テーマ:植物園

京都府立植物園で見るこの時期の木本の花

京都府立植物園はボタンの花盛りだった。また、ホンシャクナゲ、オンツツジほかツツジ科の花も美しい。白い花が多い生態園も見頃だろう。この時期に咲く木本の花を写してみた。 ボタン『花の里』 2021.4.16.撮影 ボタン『蝶の舞』 2021.4.16.撮影 オンツツジ 2021.4.16.撮影 シロバナオンツツジ 2021.4.16…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都府立植物園で見るオキナグサなどの野草

京都府立植物園で見る野草は旬の時期が短い。少し間を開けると花時期が終わってしまう。鳥や蝶をこの時期に追っていると花の旬をたちまち撮り損ねてしまうことが多い。オキナグサなどの野草を写してみた。 オキナグサ 2021.4.11.撮影 オキナグサ 2021.4.16.撮影 イカリソウ 2021.1.11.撮影 バイカイカリソウ 202…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都府立植物園の樹木の花ほか

京都府立植物園で4月2日と5日に見た樹木の花を掲載する。もう冬鳥たちの姿はほとんど消えた。 イロハモミジとアオジ♂ 2021.4.5.撮影 イロハモミジでクモを捉えたエナガ 2021.4.5.撮影 まだ居残るシロハラ 2021.4.5.撮影 オオカメノキ 2021.4.2.撮影 ザイフリボク 2021.4.2.撮影 シジミバ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都府立植物園で見る野草の花とツマキチョウ

4月2日と5日に京都府立植物園で観察した野草の花とツマキチョウを写してみた。絶滅危惧種のカワセミソウは花数が少なくなった。ヤマシャクヤクやヤマブキソウは花時期が短いので咲いたときに見る機会が少ない。 カラスノエンドウにとまるツマキチョウ♂。この日は気温が低かったので早々にとまってくれた。 2021.4.5.撮影 ナワシロイチゴにとま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都府立植物園で見る春の花(さくらや野草など)

京都府立植物園の2021年3月末に見る桜や野草など春の花を見て歩く。 ソメイヨシノ 2021.3.27.撮影 ソメイヨシノとリキュウバイ 2021.3.29.撮影 ソメイヨシノとリキュウバイ 2021.3.29.撮影 花壇のチューリップとソメイヨシノ 2021.3.29.撮影 桜園のアメリカ桜とボケの花 2021.3.29.撮…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3月22日に京都府立植物園で満開だったソメイヨシノ他、その日の旬の花。

春は駆け足でやってきて過ぎ去ってゆく。早咲きの桜はもう旬を過ぎたが今年は1週間早くソメイヨシノが京都府立植物園で満開になっていた。3月22日に旬の彩りを見せていた花を見て回った。花の命は短いので美しく咲いている時に出会うためには日々の観察が欠かせない。 アセビ 2021.3.22.撮影 ウグイスカグラ 2021.3.22.撮影 ト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春雨降る3月16日の京都府立植物園自然観察(ソメイヨシノ、大枝垂れ桜の開花)

3月16日に春雨が時折降る中、京都府立植物園を歩いてみた。ソメイヨシノが開花をはじめ、大枝垂れ糸桜も一分咲きとなっていた。白花と紅花のユキヤナギは満開で美しい。この1週間ノシランの青い実を食べに来ているヒレンジャクを追ってみたり普通に園で見られる野鳥の姿も写してみた。冬鳥たちがいなくなると冬から春に季節が入れ替わる。 この時期はよく姿…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2021年3月14日の京都府立植物園自然観察(例年より半月早いアゲハチョウ初見ほか)

例年より半月早いアゲハチョウの飛翔を植物園で3月11日に見て14日にその姿を撮影できた。ルリシジミも3月11日に初見して今日も撮影できる。ヤマガラはツバキの蕾をついばんでいる。日に日に春の花が咲き競ってくる。 例年より半月は早い発生をしているアゲハチョウ。 2021.3.14.撮影 春になり羽化して飛び出したルリシジミ 2021.3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2021年3月12日の京都府立植物園の自然観察(美しくなったジョウビタキ♂ほか)

3月12日の京都府立植物園の自然観察を掲載する。人慣れしたジョウビタキ♂も春になり人前でもよく囀り美しい声を聞かせてくれる。サンシュユやボケの花にもとまり、時に日本画のような花鳥構図を見せてくれる。ルリビタキの若♂も青みを帯びてきた。早咲き細井桜やボケ、珍しい白花ゲンカイツツジも満開になっている。 春になり男ぶりが上がったジョウビタキ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2021年3月11日の京都府立植物園自然観察(アオジやクロジ、早咲き桜)

3月11日の快晴の植物園で早咲き桜や3週間ぶりに園に♂1羽で戻ったクロジなどの野鳥を観察し撮影してみた。 2月から3週間ぶりで園に姿を見せるようになったクロジ♂ 2021.3.11.撮影 2月から3週間ぶりで水場に姿を見せるようになったクロジ♂ 2021.3.11.撮影 2月から3週間ぶりでシイの小径に姿を見せるようになったクロジ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2021年3月9日の京都府立植物園自然観察。(花と野鳥)

