この時期に京都府立植物園に見るトンボ他

京都府立植物園の半木蓮池にヨツボシトンボが出ていないか見に行った。しかし、そこにはクロスジギンヤンマだけが飛んでいて、それがテリを張り旋回する飛翔を撮影して見た。非常に敏捷に飛び回るトンボなので撮影はかなり難しかった。蓮池の方ではヨツボシトンボがそこそこ発生していた。また、岩倉の小川には小型トンボのダビドサナエの♂♀がいて♀は産卵活動をしている。その飛翔も撮影してみた。ほかに、植物園ではアゲハチョウの吸蜜、モンシロチョウのイヌガラシヘへの産卵飛翔が観察できた。
画像
京都府立植物園の半木蓮池でテリをはり旋回飛翔しているクロスジギンヤンマ。非常に早いスピードで旋回していてとまらない。 2019.5.5.撮影
画像
蓮池のヨツボシトンボ。同じ場所に旋回してはとまる。こちらはそこそこの数が見られる。 2019.5.5.撮影
画像
蓮池のヨツボシトンボ・羽に4つの星が見られる。 2019.5.5.撮影
画像
府立植物園では現在虫が多いのでスズメは御馳走にありつき、いくつも青虫を束ね取りしていた。 2019.5.5.撮影
画像
タンポポが満開の梅林でイヌガラシを探し産卵飛翔するモンシロチョウ 2019.5.5.撮影
画像
ツツジへ吸蜜に訪れるアゲハチョウ 2019.5.5.撮影
画像
岩倉の小川にいたダビドサナエ♂ 2019.5.2.撮影
画像
岩倉の小川で産卵飛翔するダビドサナエ♀ 2019.5.2.撮影

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック