テーマ:

京都府立植物園の冬の華

京都府立植物園に彩りを見る冬の華を探してみた。初春でロウバイの花はもう満開である。 ロウバイの花とエノキ。エノキにはキヅタが巻き付き実が多くついている。キヅタの花が咲いていた時は越冬テングチョウが群舞していた。 2020.1.9.撮影 初春に咲くロウバイの花 2020.1.9.撮影 ツバキ玉川 2020.1.9.撮影 ツバキ雪中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都府立植物園の紅葉と花

京都府立植物園に見る紅葉と秋の花を見て回った。イロハモミジやフウノキの紅葉はもう少し時間が必要だが黄葉する木々は美しい輝きを秋の陽射しに見せている。遅咲きのコスモスやサルビアレウカンタは今が旬になっている。 遅咲きで今が旬になっているコスモスの花 2019.11.13.撮影 サルビアレウカンタの美しい花とコスモス、ソテツ 2019.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都府立植物園に見る花

植物園を歩いて旬の花を探すがこの時期はちょうど今が旬という花が少ない。それでもその日の時間や陽射しなどで美しく輝いている花がある。そういう花を探して写してみた。 イトラッキョウとヒラタアブ 2019.11.6.撮影 ウメバチソウ 2019.11.6.撮影 ウド 2019.11.6.撮影 ツワブキの花とキタキチョウ 2019.11…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都府立植物園の花と蝶ほか

10月30日の府立植物園を散策し自然観察して花と蝶ほかを写してみた。 コバノフジバカマの花と秋型のキタテハ。フジバカマの花を吸蜜する蝶は10cmの接写をしても逃げない。 2019.10.30.撮影 コバノフジバカマの花を吸蜜する秋型のキタテハ 2019.10.30.撮影 コバノフジバカマの花とツマグロヒョウモンの♂ 2019.10…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都府立植物園に見る花と鳥

8月28日は青天に恵まれ、午前中を24日に雨で分割延期された孫の運動会を見に行き、午後から植物園に出かけた。27日と28日の午前はムギマキの成鳥♂がよく見れたという。残念ながらそれをこの日、私はモッコクの実を食べに来る可愛いメジロ以外撮れなかったが、カイノキでは相変わらずエゾビタキやキビタキ、ジョウビタキの姿を観察できた。新しい花は少な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都府立植物園のアサギマダラやキビタキ、サラシナショウマなど花と鳥、蝶、蛾

いつものように京都府立植物園を歩いて花と鳥、蝶や蛾を観察した。少し日にちを違えるだけで自然観察できる旬のものが変わってくる。今年はマイタケが生えていることも確認できた。 フジバカマの花とアサギマダラ。今年は花の時期と蝶の飛来時期のタイミングが合わず多くのアサギマダラが見られなかった。 2019.10.21.撮影 アサギマダラの休息。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都府立植物園に見る花と蝶他

京都府立植物園を散策して花と蝶を探し歩いた。ホトトギスの花にホシホウジャクが飛んでいたがホトトギスは蜜が多いのかホバリング時間が長い。それで接写撮影を試みてみた。他の花ではとうていできない撮影だ。カイノキやモッコクの実には相変わらずキビタキの雌がよく来ている。花に飛ぶ蝶もまだ見られるがだんだんその姿は少なくなってきている。 カイノキの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アサギマダラが飛ぶ京都府立植物園の自然観察散策

京都府立植物園に少ないながらアサギマダラが飛んでいる。野鳥の姿は少ないが半木池に常駐するカワセミや楷樹の実を食べにくるキビタキの♀やムシクイの姿は見ることができる。ホトトギスの葉を食べて育つルリタテハはこの秋寄生が少なく無事蛹から羽化する姿も見れた。この時期はハチドリのような飛翔を見せるホシホウジャクが長い口吻を伸ばし花の蜜を吸う姿も観…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都府立植物園の花(2019.10.4.)

10月4日に京都府立植物園の花散策をした時に咲いていた花や果実を写してみた。秋の花は数が少なくまたその旬も短い。 ウドの花 2019.10.4.撮影 ウメモドキの実 2019.10.4.撮影 オミナエシの花 2019.10.4.撮影 タイワンモクゲンジの花。 2019.10.4.撮影 カイノキの実。この実を食べに多くの小鳥がや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都府立植物園の花、虫、鳥

京都府立植物園の花や蝶、虫、鳥を自然観察して散策した。今年はまだまだ暑く、花も虫たちも例年とは様子が違う。 ヒヨドリ花に舞うアオスジアゲハ 2019.102.撮影 ヒヨドリ花に舞うアオスジアゲハ 2019.102.撮影 カメバヒキオコシの花 2019.10.2.撮影 カイノキの実を食べに来ているキビタキ♀ 19.10.2.撮影 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノビタキとヒガンバナ

北嵯峨へヒガンバナの景色を見に出かけた。この時期はノビタキも入っている。ヒガンバナにとまり虫を捕る姿を観察したかったが今年は虫が少ないようでなかなか飛び立ちが見られない。ヒガンバナは今が旬でアキノノゲシ、チョウジタデ、ツユクサなども咲いていた。ヒガンバナに舞う蝶はキアゲハを見たのみだった。 北嵯峨に咲くヒガンバナ 2019.9.28.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都府立植物園の花と虫

京都府立植物園へ久しぶりに出かけてみた。すっかり秋景色になった園内を散策して花と虫や鳥を探してみた。昨日までツツドリが入っていたようだ。梅林のモンクロシャチホコの幼虫を食べに来ている。園内ではアオスジアゲハの求愛飛翔や、キタキチョウの羽化前♀の蛹に求愛する♂の姿も観察できた。渡りのエゾビタキやムシクイの姿も見れた。街路樹に少なくなったア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白馬八方尾根、八方池の花と景色(9月20日)

快晴の白馬八方尾根と八方池を巡ってきた。栂池自然園では時期が遅かった高山植物の花々もここではまだ少し咲いていた。また、風が収まると八方池の池面への白馬三山の鏡面映り込みも美しく鑑賞できた。そこで見た花たちと景色を少し紹介する。 黒菱平から見る快晴の白馬三山 2019.9.20.撮影 白馬三山(右から白馬岳2932m、杓子岳2812m…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

栂池自然園の花と景色(9月19日)

9月19日に午後から晴れを期待して栂池自然園を周遊した。残念ながら展望台では白馬大雪渓の景色は見れなかったが、ミズバショウ湿原、ワタスゲ湿原、浮島湿原等、雲に覆われて草紅葉の美しさを味わうことができた。花はほとんど終わっていたが、それでも違う状態を楽しめた。 栂池自然園に見るイワショウブ 2019.9.19.撮影 栂池自然園に見るウ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アルプスあづみの公園掘金・穂高地区に見る花と昆虫

「国営アルプス安曇野公園には現在コスモスが40万本、黄花コスモスが160万本咲いていて美しい」と松川・大町地区で聞き足を伸ばした。確かに非常に美しく、この地区はオオルリシジミの時と同じく期待を裏切らない。花も多くミヤマアカネやナツアカネなどの昆虫の姿も見れて観察を楽しめた。 国営アルプスあづみの公園堀金・穂高地区に咲く40万本のコスモ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アルプスあづみの公園大町・松川地区に見る花と虫

国営アルプスあづみの公園にはこの時期ジニア(百日草)が6万本も咲いていて美しい。自然観察に訪れ、ジニアの花に圧倒されて園内を散策した。オオミドリシジミなのか、ジョウザンミドリシジミなのかわからないがミドリシジミの♀が空中回廊を歩くとコナラで産卵活動をしているのに遭遇した。ミドリシジミの仲間は9月中旬でも産卵するものが多いことがわかる。ウ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白馬HLホテル周辺の秋景色

9月18日から20日まで2泊3日の旅行を楽しんだ。定宿にしている白馬HLホテルから見る白馬三山等の秋景色をアップしてみる。 秋の草花も美しく咲いていた。 HLホテルが新設した空テラスからの眺め。朝5時30分ころの日の出時間では晴れ予報ではあるがまだ雲が山を覆っていた。 2019.9.20.撮影 日の出とともに少し晴れ間が見えだした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岩倉自然観察(ツルリンドウの花ほか)

孫が新見で採集したカブトムシは元気に今日まで長生きしているので岩倉の樹液の出ているクヌギへ放してやり、ついでに自然観察も行いました。山道にはツルリンドウの花が可憐に咲いていました。ここは少し鹿害がましになっています。イタドリの花も光に透かされきれいです。クヌギの林間にはクロコノマが飛び、ヒカゲチョウはまだいます。オオスズメバチの活動が活…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都府立植物園の花と昆虫たち

雨上がりの京都府立植物園を訪れた。キノコが出ているかと思ったがマンネンタケなどは出ていても秋のキノコは見当たらなかった。園内を歩いて花と蝶、鳥、昆虫たちを探してみた。 サクラタデの花とヒメウラナミジャノメ。ごく普通にいる蝶だが紋の変化があって面白い。美しいサクラタデの花を吸蜜していたので余計に美しく感じた。 2019.9.13.撮影 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都府立植物園の花と虫探索

京都府立植物園を花と虫を求めて散策した。何か新しいものが見られないか園内を隅から隅まで歩くがいつも見るものしか出てこない。しかし、その姿はその時にしか出会えない一期一会の美しさに輝いている。ミヤマカラスアゲハが見れないかと探したが、自宅に帰ると自宅のキハダに夕刻産みに来ていた。結構産卵したようなのでそれはアシナガバチにやられる前に回収し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都府立植物園の花散歩

京都府立植物園を蝶の食草などを思い浮かべながら花を見て回った。 ツメレンゲ 2019.8.25.撮影 ミセバヤ 2019.8.25.撮影 オオベンケイソウ 2019.8.25.撮影 キリンソウ 2019.8.25.撮影 キツネノマゴ 2019.8.25.撮影 カワラケツメイ 2019.8.25.撮影オミナエシ 2019.8.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都府立植物園の花散歩

蒸し暑い京都の晩夏、京都府立植物園の少ない花を捜し歩いてみた。 キンミズヒキ 2019.8.22.撮影 黄花ナツフジ 2019.8.22.撮影 ガガプタ 2019.8.22.撮影 ススキに寄生するナンバンギセル 2019.8.22.撮影いタヌキマメ 2019.8.22.撮影 コウホネ 2019.8.22.撮影
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒマワリの花とセイヨウミツバチ

盆のこの時期はどこに行っても出会いが少ない。京都府立植物園のヒマワリの花とセイヨウミツバチを写して暑さを感じてみた。 ヒマワリの花とセイヨウミツバチ 2019.8.13.撮影 ヒマワリの花とセイヨウミツバチ 2019.8.13.撮影 ヒマワリの花とセイヨウミツバチ 2019.8.13.撮影 ヒマワリの花とセイヨウミツバチ 201…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

8月6日の京都府立植物園花と虫の見てある記

京都府立植物園は8月6日も猛暑で来園者も少ない。そんな午後に園の花と虫を観察して歩いてみた。 真夏の花、百日紅(サルスベリ) 2019.8.6.撮影 キツネノカミソリ 2019.8.6.撮影 ハマカンゾウ 2019.8.6.撮影 室町時代に渡来した中国原産の幻の花、島根県でお仏花として残っていた仙翁花(センノウ) 2019.8.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

真夏の京都府立植物園に見る虫たちと花

少し歩くだけで汗が噴き出してくる真夏の京都府立植物園に虫の観察と花を見る散策を午後にしてみた。植物園を公園化するために樹液が出ていてスズメバチやカナブンが群がっていたクヌギやアベマキは何か処理をされて樹液が枯れていた。しかし、別のところにボクトウガの幼虫が巣を作ったらしくそこから樹液が出、違う虫たちが集まっている。最近の植物園は公園化で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7月28日に見た第一なぎさ公園のひまわり

琵琶湖と比良山系を背景に春には菜の花、夏には12000本のヒマワリの花が咲くことで知られる第一なぎさ公園を、鈴鹿からの帰り道にヒマワリが見事に咲いているのを7月23日に車中から見て、7月28日の同じ帰り道に立ち寄ってみた。しかし、残念ながらこの日は前日の台風6号の所為か花が皆うつむいており、比良の山並みも霞んで見えなかった。それでも日曜…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都府立植物園に咲くレンゲショウマやヒマラヤの青いケシの花など

京都府立植物園に咲いたレンゲショウマの貴婦人のような花と温室に咲く青いケシの花などを見て歩いた。梅雨の雨の時期は出かけるところが少ないので植物園によく通うことになる。 貴婦人のような美しさを持つレンゲショウマの花 2019.7.20.撮影 レンゲショウマの花。下向いて咲くので上に向けた撮影になる。 2019.7.20.撮影 生態園…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅雨時期の京都府立植物園花散歩

梅雨の雨が断続的に降る植物園を花を見て歩いてみた。この時期はヤマユリなどが咲くが総じて花が少ない。半木西池には浮草が池の表をびっしり覆っていた。 浮草で池の表をびっしり覆われて異様な景観となった半木池西池 2019.7.20.撮影 オニユリ 2019.7.20.撮影 オウゴンオニユリとクロヤマアリ 2019.7.20.撮影 白花…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7月10日の京都府立植物園観察

曇りや雨が続き今季のヒサマツミドリシジミ観察も天候回復がないままに発生時期が終わるかもしれない。7月10日、7月12日は曇りを押して観察に出かけたがやはりその姿を見ずじまいだった。下界は晴れなので10日も12日も午前中京都府立植物園に出かける。今日は10日に観察した花とトンボを掲載する。ユリの花が見ごろを迎えていた。 伊豆諸島に咲くサ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初夏の京都府立植物園に咲く花と蝶などの虫たち

天候が不順なのでヒサマツミドリシジミの観察に出向けない時は京都府立植物園に出向く。植物園はすっかり初夏の雰囲気になっていた。散策して花と蝶などの虫たちを追ってみる。薄日の中なのであまり活発に虫は活動していない。一時多かったツマグロヒョウモンはやっと天敵とのバランスがとれたのか普通の数に変わってきた。初夏になりムラサキツバメの♀がシリブカ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more