テーマ:

ヒマワリの花とセイヨウミツバチ

盆のこの時期はどこに行っても出会いが少ない。京都府立植物園のヒマワリの花とセイヨウミツバチを写して暑さを感じてみた。 ヒマワリの花とセイヨウミツバチ 2019.8.13.撮影 ヒマワリの花とセイヨウミツバチ 2019.8.13.撮影 ヒマワリの花とセイヨウミツバチ 2019.8.13.撮影 ヒマワリの花とセイヨウミツバチ 201…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

8月6日の京都府立植物園花と虫の見てある記

京都府立植物園は8月6日も猛暑で来園者も少ない。そんな午後に園の花と虫を観察して歩いてみた。 真夏の花、百日紅(サルスベリ) 2019.8.6.撮影 キツネノカミソリ 2019.8.6.撮影 ハマカンゾウ 2019.8.6.撮影 室町時代に渡来した中国原産の幻の花、島根県でお仏花として残っていた仙翁花(センノウ) 2019.8.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

真夏の京都府立植物園に見る虫たちと花

少し歩くだけで汗が噴き出してくる真夏の京都府立植物園に虫の観察と花を見る散策を午後にしてみた。植物園を公園化するために樹液が出ていてスズメバチやカナブンが群がっていたクヌギやアベマキは何か処理をされて樹液が枯れていた。しかし、別のところにボクトウガの幼虫が巣を作ったらしくそこから樹液が出、違う虫たちが集まっている。最近の植物園は公園化で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7月28日に見た第一なぎさ公園のひまわり

琵琶湖と比良山系を背景に春には菜の花、夏には12000本のヒマワリの花が咲くことで知られる第一なぎさ公園を、鈴鹿からの帰り道にヒマワリが見事に咲いているのを7月23日に車中から見て、7月28日の同じ帰り道に立ち寄ってみた。しかし、残念ながらこの日は前日の台風6号の所為か花が皆うつむいており、比良の山並みも霞んで見えなかった。それでも日曜…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都府立植物園に咲くレンゲショウマやヒマラヤの青いケシの花など

京都府立植物園に咲いたレンゲショウマの貴婦人のような花と温室に咲く青いケシの花などを見て歩いた。梅雨の雨の時期は出かけるところが少ないので植物園によく通うことになる。 貴婦人のような美しさを持つレンゲショウマの花 2019.7.20.撮影 レンゲショウマの花。下向いて咲くので上に向けた撮影になる。 2019.7.20.撮影 生態園…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅雨時期の京都府立植物園花散歩

梅雨の雨が断続的に降る植物園を花を見て歩いてみた。この時期はヤマユリなどが咲くが総じて花が少ない。半木西池には浮草が池の表をびっしり覆っていた。 浮草で池の表をびっしり覆われて異様な景観となった半木池西池 2019.7.20.撮影 オニユリ 2019.7.20.撮影 オウゴンオニユリとクロヤマアリ 2019.7.20.撮影 白花…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7月10日の京都府立植物園観察

曇りや雨が続き今季のヒサマツミドリシジミ観察も天候回復がないままに発生時期が終わるかもしれない。7月10日、7月12日は曇りを押して観察に出かけたがやはりその姿を見ずじまいだった。下界は晴れなので10日も12日も午前中京都府立植物園に出かける。今日は10日に観察した花とトンボを掲載する。ユリの花が見ごろを迎えていた。 伊豆諸島に咲くサ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初夏の京都府立植物園に咲く花と蝶などの虫たち

天候が不順なのでヒサマツミドリシジミの観察に出向けない時は京都府立植物園に出向く。植物園はすっかり初夏の雰囲気になっていた。散策して花と蝶などの虫たちを追ってみる。薄日の中なのであまり活発に虫は活動していない。一時多かったツマグロヒョウモンはやっと天敵とのバランスがとれたのか普通の数に変わってきた。初夏になりムラサキツバメの♀がシリブカ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅雨時の京都府立植物園の花と虫たち

久しぶりに梅雨時の京都府立植物園を覗いてみた。束の間の晴れ間に現れる昆虫たちと花を散策して追ってみた。 生態園に飛び出したアツバガの仲間? 2019.6.28.撮影 ウツボグサの花 2019.6.28.撮影 エゾキスゲの花 2019.6.28.撮影 オオカマキリの幼生 2019.6.28.撮影 琵琶湖池のコオニヤンマ 2019…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都府立植物園にホシミスジの飛ぶ頃

京都府立植物園にホシミスジの発生状況を見に出かけた。昨年ホシミスジの発生源であるユキヤナギを大量に園は処分した。幼虫も同時に処分されたので今年はどのくらいの発生か見に出かけたが案の定激減している。それでも少数が飛び、その数はミスジチョウ、コミスジと同数程度になっていた。園内の野鳥は少ないが珍しくサンコウチョウがホイホイホイと鳴き、しばら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

定点観察・・・雲ケ畑の自然(花や虫)

毎年定点観察している雲ケ畑に出かけて見た。昨年の台風の所為か今年は全くムカシトンボが見られなかった。また流されたものかカワトンボの数も少ない。ウツギの花も少なくアオバセセリの姿が見れなかった。 アサヒナカワトンボ 2019.5.23.撮影 オオトモエ。大型の蛾が悠然と谷の上空を飛ぶ姿は見栄えがする。 2019.5.23.撮影 タニ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花脊峰定寺寺谷川の新緑と自然

峰定寺寺谷川や花脊の新緑とミヤマカラスアゲハ他を観察に出かけた。今年はレンゲツツジなどの開花が遅れたのでミヤマカラスアゲハの個体数をほとんど見ることが出来なかった。この日もレンゲツツジは咲いたもののカラスアゲハ1♂とオナガアゲハ1♂を見たにとどまる。広河原ではヤマツツジに訪れたミヤマカラスアゲハをこれもようやく1♂を観察した程度だった。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都市北区や左京区に見るこの時期のトンボ他

京都市北区上賀茂や左京区岩倉などに見るこの時期のトンボを見に出かけた。わずかながらハッチョウトンボが発生し始めており、出かけるたびにハラビロトンボ、ヨツボシトンボ、ダビドサナエは毎回観察できる。ダイミョウセセリ、イチモンジセセリも発生し始めた。トラフシジミは終盤になってきた。池にはシロバナカキツバタ、ミツガシワの花が咲き、ウリカエデは赤…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5月の京都府立植物園の花

5月の京都府立植物園の花を写してみた。徐々に花と虫の動きも見れるようになった。 アワブキの花。今年もスミナガシやアオバセセリがこの木に来てくれるだろうか? 2019.5.11.撮影 ガクウツギの花とカヤキリの仲間の幼生 2019.5.11.撮影 カザグルマ 2019.5.11.撮影 旬になったクサタチバナ 2019.5.11.撮…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

連休中に見た京都府立植物園の花

大型連休中の5月5日に京都府立植物園で見た花を掲載する。この時期の花の旬は短いので見ごろはすぐに過ぎてしまう。 アオコウツギ 2019.5.5.撮影 イチハツ 2019.5.5.撮影 イモカタバミとタンポポの花 2019.5.5.撮影 カザグルマ 2019.5.5.撮影 クサタチバナ 2019.5.5.撮影 ゴマギ 2019…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

藤や躑躅の花が美しい仙洞御所庭園

5月の連休頃になると仙洞御所庭園は藤と躑躅の花が美しい季節となる。この頃はなかなか参観許可がとれなかったが当日参観が出来るようになってやっと見る機会を得られた。イロハモミジの新緑とフジやツツジの花が美しい仙洞御所庭園の参観を4月26日に堪能してきた。まだ見ておられない方はぜひ見られることをお勧めする。 新緑が美しい仙洞御所庭園北池。遠…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都の公園や野山で見られる春の花や蝶ほか

京都の公園や野山に見られる春の花や蝶ほかを撮影して見た。今年はいつも見るツマキチョウをなかなか写す機会に恵まれなかったが、この日ようやく♀を撮影できた。公園も整備されていない場所は自然の花園となっていて美しい。 公園に咲くウマノアシガタ 2019.4.26.撮影 公園に咲くウワミズザクラ 2019.4.26.撮影 公園に咲くオニタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都の公園に見る野鳥たち

京都の公園で花や野鳥たちを観察した。桜の花も終盤でウマノアシガタなどの花が美しい。 花散る里となった紅枝垂れ桜とウマノアシガタの黄色い花 2019.4.22.撮影 昨年の台風21号で倒れた桜に満開となっている花 2019.4.22.撮影 松の梢のアカハラ 2019.4.23.撮影 頭の黒い美しいアトリの♂ 2019.4.23.撮…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宝ケ池公園にコツバメやミヤマセセリの飛ぶ季節

宝ケ池公園に年1化で春にしか見られないコツバメやミヤマセセリの飛ぶ季節となった。3月末から4月末にかけてこれらの蝶が舞う姿を見れる。ミドリシジミも少数いるので幼虫も見つかる。池周辺ではコバノトネリコやコバノミツバツツジ、ザイフリボクの花が美しく咲くようになる。昔はウラキンシジミも多かったが今はもういない。 宝ケ池周囲に咲くコバノミツバ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都府立植物園の花散歩

2019年4月13日と16日に京都府立植物園を訪れ、咲いている花を観賞しながら写真撮影して散策して見た。 イチリンソウ 2019.4.13.撮影 ウラシマソウ 2019.4.16.撮影 オオタチツボスミレ 2019.4.16.撮影 カワセミソウ 2019.4.16.撮影 クロフネツツジ19.4.16.撮影 サクラ太白 201…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都御苑の遅咲きサクラ

京都御苑の遅咲きサクラが旬を迎えている。八重桜や胴咲桜、一重と八重が同じ木に咲く御車返桜などで、特に蛤御門から入った京都御所前の御車返桜は見事な花ぶりを見せる。 京都御苑近衛邸跡の遅咲き紅枝垂桜 2019.4.16.撮影 京都御苑の遅咲き紅枝垂桜 2019.4.16.撮影 京都御苑一条邸跡の八重桜 2019.4.16.撮影 京都…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

船岡山、建勲神社のサクラとコツバメほか

船岡山にキビタキとコツバメの姿を求めて出かけたが、確認できたのはクロジ、イカル、ウグイス、メジロ、エナガ、シロハラだった。コツバメは3月から出ているので飛び古した少数を見たにとどまる。この時期になるとアゲハチョウも飛んでいる。建勲神社のサクラはこの時期が最盛期のようだった。 船岡山のコツバメ。欠けた後翅から表翅の瑠璃色が垣間見える。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

修学院の山のコツバメなど春の蝶

修学院の山に新緑の季節が訪れ、コツバメなどの蝶が舞っていた。コツバメは3月から5月にかけてのみ発生する春の蝶で、表翅は瑠璃色だが裏翅は保護色で蠅が飛んでいるようにしか見えない。今年のサクラは開花が遅かったのでこの時期に山は美しい彩を見せる。 修学院の山に見る春の蝶、コツバメ 2019.4.13.撮影 コツバメは枯れ枝などにとまると保…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春に見る山のオオルリとミソサザイ

夏鳥の季節になり山にオオルリの群れが4-5羽入っていた。梢の高い所で鳴いていて、木々の間を飛び、時折水際まで下りてくる。しかし、枝隠れでなかなか写せない。ミソサザイは大きな声で囀り、忍者のように水際や倒木の上を見え隠れしながら飛び交っている。春の山は鳥たちの声音や緑と花でにぎやかになりつつある。 高い梢から少し近い所まで下りてきたオオ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サクラ、コバノミツバツツジが満開でミヤマセセリの飛ぶ宝ケ池公園

サクラが満開となりコバノミツバツツジも美しく咲いた宝ケ池公園に春の蝶であるミヤマセセリが飛ぶようになった。園路や森の日だまりの枯葉の上にコナラで育った春しか見られない地味で美しいミヤマセセリが舞っている。 春四月に年一度現れて舞うミヤマセセリ 2019.4.9.撮影 コナラで育つのでそれのある園路や森の日だまりに見られるミヤマセセリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都御苑のサクラ(御車返しサクラ、松に生えたサクラ他)

京都御苑の御車返しサクラや松に生えたサクラの開花を見に行った。御車返しサクラは4月10日頃が満開となりそうだ。松に生えたサクラは7日がピークのようだった。ほかにエゾビタキとサクラ、コゲラとサクラを観察した。 一つの木に一重と八重の花が咲く御車返しサクラ 2019.4.7.撮影 御水尾天皇が見たサクラがあまり見事だったので一重か八重か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

賀茂川、高野川、松ヶ崎疏水の2019年のサクラ

賀茂川、高野川、松ヶ崎疏水を歩いて2019年のサクラを見て来た。昨年の台風21号で倒木、折枝等の被害を京都のサクラは受け、また老木化によりソメイヨシノの植え替え若返りも進んでいるので4~5年前ほどの満艦飾のサクラ風情はなくなったが、それでも立派に美しく咲いている桜を見るとホッとする。 この日満開となった賀茂川の北大路-葵橋間東岸のソメ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桜満開となった京都府立植物園

4月5日にようやく京都府立植物園のソメイヨシノが満開になった。植物園の桜時期を見て歩いた。ライトアップがされるようになって桜に営巣していたエナガの巣がきれいになくなっていた。鳥が巣材を他へそっくり移したのか、人為的に巣を撤去したのか?いずれにしても観察を楽しみにしていたのに残念だった。桜園のソメイヨシノも台風被害で半減したが残った桜が元…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ギフチョウの舞う越前の尾根の早春賦

ギフチョウの舞う越前市の山の尾根に3月27日と29日に出かけた。27日は温度の関係で10時ころからギフチョウは活発に飛んだが、29日は12時近くならないと活発な動きは見られなかった。気温は低いが山の花は早春賦を奏でて蝶を誘っている。 ギフチョウが舞う越前の山の尾根 2019.3.27.撮影 早春に咲くクロモジの花 2019.3.29…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鴨川春景色

3月28日、桜が2分咲きとなった鴨川を、四条大橋から北大路橋まで歩き、春の景色を楽しんだ。はぐれアイガモの子がヒドリガモを親と間違い追いかける姿や、イカルチドリの雛が走り回る姿を見ることが出来た。ユキヤナギやボケの花は満開となっている。 鴨川四条大橋とユキヤナギ 2019.3.28.撮影 鴨川三条大橋 2019.3.28.撮影 鴨…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more