早咲き桜が咲きだした3月9日の京都府立植物園の自然観察を行った。アンズやミスミソウも美しく咲いている。ソメイヨシノの膨らみかけた蕾の園を居場所にするハチジョウツグミ2号、3週間ぶりに椎の小径に戻ってきたクロジ♂、ノシランの実を食べに8日から園に入っている4羽のヒレンジャクなども追ってみた。 アンズ(杏子) 2021.3.9.撮影 ウ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都府立植物園の春の花と園や川の鳥たち

春は一日一日京都府立植物園の花が美しく旬に咲く。園に居残る野鳥や賀茂川の鳥を撮影してみた。冬鳥がだんだん姿を見せなくなると春の花が盛りとなり季節は移ろいゆく。 ウグイスカグラ 2021.3.6.撮影 カラミザクラ 2021.3.6.撮影 桜(唐橋) 2021.3.6.撮影 椿寒桜 2021.3.4.撮影 キンキマメザクラ 20…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都府立植物園の早咲き桜やハチジョウツグミ1号、2号。

京都府立植物園の早春に咲く早咲き桜やまだ居ついていた足環ベニマシコ、2羽いたハチジョウツグミなどを写してみた。 植物園の早咲き河津桜 2021.2.24.撮影 植物園に咲いたキンキマメザクラ 2021.2.24.撮影 植物園に咲いたサンシュユの花 2021.2.24.撮影 植物園に咲いている白梅 2021.2.24.撮影 植物…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都府立植物園の梅とウグイス他春の花鳥模様

京都府立植物園に5日ぶりに出掛けた。すでにベニマシコやマヒワの姿はなく梅の花が咲きフクジュソウが満開となっている。植物園のウメとウグイス他、春の花鳥模様を写してみた。 京都府立植物園梅園の梅の花 2021.2.17.撮影 京都府立植物園梅園の梅の花 2021.2.17.撮影 京都府立植物園梅園の梅の花 2021.2.17.撮影 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

春を待つ蝶。京都府立植物園のユキヤナギにいるホシミスジの越冬幼虫。

京都府立植物園の生態園にあるユキヤナギの芽吹きの季節を迎え、その枯れ葉を綴り越冬して春を待っているホシミスジの幼虫がいる。2mmに満たない幼虫がユキヤナギの小さな枯れ葉を綴った巣の中で寒さをしのぎ生きている。花が咲けばそろそろ巣からでて食事が出来ると心待ちしていることだろう。生態園にはユキヤナギが多く、40年前には特定地域しか生息せず珍…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都府立植物園に咲く早春の花(セツブンソウ他)

京都府立植物園に咲くセツブンソウ他早春の花を掲載する。 セツブンソウ 2021.2.8.撮影 セツブンソウ 2021.2.8.撮影セツブンソウ 2021.2.11.撮影 セツブンソウ 2021.2.10.撮影 セツブンソウ 2021.2.9.撮影 セツブンソウ 2021.2.10.撮影 セツブンソウ 2021.2.11.撮影…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都府立植物園で聞く春の足音

ここ2日ほど京都府立植物園は日中15度となり3月並みの暖かさとなった。快晴の園内には春の陽気が漂い、すぐそこに来ている春の足音が聞こえる。 寄せ植えの花飾り展で人気NO.1賞の展示と噴水 2021.1.25.撮影 春の陽射しの洋風庭園の噴水 2021.1.26.撮影 早春の花、スノードロップ 2021.1.26.撮影 朝日と白梅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都府立植物園で見る霜模様

京都府立植物園の朝は冷え込んでいた。霜が降りて雪とは異なる景色を見せている。この日は気温が上がるので解けるのも早い。解けかけの霜が日陰に残っていた。氷点下が続くのでクロセセリの幼虫がどうなったか気になったがやはり巣を開けてみると凍死している。ホシミスジの越冬巣は霜に覆われるがこちらは生き抜いているだろう。 氷点下が続き凍死したハナミョ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

氷点下の植物園。シモバシラや池の氷柱と氷紋。

快晴の1月9日の京都府立植物園。前日に続き氷点下3度となりシモバシラの氷の華が咲き、琵琶湖池、蓮池に氷が張り、芸術的な氷柱、氷紋が出来ていた。自然でなければ作れない造形美を写してみた。 快晴の朝日にきらめくシモバシラの氷の華 2021.1.9.撮影 快晴の朝日にきらめくシモバシラの氷の華 2021.1.9.撮影 快晴の朝日にきらめ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年初めて見る京都府立植物園のシモバシラに咲く氷の華ほか

京都市北区の8日朝の冷え込みは-4度と寒波襲来だった。植物園で今季はなかなかシモバシラの氷の華を見ることがなかったが、さすがにこの日は見事な華を咲かせていた。以前はもっと大きな華が咲いたがだんだん温暖化なのか小振りになってきている。野鳥も見て回ったが半木池の常連のカワセミは変わらないが他はあまり姿を見ない。ルリビタキ、ジョウビタキ、エナ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

頌春(センリョウ、マンリョウ)

新年おめでとうございます。京都は語呂合わせが好きな土地柄か『金は借りん(カリン)千両(センリョウ)万両(マンリョウ)有り通し(アリドオシ)』と言う験担ぎでカリン、センリョウ、マンリョウ、アリドオシの木を植えられるところも多いようです。元旦はセンリョウとマンリョウの写真を掲載します。 センリョウ(府立植物園) 2020.12.22.撮影…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都府立植物園の鳥観察

コロナの広がりで遠くへ出掛けられず、毎日のように京都府立植物園で自然観察しているが、晩秋から冬場にかけてはどうしても鳥観察が主体になる。以前のように多くの鳥が入ってくることはないがそこで見られる鳥たちを掲載してみた。 人慣れて非常に近くで観察できるアオジ♂ 2020.12.27.撮影 琵琶湖池の水場のアオジ♀ 2020.12.25.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

12月25日に観察した京都府立植物園のキクイタダキとヒガラ

京都府立植物園のエナガの群れに混じって動くキクイタダキとヒガラを12月25日も観察してみた。鷹を非常に怖がっているのでエナガは頻繁に警戒音を出して隠れるので動きがとてもせわしない。 京都府立植物園でエナガに混じり餌を捕るキクイタダキ 2020.12.25.撮影 京都府立植物園でエナガに混じり餌を捕るキクイタダキ 2020.12.25…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

11月初旬から居ついて元の林に戻ってきたクロジ

京都府立植物園に11月初めに入ってきて5-6羽で活動していたクロジは長らく椎の木林でシイの実を食べて滞在したが、鷹が出てからほとんど姿を見せなくなった。表には出てこないが暗いノシランが茂る林の中で隠れて活動しているようだ。ダニにやられた個体は見当たらず、3羽が残っているいるようだ。人があまり来なくなった暗い林の中で動くクロジを観察してみ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

植物園のキクイタダキとヒガラ

京都府立植物園でエナガなどの小鳥の群れに交じり餌を探しめまぐるしくイロハモミジに飛ぶキクイタダキとヒガラを写してみた。 植物園のイロハモミジに餌を探すキクイタダキ 2020.12.18.撮影 植物園のイロハモミジに餌を探すキクイタダキ 2020.12.18.撮影 植物園のイロハモミジに餌を探すキクイタダキ 2020.12.18.撮…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都府立植物園のルリビタキ

京都府立植物園で今年はまだ青いルリビタキに会っていない。現在、生態園等に2個体入っているようだがいずれもメスか若♂のようだ。私が出会った直近のルリビタキを掲載する。 12月20日に蓮池で出会ったルリビタキ 2020.12.20.撮影 12月20日に蓮池で出会ったルリビタキ 2020.12.20.撮影 12月20日に蓮池で出会ったル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都府立植物園で見る冬の野鳥

京都府立植物園で毎日観察している野鳥を掲載する。カザンデマリの美しい赤や橙色のたわわな実をツグミやヒヨドリ、ジョウビタキが食べに来て瞬く間に食べてしまう。サンシュユの実ももうほとんどヒヨドリに食べつくされた。トウネズミモチの実もツグミの群れが入りそのうちに裸になるだろう。 カザンデマリの実が熟した。鳥たちは食べごろをよく知っていて熟す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都府立植物園のアオジとクロジ

京都府立植物園にアオジの数が増えてきた。2ヶ月近く滞在するクロジは鷹が出てから警戒心が強くなりほとんど姿を見ることが少なくなった。アオジの中には色彩変化の多い物が見られ、気をつけながら撮影している。人なつこさが目立つ時期なのでその愛らしさも際立ってくる。 せせらぎで草の実を食べるアオジ♂ 2020.12.19.撮影 せせらぎで草の実…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日々移ろいゆく京都府立植物園の晩秋初冬に見る紅葉

京都府立植物園の晩秋の紅葉は日々わびしさを見せながら初冬にうつろい行く。特に12月17日には初冠雪もあり一気にモミジが散った。雪の朝ならではの吹き寄せがあちこちで見られた。晩秋から初冬の京都府立植物園を写してみた。 ヒヨドリバナ群落の枯れ花 2020.12.14.撮影 ハウチワカエデの残り紅葉 2020.12.14.撮影 メグスリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美しい残り紅葉の京都府立植物園と野鳥

12月に入っても今年は京都府立植物園の紅葉は美しく残っている。その紅葉の中を動く小鳥たちも多い。オオタカなどの鷹が出ているので小鳥たちは相当神経質でエナガの群れは鷹影を見ると警戒囀りをして一斉に群れの集団とともに茂みに姿を消す。12月に入ってのそれら小鳥たちの様子を観察して見た。 12月に入っても非常に美しい紅葉を見せる半木池たもとの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more