京都紹介・・・直指庵から京見峠を越えてゆく菖蒲谷池

右京区梅ヶ畑にある菖蒲谷池(しょうぶだにいけ)は車なら嵐山-高雄パークウェイで行けるが、嵯峨野直指庵横の山道を京見峠を越えて山歩きをすると、自然豊かで景観も良いコースになる。直指庵から20分で京見峠になり、そこから15分で菖蒲谷池に着く。また、京見峠を左に向かうと尾根伝いに15分で嵯峨天皇陵があり、そこから参道で嵯峨野大覚寺にも降りられる。菖蒲谷池はちょうどアヒルの休む州浜が縄文時代の遺物が見られるところで、平安時代の須恵器の破片もここでは探すことができる。自然観察と考古学の探索を楽しめる景色のよい溜池である。
画像
直指庵から20分の山道を歩くと京見峠となる。ここからの広沢の池や京都の景色が素晴らしい。また、ここを左手に道をとると嵯峨天皇陵に15分で行ける。 2013.6.24.撮影
画像
京見峠から一望できる広沢の池と京都市内 2013.6.24.撮影
画像
山道を歩いていたキマワリ 2013.6.24.撮影
画像
山道に飛び出したニホンアカガエル 2013.6.24.撮影
画像
山道にいたミミズを食べるオオヒラタシデムシと蟻 2013.6.24.撮影
画像
菖蒲谷池の南側の溜池 2013.6.24.撮影
画像
菖蒲谷池に飛んでいたコオニヤンマ 2013.6.24.撮影
画像
刈り込みで大文字と鳥居型をあしらわれた菖蒲谷池。アヒルの横の州浜が平安時代と縄文時代の遺物を発見出来る場所である。 2013.6.24.撮影
画像
アヒルの糞にくるウラギンシジミ 2013.6.24.撮影
画像
アヒルが休息する須恵器や鏃等の遺物が転がる州浜 2013.6.24.撮影
画像
この日見つけた須恵器の破片と鏃に似た石。鏃は削られた跡があるので識別できる。 2013.6.24.撮影

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

しあわせ源氏物語
2019年06月09日 14:18
一度いきました。大覚寺ー直指庵経由で歩きました。ここは、平家の六代が潜んでいたところと聞きました。往復の緩やかな山道は誰ともすれ違いませんでしたが、不安は感じませんでした。

この記事へのトラックバック