ブナ原生林でのキノコ観察

滋賀のブナ原生林へキノコ観察に出かけた。あいにくほとんどキノコは見つからない。道筋の紅葉が進み、リンドウやアキノキリンソウが咲き、季節外れの春の花イワカガミが一輪咲いていた。また、途中立ち止まり、ヒサマツミドリシジミののポイントを10:00に観察したが、12度で無風という条件で1♀の移動飛翔を見ることが出来た。10月26日に15回目の観察に出向きいた時、全く見られなかったのは風の所為だったようだ。気温が10度を下回る10月28日にまだ活動しているとは実に長寿だ。
画像
ブナ原生林の紅葉 2018.10.28.撮影
画像
ブナ原生林の紅葉 2018.10.28.撮影
画像
ブナ原生林の紅葉 2018.10.28.撮影
画像
ブナ原生林の紅葉 2018.10.28.撮影
画像
道筋に一輪咲いていた季節外れの花、イワカガミ 2018.10.28.撮影
画像
道筋を楽しませてくれたリンドウの花  2018.10.28.撮影
画像
アキノキリンソウ 2018.10.28.撮影
画像
コシアブラの実と黄葉 2018.10.28.撮影
画像
ミズタビラコの花 2018.10.28.撮影
画像
ユズリハの生い茂る道 2018.10.28.撮影
画像
始めて見たスッポンタケ。嫌なアンモニアの臭いがする。 2018.10.28.撮影
画像
キシメジ? 2018.10.28.撮影
画像
ハダイロガサ 2018.10.28.撮影
画像
ハタケシメジ? 2018.10.28.撮影
画像
ニカワチャワンタケ 2018.10.28.撮影
画像
鈴なりだったツキヨタケ 2018.10.28.撮影
画像
ツキヨタケが暗闇に光るのを見たくて三つ持って帰った。肉眼でよく見えるが真っ暗な中、長時間露光して撮影してみた。ぼんやりと光る様子がよく分かった。 2018.10.28.撮影

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック