京都府立植物園に今咲く幻のユリ「ウケユリの花」ほか

京都府立植物園の生態園に現在奄美大島と周辺の島にしか見られない幻の純白のウケユリが現在咲いている。純白で透明感があってい非常に美しい。この数日が旬だろう。ほかにも目立たないところにカワセミソウ、ユキミバナなどが咲き始めていてカリガネソウも旬になった。キノコ類は旬が短いがキヌオオフクロタケ、モミジタケ、シロハツ、マンネンタケも見られた。多産したホシミスジの発生源だったユキヤナギがごっそり伐採されたのでさびしい限りだが、まだ隠れるようにして育つユキヤナギにホシミスジが産卵していた。府立植物園は植物観察の場所だが貴重な自然観察の場所でもあり、様々な生きものが自然に共存できる環境づくりを望みたい。
画像
ウケユリ。奄美大島と周辺諸島の山地尾根など限られた場所にしか咲かない幻の白いユリ。純白で透明感のある非常に美しいユリである。 2018.7.9.撮影
画像
サクユリ 2018.7.9.撮影
画像
トビシマカンゾウ 2018.7.9.撮影
画像
ヤブデマリの実 2018.7.9.撮影
画像
ヨウラクタマアジサイ 2018.7.9.撮影
画像
ワタナベソウ 2018.7.9.撮影
画像
カリガネソウ 2018.7.9.撮影
画像
ユキミバナ 2018.7.9.撮影
画像
カワセミソウ 2018.7.9.撮影
画像
ナツノタムラソウ 2018.7.9.撮影
画像
キヌオオフクロタケ 2018.7.9.撮影
画像
キヌオオフクロタケ 2018.7.9.撮影
画像
モミジタケ 2018.7.9.撮影
画像
シロハツ 2018.7.9.撮影
画像
シロハツ 2018.7.9.撮影
画像
マンネンタケ 2018.7.9.撮影
画像
シリブカガシの切り株にできたマンネンタケの群落 2018.7.9.撮影
画像
シオカラトンボ 2018.7.9.撮影
画像
マユタテアカネ 2018.7.9.撮影

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック