テーマ:生態

至近距離でテリ張りする羽化直後のヒサマツミドリシジミ

ヒサマツミドリシジミは今年、発生が遅くまた数が少ないと思えるが、羽化直後でテリ張りする♂を至近距離で撮影できる僥倖に恵まれた。1時間ばかり至近距離でテリを張るヒサマツミドリシジミの♂を生態観察するとともに接写望遠使い分けて撮影した。このような機会は早朝羽化したての♂を3年前に発見した時以来である。 地上で10mほどの距離でテリを張り、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モルフォブルーオオムラサキ杉谷型

モルフォブルーオオムラサキ6月16日羽化♂の見る角度による違う光沢の輝きを写してみた。普通のオオムラサキと違い金属光沢が美しい。 NDr.による累代飼育交配親をMさんが産卵させ、分譲いただいた若令幼虫を飼育した杉谷型モルフォブルーオオムラサキ♂6月16日羽化品。越冬で死ぬものが多く越冬前と越冬羽化後で2割に減じた。 2020.6.16…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

滋賀の山の尾根に見るオオミドリシジミ

府県境を越える自粛解除となり久しぶりに滋賀の山にヒサマツミドリシジミ観察に出向いた。秋に羽化直後の休息ポイントではないかと目星をつけていたウラジロガシのある谷の尾根に、テリを張るミドリシジミを見つけ喜んだが残念ながらオオミドリシジミだった。しかし、10数頭が9時から10時までの短時間そこでテリを張り、くるくる舞いもしたポイントはテリを張…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今季1回目の花脊ヒサマツ観察

今季もシーズンとなり1回目の花脊ヒサマツ観察を17日に行った。天気は上々だがほとんど虫も鳥もいない。イチモンジチョウとヒオドシチョウ、テングチョウ、ムラサキシジミとツマグロヒョウモン、ウラギンヒョウモンの姿を見ただけだった。尾根ではモズが巣を作っており近くを通ると警戒音を出してけたたましかった。20日に出かけた方も見ていないそうなので初…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

深泥池のトンボ

浮島と広大な湿原を持つ深泥池。60種のトンボが生息するとされ、植物群などとともに生物群集として国の天然記念物に指定されている。池を一周してその時見れたトンボを掲載する。 深泥池と浮島 2020.6.16.撮影 ベニイトトンボの交尾 2020.6.16.撮影 ベニイトトンボ 2020.6.16.撮影 キイトトンボの交尾 2020.…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

京都市左京区に見るヒメジョオンの花とキマダラルリツバメ

京都市の左京区には広範囲にキマダラルリツバメが見られる。宝ヶ池、八瀬、大原、花脊の山奥にまで産地が広がる。その中の一部産地でヒメジョオンの花とキマダラルリツバメの姿を観察して見た。 桜の樹皮上にいたキマダラルリツバメ♀ 2020.6.15.撮影 ヒメジョオンの花で開翅するキマダラルリツバメ♀ 2020.6.15.撮影 ヒメジョオン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モルフォブルーオオムラサキ杉谷型

6月15日に5個体目のモルフォブルーオオムラサキ♂杉谷型が羽化した。このチョウの美しさをどう撮ればいいのか試行錯誤しているが、今回はエノキにとまらせてみた。この煌めくブルーは実際に見た方が美しい。 モルフォブルーオオムラサキ杉谷型2020.6.16.羽化 2020.6.16.撮影 モルフォブルーオオムラサキ杉谷型2020.6.16.…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

累代飼育のモルフォブルーオオムラサキ杉谷型

累代飼育のモルフォブルー杉谷型の3令-4令幼虫を昨年50頭いただき越冬まで飼育したが、生命力が弱く越冬中から目覚め時に数を減じ、後半はウィルスにも犯されるなどして羽化に至ったのは2割の10頭ほどだった。大きさはそこそこの形となっている。ムラサキのブルー金属光沢が美しい杉谷型のオオムラサキが羽化している。現在は4頭羽化してこれから羽化が続…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

キイロヤマトンボ、コヤマトンボ、コフキトンボ、アオハダトンボなどトンボの生態撮影観察

友人たちとトンボの撮影に出かけた。川筋を飛ぶキイロヤマトンボ、コヤマトンボは飛翔撮影では識別できないので採捕して識別した。アオハダトンボは美しい光を放っていた。友人の撮影風景も載せてみた。どんな所か想像してもらえるだろう。コフキトンボは普段は20頭ほど飛ぶそうだが残念ながらこの日はあまり多くが集わなかった。ウチワヤンマは毎日のように多く…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

細々と京都の我が家ベランダで命脈をつなぐ今年2化のクロツバメシジミ

去年はこの時期にかなりのクロツバメシジミが我が家のベランダで舞い舞いしていたが、今年は第一化が寒さでだらだら発生になりほとんど姿を見なかった。産卵をしたようだったが幼虫の姿をほとんど見ることが出来ず、一時は絶えたかと思えた。しかし、1蛹とツメレンゲにわずかな食痕を見つけ、生き残っている可能性を見つけていた。それが6月7日から12日の間に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今シーズンの京都に見るキマダラルリツバメ観察

今シーズンもキマダラルリツバメの観察を続けている。シリアゲアリと共生することで他の草食性のチョウのようにシカ害で数を減らすことなく京都では生き残っている。昔の観光寺社の発生地では殺虫剤散布が影響したのかほとんど姿を見なくなったが、新規の植樹が老木化する場所ではシリアゲアリも多く、桜以外の樹木につくシリアゲアリとも共生していた。 一番メ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雄の後足にグンバイ形の雌へのアピールポイントを持つグンバイトンボ

雄の後足にグンバイ形の白い雌へのアピールポイントを持ち、♀を探すときはそれを広げて飛び回るグンバイトンボを観察した。交尾したときはそれをすぼめているが興奮するとそれを広げる。また草むらで交尾する時はグンバイトンボの♂♀尾端でハート形を作るのを観察した。並んで産卵する時はオスが直立してゆらゆらと、まるでチンアナゴのようなふらつきをみせる。…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

コシアキトンボの産卵観察

コシアキトンボの産卵を宝ヶ池で観察した。野鳥の森東屋前の池際で3時ころにはコシアキトンボが多く飛ぶ。♀に出会った♂は瞬間的に交尾し、すぐさま離れて♀が産卵活動に入る。しかし、ここで♂は大きな仕事をしなければならない。すぐに別♂がやってきて♀と交尾しようとする。交尾が成立すると前の♂の精子をかき出し捨てて自分の遺伝子を卵に継がそうとするそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最盛期を迎えた京都のキマダラルリツバメ

シリアゲアリと共生することで京都のキマダラルリツバメは守られているようだ。毎年そこそこの数を見ることが出来る。6月に入り毎日のように観察に出かけているが、写真に今季初めて撮ったのは6月4日のMさんのネットと毒瓶の中だった。6月8日は晴れと気温上昇が続いたことで18:30頃までかなりの個体数が飛ぶまでになっていた。同時に若い採集者も増えた…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

3cmにもなると大人気のネブトクワガタ

ネブトクワガタは普通2cm程度だが、これが3cmにもなると好事家の垂涎の的となるらしい。確かに大顎の4つのクワは見てもすごみを感じる。岩倉の発生地の大事なクヌギが今年マツタケ山再生事業で伐採されてしまった。多くのクワガタがここで夏になると観察できたのに残念でならない。オオムラサキも飛来する希少なクヌギ酒場だった。キマダラルリツバメを観察…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

自宅で見る昆虫たち

いろいろな蝶を飼育するのに食草も揃えているとそこにはまたいろいろな虫たちが訪れる。この時期に自宅で見た昆虫たちを掲載する。 今年羽化したヒオドシチョウ。散歩していても今年は幼虫を見なかったがどこから来たのだろう? 2020.5.30.撮影 柚子の葉にいたコスカシバガ。何を食べて発生しているのか? 2020.5.25.撮影 オオムラ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

湿地でこの時期に見られるフタスジサナエ、サラサヤンマ他のトンボたち

京都の湿地でこの時期に見られるフタスジサナエ、サラサヤンマ、ハッチョウトンボ、ハラビロトンボ、ヨツボシトンボ、シオヤトンボ、シオカラトンボ、オオシオカラトンボ、キイトトンボを掲載してみる。 湿原の池のフタスジサナエ 2020.5.28.撮影 湿原の池のフタスジサナエ 2020.5.28.撮影 湿原の池のフタスジサナエ 2020.5…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

葦の間を縫うようにして飛翔するアオヤンマと交尾観察

葦原のアオヤンマの飛翔を見て湿地に4日間通い、その飛翔と生態を観察した。4日目にはだいぶ目が慣れ、飛翔の様子や交尾の行動を確認できるようになった。10時から13時の時間帯で観察したが、11時から13時がいちばんよく活動していた。初日は全くピントを合わせられなかったが、日を追うごとにその行動に慣れて4日目にはかなり姿を捉える率が向上した。…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

お盆の御精霊トンボ(ハグロトンボ)とは一味も二味も違って美しいアオハダトンボ。

賀茂川にアオハダトンボが発生する時期になった。お盆に多いハグロトンボとは違い黒羽に青い光沢が美しいこの時期に発生するトンボである。沖縄のリュウキュウハグロトンボはさらに美しいが、その美しさに魅せられて朝散歩や午後のひと時何時間も観察した。 アオハダトンボが賀茂川に局所的に発生する川辺の景色 2020.5.27.撮影 賀茂川の葦の葉に…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

最盛期を迎えた湿地のハッチョウトンボ

日本一小さく、世界でも最小の部類に入るハッチョウトンボが湿地で最盛期を迎えたので観察に出かけた。交尾産卵行動も写したかったが、あまりにも小さくピントが合いにくいのと交尾時間が短いのでそれは撮れなかった。2cmほどのトンボなので飛んでいると見にくい。湿地の水の有るところに♂がテリを張っており、時折♀が現れ交尾する。♀はどちらか言うと水のな…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

2020年の我が家で発生したチョウセンアカシジミの生態

昨年、我が家鉢植えのデワノトネリコに60卵ほど自然産卵したチョウセンアカシジミは孵化率がよく、4月になりそのほとんどが孵化していた。孵化して成長する1令2令幼虫については自然に任せて放置している。孵化後の0.5mmにも満たない1令幼虫は根元から1m以上先にあるまだ十分芽吹かない頂芽までたどり着く。新芽が芽吹き始めるとその中に潜り込み台座…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

京都市北区の自宅並びに近所で発生するゴマダラチョウ

京都市北区の住宅街、北大路通りの街路樹下の自生エノキ若木や玄関先のエノキで毎年ゴマダラチョウが発生している。一時は黄色素欠落の青いゴマダラチョウ幼虫も見られ、かなりの数が2017年から2018年には越冬幼虫として見られた。今年も数は少ないが自宅エノキにも幼虫が見られ、近所のエノキにも幼虫が複数観察できた。親にまでなるのは蜂や小鳥に食害さ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

コロナ自粛中我が家で観察する蝶などの自然

庭のキハダやベランダのツメレンゲ、玄関先の鉢植えなどで観察する蝶、昆虫の自然や生態を掲載する。自粛の中でもベランダや玄関先でこういう虫たちを観察しているとステイホームは楽しい。 庭のキハダで交尾するアゲハチョウ 2020.5.6.撮影 庭のキハダで交尾するアゲハチョウ 2020.5.6.撮影 庭のカシワの葉上に休むベランダで発生す…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

この時期のハッチョウトンボ、ハラビロトンボ他

この時期に見られるハッチョウトンボ、ハラビロトンボ、ヨツボシトンボ、キイトトンボ、ミヤマカワトンボを観察した。ハッチョウトンボはここではまだメスしか見られない。ハッチョウトンボは数が増え、オスも色づき羽化する個体も多い。ヨツボシトンボは少し古びてきた。キイトトンボ、ミヤマカワトンボはまだ数が少ない。 まだここではメスしか見られないハッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

近隣に見るハッチョウトンボなど京都のトンボ

自転車で観察に行ける近隣のこの時期のトンボを掲載してみた。湿地では早くもハッチョウトンボが姿を見せている。シオヤトンボが全盛期だがヨツボシトンボ、ハラビロトンボも多くなってきた。 湿地にこの一頭だけ姿を見たハッチョウトンボ♀ 2020.5.4.撮影 ハッチョウトンボ♀ 2020.5.4.撮影 ハッチョウトンボ♀ 2020.5.4.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

賀茂川のキレンジャク

今年はレンジャクの当たり年だったが、賀茂川には長い間キレンジャクの群れがいついていた。カゲロウなどの虫が多いことと桜のカイガラムシが餌になったことが長居の背景になったのかもしれない。賀茂川の北山橋から西賀茂にかけて朝散歩でも昼の観察でもその姿を見ることが出来た。 賀茂川で見るキレンジャクの飛翔。カゲロウを追う飛翔。 2020.4.28…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年1化、栃の花蕾等を食べて春に羽化する京都のスギタニルリシジミ

4月中旬から5月初旬に京都の栃の大木のある谷に姿を見せる小さな蝶、スギタニルリシジミ。中学生の頃は貴船に出かけ地表を飛ぶこの蝶を必死に追いかけたことを思い出す。100m先にこの小さな蝶の飛翔を誰よりも早く見つけ走って行っては採集してうらやましがられた。貴船では珍しかったものの京都の山奥では非常に多くの産地があり多産していた。今でもそのこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

賀茂川に見るカモの親子と婚姻色の出たダイサギ

この時期には賀茂川にカモの親子が見られるようになる。しかし、今年は相対的に少ない。マガモと思われるカモの親子が賀茂川に泳いでいた。当初9羽の雛がいたらしいが現在は少し大きくなって6羽となっている。カラスに食べられたりして親になれるのはごくわずかになる。また、ダイサギがいたが、くちばしに青い婚姻色が出ている。 マガモと思われるカモの親子…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

累代世代発生終了か?我が家のベランダで3年越しに発生していたクロツバメシジミ

昨年の夏に300頭近く発生して卵を産みまくっていたクロツバメシジミも、炎暑で陶器製植木鉢が50度以上にもなり、熱で卵や幼虫がほとんど死んでしまった。それでも秋には生き残った個体が発生し、越冬した幼虫が3月にはツメレンゲの中から出てきて蛹になり4月になって発生している。しかし、例年は4月に一斉羽化して次世代への産卵が見られるが、今年は気候…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

現在、自宅で飼育中の昆虫たち

現在、自宅で飼育観察中の一部の昆虫たちを撮影してみた。自宅キハダで育ったアゲハチョウの蛹は気温が低いために4/24に初めて羽化した。例年よりずいぶん遅い。カブトムシの幼虫の糞掃除をするが、中からスジクワガタの越冬中が出てきて健在だった。カブトムシは大量の糞をして育っている。ミスジチョウの幼虫は終令になっており、メスアカミドリシジミは4/…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more