アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
好奇心京都
ブログ紹介
京都の歴史探索のほか、京都を中心にした蝶や野鳥など自然観察や観光散策地を紹介しています。
zoom RSS

マキノ高原の自然

2017/08/23 05:00
マキノ高原温泉サラサへ行ったついでにその辺をちょっと歩いてみた。そこで見つけた生き物たち。
画像
マキノ高原へ行く道筋のメタセコイア並木道。四季を通じて美しいが夏は緑の静寂がある。 2017.8.22.撮影
画像
マキノ高原スキー場麓のキャンプ地の川 2017.8.22.撮影
画像
川原のツチガエル 2017.8.22.撮影
画像
この辺にはまだいるガムシ 2017.8.22.撮影
画像
美しいベニシジミ 2017.8.22.撮影
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


京都府立植物園歳時記・・・ナツズイセンの花

2017/08/22 05:00
画像
京都府立植物園に咲くナツズイセンの花 2017.8.14.撮影
記事へナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


京都府立植物園のレンゲショウマ

2017/08/21 05:00
京都府立植物園に咲いていたレンゲショウマに美しい光が当たっていたので写してみた。
画像
京都府立植物園に咲くレンゲショウマ 2017.8.4.撮影
画像
京都府立植物園の生態園に咲いていたレンゲショウマ 2017.8.4.撮影
記事へナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


蝶の生態・・・岩倉のサトキマダラヒカゲ

2017/08/20 05:00
岩倉でサトキマダラヒカゲの産卵するところを観察し、卵を持ち帰り飼育した。非常に弱い幼虫で羽化は半分程度だった。蛹になるのは地上と見られ笹の壜刺しで飼育したために蛹化場所が不安定だったようだ。
画像
笹に産卵するサトキマダラヒカゲの♀ 2017.6.8.撮影
画像
笹の葉裏に産みつけられた卵 2017.6.8.撮影
画像
産卵するサトキマダラヒカゲの♀(別の個体) 2017.6.8.撮影
画像
笹の葉裏に産み付けられた卵。先の卵と形が違うように見えるのでこれはヤマキマダラヒカゲなのか?友人に飼育してもらったので幼虫等の比較はできなかった。 2017.6.8.撮影
画像
孵化した1令幼虫 2017.6.17.撮影
画像
1令幼虫 2017.6.18.撮影
画像
2令幼虫 2017.6.23.撮影
画像
3令幼虫と4令幼虫 2017.7.1.撮影
画像
4令幼虫 2017.7.4.撮影
画像
5令(終令)幼虫 2017.7.9.撮影
画像
終令幼虫 2017.7.13.撮影
画像
終令幼虫 2017.7.15.撮影
画像
前蛹 2017.7.23.撮影
画像
蛹 2017.7.13.撮影
画像
羽化したサトキマダラヒカゲの成虫 2017.8.16.撮影 
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


巨大マンネンタケ(霊芝)

2017/08/19 05:00
今年は雨が多い性かマンネンタケの成長が良い。いつもより大きな立派なマンネンタケがあちこちに芽生えている。薬用にするとよいのだろうが我が家の飾り物にするため乾燥させた。
画像
マンネンタケ 2017.7.12.撮影
画像
マンネンタケ 2017.7.12.撮影
画像
マンネンタケ 2017.8.4.撮影
画像
マンネンタケ 2017.8.4.撮影
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


京都水族館の生き物見て歩き2017

2017/08/18 05:00
京都水族館の年券の残り期間もわずかなので3回目の訪問をした。盆なので非常に大勢の入場者で大変混みあっていたが、接近できる所で生き物の表情を追ってみた。
画像
特別天然記念物ニホンオオサンショウウオ 2017.8.15.撮影
画像
オオサンショウウオ(ハイブリッド?) 2017.8.15.撮影
画像
オオサンショウウオ 2017.8.15.撮影
画像
オオサンショウウオ 2017.8.15.撮影
画像
アザラシ 2017.8.15.撮影
画像
ケープペンギン 2017.8.15.撮影
画像
ケープペンギン 2017.8.15.撮影
画像
アユカケ 2017.8.15.撮影
画像
オヤニラミ 2017.8.15.撮影
画像
カジカ 2017.8.15.撮影
画像
ミノカサゴ 2017.8.15.撮影
画像
カクレクマノミ 2017.8.15.撮影
画像
マイワシ 2017.8.15.撮影
画像
アカクラゲ 2017.8.15.撮影
画像
ミズクラゲ 2017.8.15.撮影
記事へナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


自然観察2017・・・最盛期が近づいたムラサキツバメ

2017/08/17 05:00
近年はシリブカガシやマテバシイがあれば京都市内のどこにでも見られるようになったムラサキツバメだが50年前はこの地では珍しい蝶だった。温暖化による時代の流れを感じる。食樹のシリブカガシに終令幼虫が鈴なりだった日から10日を置いて再び観察に出向いてみると、数多くのムラサキツバメの♀がシリブカガシの周りで飛び回っていた。
画像
8月4日の時点では親の数はまだ少なかった。シリブカガシ周辺にいたムラサキツバメの♀。 2017.8.4.撮影
画像
シリブカガシの新芽にいるムラサキツバメの終令幼虫 2017.8.4.撮影
画像
アリに守られて育つムラサキツバメの終令幼虫 2017.8.4.撮影
画像
シリブカガシの新芽を食べるムラサキツバメの終令幼虫。新芽は大体丸坊主にされている。 2017.8.4.撮影
画像
シリブカガシの新芽にいるムラサキツバメの終令幼虫 2017.8.4.撮影
画像
アリが天敵からムラサキツバメの幼虫を守っている。 2017.8.4.撮影
画像
シリブカガシの周辺を飛び回るムラサキツバメの♀ 2017.8.14.撮影
画像
ちょうど8月4日に終令幼虫だったムラサキツバメは14日には親になっていた。 2017.8.14.撮影
画像
シリブカガシの葉上で開翅するムラサキツバメの♀ 2017.8.14.撮影
画像
シリブカガシにとまるムラサキツバメの♀ 2017.8.14.撮影
画像
発生期になったムラサキツバメの♀ 2017.8.14.撮影
画像
蛹になるためシリブカガシの樹下に降りているムラサキツバメの終令幼虫 2017.8.14.撮影
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


続きを見る

トップへ

月別リンク

好奇心京都/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる