テーマ:植物園

京都府立植物園に見る花と蝶他

京都府立植物園を散策して花と蝶を探し歩いた。ホトトギスの花にホシホウジャクが飛んでいたがホトトギスは蜜が多いのかホバリング時間が長い。それで接写撮影を試みてみた。他の花ではとうていできない撮影だ。カイノキやモッコクの実には相変わらずキビタキの雌がよく来ている。花に飛ぶ蝶もまだ見られるがだんだんその姿は少なくなってきている。 カイノキの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都府立植物園の花(2019.10.4.)

10月4日に京都府立植物園の花散策をした時に咲いていた花や果実を写してみた。秋の花は数が少なくまたその旬も短い。 ウドの花 2019.10.4.撮影 ウメモドキの実 2019.10.4.撮影 オミナエシの花 2019.10.4.撮影 タイワンモクゲンジの花。 2019.10.4.撮影 カイノキの実。この実を食べに多くの小鳥がや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都府立植物園の花と虫

京都府立植物園へ久しぶりに出かけてみた。すっかり秋景色になった園内を散策して花と虫や鳥を探してみた。昨日までツツドリが入っていたようだ。梅林のモンクロシャチホコの幼虫を食べに来ている。園内ではアオスジアゲハの求愛飛翔や、キタキチョウの羽化前♀の蛹に求愛する♂の姿も観察できた。渡りのエゾビタキやムシクイの姿も見れた。街路樹に少なくなったア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都府立植物園の花と昆虫たち

雨上がりの京都府立植物園を訪れた。キノコが出ているかと思ったがマンネンタケなどは出ていても秋のキノコは見当たらなかった。園内を歩いて花と蝶、鳥、昆虫たちを探してみた。 サクラタデの花とヒメウラナミジャノメ。ごく普通にいる蝶だが紋の変化があって面白い。美しいサクラタデの花を吸蜜していたので余計に美しく感じた。 2019.9.13.撮影 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都府立植物園のキノコ探索

京都府立植物園のキノコを探して歩いてみた。今年はキノコも虫も花も例年とは少ないように思う。カラカラの地面だが探してみると結構種類は見つかる。しかし、図鑑照合では相変わらず名前を特定するのは難しい。 クマゼミに生えかけていたセミノハリセンボンのその後を観察してみた。前回見た時は蝉はまだ生きていたがこの日はもう草にとまったまま死んでいた。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

植物園自然観察2019.9.3.クマゼミとセミノハリセンボン他

9.3.に京都府立植物園を自然観察して歩いてみた。何年か前にアブラゼミに生えていたセミノハリセンボンを見つけた同じ場所に今度はクマゼミがとまりこのキノコが生えかけていた。おそらくまだ生きているのだろうがこのキノコが育つとともに命を失うのだろう。今後を見守りたい。園内はあまり変化が見られないが、クヌギの樹液を薬剤で枯らした木にカブトムシの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都府立植物園の花散歩

京都府立植物園を蝶の食草などを思い浮かべながら花を見て回った。 ツメレンゲ 2019.8.25.撮影 ミセバヤ 2019.8.25.撮影 オオベンケイソウ 2019.8.25.撮影 キリンソウ 2019.8.25.撮影 キツネノマゴ 2019.8.25.撮影 カワラケツメイ 2019.8.25.撮影オミナエシ 2019.8.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都府立植物園の自然観察

8月25日に京都府立植物園を散策して出会った虫などを掲載してみる。 アミガサハゴロモ 2019.8.25.撮影 アミガサハゴロモ 2019.8.25.撮影 ハナミョウガにとまるイチモンジセセリ。ここ数年はこれを食草とするクロセセリは姿を見ない。 2019.8.25.撮影 オオシオカラトンボ 2019.8.25.撮影 クヌギの樹…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都府立植物園のムラサキツバメとムラサキシジミ

晩夏になると京都府立植物園にムラサキツバメやムラサキシジミが増えてくる。シリブカガシ、マテバシイ、アラカシの2次3次の新芽が生えてきて、それで育つこれらの蝶が越冬に向けて数を増やそうとする活動がさかんになるからである。8月25日も観察してみると容赦なく伐採されて蝶の数が減ったかに見えたマテバシイの切り株から新芽が出ていることでその周りを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

楡の3種(アキニレ、ハルニレ、ノニレ)

タテハチョウなどの蝶の食草になるアキニレ、ハルニレのうち、近在で見かけるのはほとんどがアキニレだが北の方に行くとハルニレを見ることができる。府立植物園ではこのほかにシベリア東部、中国北部、韓国に分布するノニレの大木が大芝生北にある。植物園でもアキニレ、ハルニレ、ノニレにアカタテハ、ヒオドシチョウなどのタテハチョウが育てば面白いなと観察を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都府立植物園の花散歩

蒸し暑い京都の晩夏、京都府立植物園の少ない花を捜し歩いてみた。 キンミズヒキ 2019.8.22.撮影 黄花ナツフジ 2019.8.22.撮影 ガガプタ 2019.8.22.撮影 ススキに寄生するナンバンギセル 2019.8.22.撮影いタヌキマメ 2019.8.22.撮影 コウホネ 2019.8.22.撮影
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都府立植物園に見る昆虫

佇むだけで蒸し暑く脂汗のにじむ8月22日の昼下がり、京都府立植物園を歩いて昆虫たちを探してみた。園は公園化でクヌギの樹液を枯れさせたり、シリブカガシやマテバシイの蘖を刈り取ったり、薬剤噴霧で多くの昆虫を死滅させたりして自然観察には面白くない環境を作り出している。それでもまだたくましく累代発生を繰り返す昆虫たちがいて自然の生命力を感じさせ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都府立植物園で学ぶ樹木の名前

山歩きをしていて樹木に出会っても名前がわからない木がしばしばある。しかし、京都府立植物園で観察すると分からなかった樹木の名前を教えられる。やはり、山歩きをするときは木の名前を知っていると自然を何倍も楽しめる。 アズキナシ 2019.8.13.撮影 春に黄色い花が葉が出るより先に咲くアブラチャン 2019.8.13.撮影 オヒョウ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コフキサルノコシカケに鎮座する大きなトノサマガエル

京都府立植物園の半木池付近に大きくなったコフキサルノコシカケにこちらも大きなトノサマガエルが鎮座していた。よほど居心地がいいのか20cmで接写しても動こうとせずそのまま居座っていた。トノサマガエルは近づくだけでも飛んで逃げるのにこれは極めて珍しい出会いだった。 京都府立植物園に生えているコフキサルノコシカケに鎮座する大きなトノサマガエ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

8月6日の京都府立植物園花と虫の見てある記

京都府立植物園は8月6日も猛暑で来園者も少ない。そんな午後に園の花と虫を観察して歩いてみた。 真夏の花、百日紅(サルスベリ) 2019.8.6.撮影 キツネノカミソリ 2019.8.6.撮影 ハマカンゾウ 2019.8.6.撮影 室町時代に渡来した中国原産の幻の花、島根県でお仏花として残っていた仙翁花(センノウ) 2019.8.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都府立植物園に咲くレンゲショウマやヒマラヤの青いケシの花など

京都府立植物園に咲いたレンゲショウマの貴婦人のような花と温室に咲く青いケシの花などを見て歩いた。梅雨の雨の時期は出かけるところが少ないので植物園によく通うことになる。 貴婦人のような美しさを持つレンゲショウマの花 2019.7.20.撮影 レンゲショウマの花。下向いて咲くので上に向けた撮影になる。 2019.7.20.撮影 生態園…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7月19日と20日に京都府立植物園で見たキノコたち

キノコは名前に自信がないので名前を付けるのを迷ったが、間違いのご指摘を受けるためあえて名づけしてみた。したがって写真のキノコの名前は信用しないで見てほしい。京都府立植物園のキノコは今年はあまり多く生えていないが園内を探索して撮影してみた。キノコの撮影はやぶ蚊との戦いになる。 アマタケ?と名づけしてみたキノコ 2019.7.19.撮影 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅雨時期の京都府立植物園花散歩

梅雨の雨が断続的に降る植物園を花を見て歩いてみた。この時期はヤマユリなどが咲くが総じて花が少ない。半木西池には浮草が池の表をびっしり覆っていた。 浮草で池の表をびっしり覆われて異様な景観となった半木池西池 2019.7.20.撮影 オニユリ 2019.7.20.撮影 オウゴンオニユリとクロヤマアリ 2019.7.20.撮影 白花…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7月12日の京都府立植物園観察。花と蝶やトンボたち。

7月12日の午前中、植物園散策で見た花やチョウ、トンボを掲載する。今年は気温が低く観察に出かけても虫が少ない。やっとクマゼミが鳴きはじめ、午後曇り空で温度が22度の花脊峠で今季初めてのヒグラシの鳴き声を聞いた。 ヤマユリ 2019.7.12.撮影 ヤブカンゾウ 2019.7.12.撮影 トビシマカンゾウ 2019.7.12.撮影 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都府立植物園に見るキヌガサタケほかのキノコ

この初夏は植物園にキノコが少ない。毎年見るキヌガサタケも数を見ない。たまたま7月12日には2本のそれが生えていて、内1本はこれから開くところだったので2時間待ってベールを開いた旬の姿を観察した。明日咲くと思える幼菌も見つかった。マンネンタケも樹木の伐採とともに生える場所が減ってしまった。今年はこの時期に見られるタマゴタケも生えていない。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7月10日の京都府立植物園観察

曇りや雨が続き今季のヒサマツミドリシジミ観察も天候回復がないままに発生時期が終わるかもしれない。7月10日、7月12日は曇りを押して観察に出かけたがやはりその姿を見ずじまいだった。下界は晴れなので10日も12日も午前中京都府立植物園に出かける。今日は10日に観察した花とトンボを掲載する。ユリの花が見ごろを迎えていた。 伊豆諸島に咲くサ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初夏の京都府立植物園に咲く花と蝶などの虫たち

天候が不順なのでヒサマツミドリシジミの観察に出向けない時は京都府立植物園に出向く。植物園はすっかり初夏の雰囲気になっていた。散策して花と蝶などの虫たちを追ってみる。薄日の中なのであまり活発に虫は活動していない。一時多かったツマグロヒョウモンはやっと天敵とのバランスがとれたのか普通の数に変わってきた。初夏になりムラサキツバメの♀がシリブカ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅雨時の京都府立植物園の花と虫たち

久しぶりに梅雨時の京都府立植物園を覗いてみた。束の間の晴れ間に現れる昆虫たちと花を散策して追ってみた。 生態園に飛び出したアツバガの仲間? 2019.6.28.撮影 ウツボグサの花 2019.6.28.撮影 エゾキスゲの花 2019.6.28.撮影 オオカマキリの幼生 2019.6.28.撮影 琵琶湖池のコオニヤンマ 2019…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都府立植物園のこの時期に見る花や昆虫ほか

京都府立植物園は5月末になるとホシミスジの最盛期となる。去年食草のユキヤナギが多数処分されたので今年は数が少ない。トンボも蝶も見れる数は少ないがクロイトトンボとアオモンイトトンボがハスの植栽場にいた。また、シオカラトンボとヨツボシトンボ、クロスジギンヤンマは池で見れる。野鳥ではこの日もサンコウチョウの鳴き声が聞けた。それと今年は植物園で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5月の京都府立植物園の花

5月の京都府立植物園の花を写してみた。徐々に花と虫の動きも見れるようになった。 アワブキの花。今年もスミナガシやアオバセセリがこの木に来てくれるだろうか? 2019.5.11.撮影 ガクウツギの花とカヤキリの仲間の幼生 2019.5.11.撮影 カザグルマ 2019.5.11.撮影 旬になったクサタチバナ 2019.5.11.撮…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

連休中に見た京都府立植物園の花

大型連休中の5月5日に京都府立植物園で見た花を掲載する。この時期の花の旬は短いので見ごろはすぐに過ぎてしまう。 アオコウツギ 2019.5.5.撮影 イチハツ 2019.5.5.撮影 イモカタバミとタンポポの花 2019.5.5.撮影 カザグルマ 2019.5.5.撮影 クサタチバナ 2019.5.5.撮影 ゴマギ 2019…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都府立植物園の花散歩

2019年4月13日と16日に京都府立植物園を訪れ、咲いている花を観賞しながら写真撮影して散策して見た。 イチリンソウ 2019.4.13.撮影 ウラシマソウ 2019.4.16.撮影 オオタチツボスミレ 2019.4.16.撮影 カワセミソウ 2019.4.16.撮影 クロフネツツジ19.4.16.撮影 サクラ太白 201…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桜満開となった京都府立植物園

4月5日にようやく京都府立植物園のソメイヨシノが満開になった。植物園の桜時期を見て歩いた。ライトアップがされるようになって桜に営巣していたエナガの巣がきれいになくなっていた。鳥が巣材を他へそっくり移したのか、人為的に巣を撤去したのか?いずれにしても観察を楽しみにしていたのに残念だった。桜園のソメイヨシノも台風被害で半減したが残った桜が元…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都府立植物園に見る早春樹木の花

京都府立植物園に咲く早春の樹木の花を写してみた。春はピンクや黄色の花が多い。 アオモジ 2019.3.22.撮影 アブラチャン 2019.3.22.撮影 ウグイスカグラ 2019.3.20.撮影 オカメ 2019.3.20.撮影 カワズザクラ 2019.3.20.撮影 カンヒザクラ 2019.3.20.撮影 ゴモジュ 20…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都府立植物園のアミガサタケとエナガの巣

京都府立植物園に今年もアミガサタケの生える季節となった。また、3月22日にウグイスの初鳴きを聞く。エナガの巣は親鳥の姿が見えないので放棄されたのかと思っていたがこの日見てみると鳥の羽が増えており人の少ない時に運び込んで巣作りしているようだ。 京都府立植物園に今年も生えたアミガサタケ 2019.3.22.撮影 アミガサタケ 2019.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more