影できなかった。 2019.9.9.撮影
クズ市原19.9.9 (2).jpgクズの花。かってはここのクズの花でウラギンシジミの幼虫をたくさん観察できたが今は難しい。 2019.9.9.撮影
ウラギンシジミ市原19.9.9 (8).jpgクズの花に産卵に訪れるウラギンシジミ 2019.9.9.撮影
タラ市原19.9.9 (2).jpgタラノキの花 2019.9.9.撮影
ムラサキシジミ市原19.9.9 (3).jpg鞍馬川の道筋にいたムラサキシジミ。アラカシで産卵している。 2019.9.9.撮影
ホタルガ市原19.9.9 (1).jpgホタルガ 2019.9.9.撮影
市原19.9.9 (160).jpg道筋のススキに見るクロコノマの蛹殻 2019.9.9.撮影
市原19.9.9 (174).jpgクロコノマの幼虫。この時期になると京都のいたるところでクロコノマの幼虫が見られるようになる。 2019.9.9.撮影

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント