巣立ち近づく京都御苑のアオバヅク

京都御苑の三か所で毎年営巣するアオバヅクの卵が孵化して雛となり、親は現在巣の見守り中になっている。巣の近くにアオバヅクの♂♀が大体定位置で毎日昼間は巣を見守る。保護色なのでどこにいるのか見づらいが祇園祭の日くらいには毎年巣立ちして近くにかわいい雛が並ぶ姿を見れるので楽しみだ。
画像
近衛邸跡に営巣し雛のいる巣を見守るアオバズクの♂ 2018.7.12.撮影
画像
近衛邸跡で巣を見守るアオバズクの♀ 2018.7.12.撮影
画像
アオバヅクが毎年営巣する宗像神社の大楠 2018.7.12.撮影
画像
宗像神社の大楠に営巣し巣を見守るアオバヅクの♂ 2018.7.12.撮影
画像
保護色で見えにくい所に陣取り♂と反対側から雛のいる巣を見守る宗像神社大楠の♀ 2018.7.12.撮影
画像
母と子の森の松に設けられた巣箱で生まれた雛を近くの榎で見守るアオバヅクの♀ 2018.7.12.撮影
画像
母と子の森の榎で雛のいる巣箱を見守るアオバヅクの♀ 2018.7.12.撮影
画像
今年はおそらく3羽の雛が生まれたであろう母と子の森のアオバヅクが営巣した巣箱 2018.7.12.撮影

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック