テーマ:旅行

日本の美しい風景・・・入笠山と大阿原湿原

入笠山の山頂は晴れていれば360度のパノラマ展望があり、八ヶ岳から富士山まで見晴らせる。今回の登山では雲が厚く、残念ながら八ヶ岳も富士山も見ることはできなかった。中腹の大阿原湿原もまだカラマツの黄葉には早かったが、秋の湿原の風情は十分に味わうことができた。 入笠山へは登山口のマナスル山荘付近まで車で行ける。写真が駐車場だが、麓のゴンド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本の美しい風景・・・八ヶ岳裾野の田園風景

八ヶ岳の裾野では稲の刈り取りも終わり、この時期でしか見られない風景が蓼科山を背景に広がっていた。 蓼科山と田園風景 2013.10.4.撮影 八ヶ岳裾野の田園風景 2013.10.4.撮影 八ヶ岳裾野の田園風景 2013.10.4.撮影 八ヶ岳裾野の田園風景 2013.10.4.撮影 八ヶ岳裾野のススキの風景 2013.10.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本の美しい風景・・・北八ヶ岳の坪庭と北横岳南峰・北峰

八ヶ岳の天狗岳へ登山の予定だったが、体調が良くないメンバーを考慮し、北八ヶ岳ロープウェイを利用する北横岳の南峰と北峰への登山に切り替えた。ロープウェイの山頂駅からは頂上での休憩を含めて往復3時間ほどの行程になる。またの機会にここから岩場の多い三ツ岳や蓼科山、麦草峠方面へのコースも歩いてみたい。山頂駅周辺は北横岳に向かう道筋に一周40分で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美しい日本の風景・・・八ヶ岳中信高原国定公園 麦草峠にある白駒池

八ヶ岳中信高原国定公園で、天狗岳への登山口になる麦草峠近くに美しい白駒池がある。苔むしたコメツガの原生林の中に原生的な雰囲気を見せる池である。ちょうど弱雨が雲になりドウダンツツジやナナカマドが紅葉を見せ始め初秋の彩を池面に映していた。物の怪の森は宮崎駿の世界を彷彿とさせる苔の世界で、休憩所で話す女性の話し声や笑い声があたかも妖怪のように…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

日本の美しい風景・・・蓼科の滝の湯と奥蓼科の渋御殿湯、清里清泉寮と八ヶ岳高原大橋

八ヶ岳山麓にはいい温泉が多い。今回は滝の湯と渋御殿湯に泊まった。滝の湯では温泉の横に素晴らしい景観の川が流れている。奥蓼科温泉渋の湯の渋御殿湯にはレトロな白色の硫黄泉があり、疲れを癒やしてくれる。だんだんこういう雰囲気の温泉が少なくなってきているので湯治場としての希少価値がある。清泉寮と八ヶ岳高原橋では富士山や八ヶ岳を見ることはできなか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本の美しい風景・・・奥蓼科温泉入口にある御射鹿池(みしゃかいけ)

八ヶ岳中信高原国定公園の奥蓼科温泉入口にある農業用温水溜池の御射鹿池は東山魁夷画伯の『緑響く』のモデルになったところと言われます。八ヶ岳天狗岳の登山口にある渋御殿湯へ行く途中に立ち寄りました。夕方と朝訪れた時では違う光景を見せていました。池面に移る幽玄な世界は心を引き付けてやまない美しさを見せていて、東山魁夷画伯の心境になれそうな気がし…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

美しい日本の景色・・・尾道の千光寺、33年ぶりの本尊の御開帳

林芙美子の『放浪記』で知られる瀬戸内尾道にある千光寺を訪れた。千光寺公園の展望台から見る尾道の景色は何かしら情緒を掻き立てる。千光寺では聖徳太子が作ったと伝承される御本尊の千手観世音菩薩が33年ぶりの御開帳年となっていて、お参りすれば普段と違うご利益があると思えて嬉しくなる。 尾道千光寺の表門 2013.9.20.撮影 尾道千光寺の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美しい日本の景色・・・因島の白滝山五百羅漢

尾道から今治に至る「しまなみ海道」を走り、村上水軍城のある因島に立ち寄ると、中央部に標高227mの白滝山がある。戦国時代に村上水軍6代当主の村上新蔵人吉充が因島に城を構え、この山に観音堂を建立した。江戸時代になりそこに五百羅漢の石仏が造られて、現在700体余りの大小の石仏が山頂付近に並んでいる。島と海が綾をなす非常に眺めの良いところであ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美しい日本の景色・・・南国高知「桂浜」

高知の桂浜の美しい光景を楽しんでみた。 高知「桂浜」 2013.9.22.撮影 高知「桂浜」坂本龍馬像 2013.9.22.撮影 高知「桂浜」 2013.9.22.撮影 高知「桂浜」 2013.9.22.撮影 高知「桂浜」 2013.9.22.撮影 高知「桂浜」 2013.9.22.撮影 高知「桂浜」 2013.9.22.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美しい日本の景色・・・ジオパーク室戸岬海岸の眺望

室戸岬には中岡慎太郎の銅像が立っている。また、海岸は海底マグマが隆起した奇岩のジオパークになっていて、ひときわ高い丘の上には160万カンデラ光を放つ日本一の一等レンズを持つ室戸岬灯台がある。そして、その隣に四国霊場第二十四番札所「最御崎寺(ほつみさきじ)」がある。 室戸岬展望台からの眺望 2013.9.23.撮影 斑レイ岩と中岡慎太…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日の本の国、日の出道・・・南国土佐、太平洋に昇る朝日

南国土佐の太平洋に朝日が昇ってくる。目覚めが少し遅かったので地平線からの日の出は見れなかったが、まん丸く昇った赤い太陽を拝むことはできた。大海原に陸地まで朝日の道が出来ていた。 南国土佐の太平洋に昇る朝日 2013.9.23.撮影 南国土佐の太平洋に昇る朝日 2013.9.23.撮影 南国土佐の太平洋に昇る朝日 2013.9.23…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道の自然シリーズ・・・日本最北端「宗谷岬」

利尻島に別れを告げ、稚内から日本最北端「宗谷岬」に立ち寄った。ここの草原には8月になるとベニヒカゲがかなりの数飛ぶそうだが、この時期はルリシジミとエゾシロチョウしか見なかった。岬には間宮林蔵の銅像が立ち、「日本最北端の地」の碑が建っている。北緯45度31分22秒にある宗谷岬の突端に建つ北極星の一稜を象徴したデザインの三角錐をしたモニュメ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自然紹介・・・北海道シリーズ (ピーチを利用して新千歳空港へ)

長くお休みをいただいた。北海道へ昨年同様ピーチとレンタカーを活用して経済的な自然観察旅行に出かけた。ピーチのようなLCCを使うと北海道への航空機往復料金が19000円以下になり、道内でのレンタカーの利用が一日2600円程度、宿泊も格安なところが多く、国内旅行も一時と比べ非常にコストパフォーマンスがあるといえる。格安便は不便なところもある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

休憩室・・・東条湖の燕趙園と鳥取砂丘

鳥取県東条湖畔の燕趙園 2011.9.23.撮影 鳥取県東条湖畔の燕趙園 2011.9.23.撮影 鳥取県東条湖畔の燕趙園 2011.9.23.撮影 鳥取砂丘 2011.9.23.撮影 鳥取砂丘 2011.9.23.撮影 鳥取砂丘 2011.9.23.撮影 東条湖畔の燕趙園(えんちょうえん)は鳥取県と中国河北省との友好提…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都紹介・・・平安京の貴族邸跡に生活する京都人「土の中は大宮人の雅の園」

二条駅西の藤原良相(よしみ)邸跡発掘現場 2011.9.12.撮影 二条駅西の藤原良相邸発掘現場 2011.9.12.撮影 国際ホテル前にある堀河天皇里内裏跡碑 2011.9.12.撮影 堀川音楽高等学校の中庭に復元された堀河天皇里内裏庭園 2011.9.12.撮影 丸太町堀川東の大誠社前にある高陽院(かやのいん)跡説明プレート…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都紹介・・・修学院離宮の建築美

修学院下離宮の数寄屋造りになる後水尾天皇ご宸筆扁額がかかる寿月観 2011.10.6.撮影 修学院下離宮の寿月観にある岸駒(がんく)の筆になる虎渓三笑の図の襖 2011.10.6.撮影 修学院中離宮客殿にある天下の三大名棚の一つになる「霞棚」 2011.10.6.撮影 修学院中離宮客殿の襖デザイン 2011.10.6.撮影 修学…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

京都紹介・・・修学院上離宮庭園の美しさ

洗詩台から大刈込越えに京都市内を望む 2011.10.6.撮影 隣雲亭のある洗詩台から鞍馬方面の山々、お庭の浴龍池、万松塢と千歳橋を望む 2011.10.6.撮影 浴龍池の万松塢越えに御舟宿を望む 2011.10.6.撮影 大刈込越えに京都市内、遠く愛宕山、右手に松ヶ崎東山、西山を望む 2011.10.6.撮影 池面に美しい松が…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

京都紹介・・・貴族庭園の見事な造園美を見せる「京都仙洞御所庭園」

仙洞御所参観 北池の眺め 2011.9.28.撮影 北池と南池をつなぐ運河「掘割」 2011.9.28.撮影 北池から南池への通路にある石橋 2011.9.28.撮影 南池の雄滝と小野小町草紙洗い(そうしあらい)の石 2011.9.28.撮影 紅葉山と堀割に架かる紅葉橋 2011.9.28.撮影 八橋から眺める一升石で埋め尽く…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

京都紹介・・・坂本竜馬とお龍さんゆかりの「武信稲荷」

武信稲荷の鳥居 2011.9.13.撮影 武信稲荷の拝殿と本殿 2011.9.13.撮影 武信稲荷の大榎(えのき)と伏見稲荷遥拝所、白清大明神 2011.9.13.撮影 坂本龍馬とお龍さんのゆかりを印す看板 2011.9.13.撮影 武信稲荷の釘抜大明神(釘抜地蔵) 2011.9.132.撮影 隣の六角獄舎跡にある山脇東洋の観…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

休憩室・・・倉敷川畔美観地区の景観

倉敷川畔美観地区の景観 2011.9.21.撮影  倉敷のアイビースクエアー近辺は倉敷川が流れ、その周辺は江戸時代の情緒が残る、風情溢れる美観地区となっている。散策すれば京都とはまた違う味わいがある。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都紹介・・・装束と髪型を魅せる女性の時代祭「安井金毘羅宮の櫛まつり」

1時から始まる安井金毘羅宮の久志塚での櫛まつり祭礼 2011.9.26.撮影 櫛まつり祭礼のお祓い 2011.9.26.撮影 古墳時代から時代別に髪型装束を整えた美しい女性 2011.9.26.撮影 全ての髪型はすべて自毛で結い上げられているという 2011.9.26.撮影 奉納舞の「黒髪」を舞う舞妓さん 2011.9.26.撮…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

休憩室・・・美しい景観「倉敷のアイビースクエアー」

倉敷美観地区にある「アイビースクエアー」 2011.9.21.撮影 台風15号が猛威を振るう日、倉敷の美観地区に出かけた。久しぶりの倉敷で非常に懐かしい思いがする。アイビースクエアーは1889年に建てられた倉敷紡績の発祥工場で、我が国に現存するもっとも古い紡績工場と説明されている。こういう自…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

京都紹介・・・梅小路蒸気機関車館の展示汽車

梅小路蒸気機関車館に動態保存展示されるつばめマークのC622機関車とD51200機関車 11.9.6.撮影 梅小路蒸気機関車館の扇形車庫と転車台 11.9.6.撮影 展示されるC11型64号機、9600型9633号機、B2010号機 11.9.6.撮影 美しい装飾で飾られるお召列車の蒸気機関車 11.9.6.撮影 静態保存される…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

京都紹介・・・梅小路蒸気機関車館のスチーム号

京都「梅小路蒸気機関車館」の展示路線を走るスチーム号 2011.9.6.撮影 京都「梅小路蒸気機関車館」の展示路線を走るスチーム号 2011.9.6.撮影 梅小路蒸気機関車館に移設された旧二条駅 2011.9.6.撮影 梅小路蒸気機関車館に展示停車しているスチーム号 2011.9.6.撮影 梅小路蒸気機関車館のC612スチーム号…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

休憩室・・・山中湖周辺より見る富士山の眺め

天上山公園カチカチ山から見る富士 2011.6.4.撮影 天上山公園カチカチ山から見る富士 2011.6.4.撮影 天上山公園カチカチ山から見る富士 2011.6.4.撮影 天上山公園カチカチ山から見る河口湖 2011.6.4.撮影 御坂峠から見る富士 2011.6.4.撮影 御坂峠のトンネル 2011.6.4.撮影 標…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都紹介・・・大徳寺山内 枯山水庭園の美しい「大仙院」

大徳寺の本坊の北に大徳寺北派本庵の塔頭「大仙院」がある。ここは撮影禁止なのでその美しさを写真紹介できないのが残念だが、大徳寺塔頭の中で何度訪れても心に響く特別名勝である。中門周辺もその片鱗を窺わせていて、非常に清楚なアプローチとなっている。ここは1509年に古嶽宗亘(こがくそうこう)を開祖とし、歴代の和尚に千利休と懇意だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都紹介・・・大徳寺塔頭 真珠庵

大徳寺本坊の北にあり、左に行けば大仙院、右突き当りが真珠庵の入り口となる。一休宗純を開祖とする塔頭で、1491年に応仁の乱後堺の豪商の尾和宗麟が再興している。拝観はされていないが表の佇まいが美しい。竹で門が閉ざされるが、運送屋さんはそれを空けて入るので、一休さんの昔話を思い出してしまう。内部を見ることは出来ないが、京都検…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

休憩室・・・国立公園淡路島の福良港にあるうず潮クルーズ船「咸臨丸」と「日本丸」

国立公園淡路島の福良港にあるクルーズ船の「咸臨丸」と「日本丸」 2011.1.16.撮影 鳴門海峡のうず潮クルーズ船である「咸臨丸」と「日本丸」は淡路島の福良港から出ている。咸臨丸は勝海舟がアメリカに渡った船の復元船、日本丸は練習帆船のレプリカであり、冬の陽に美しいシルエットを見せていた。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

休憩室・・・国立公園淡路島の「灘黒岩水仙郷」から見る「おのころ島(沼島)」周辺の景観

国立公園淡路島の「灘黒岩水仙郷」から見る「おのころ島(沼島)」周辺の景観 2011.1.16.撮影 神々が降臨したと伝わるおのころ島(沼島)周辺が灘黒岩水仙郷から美しい眺めを見せている。淡路島の人気観光スポットである。この日京都は大雪で淡路島は好天だが風が強かった。水仙郷の水仙はまだ三部咲きである。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大徳寺「高桐院」の雪景色

大徳寺「高桐院」の雪景色 2010.12.31.撮影 自分の好きなお寺は何度訪問しても新鮮な感銘がある。京都の神社仏閣はシーズンオフに静かに拝観したり参拝するのが私は最高だと思っている。高桐院については2009年11月2日に詳細をご紹介しているので、京都紹介のテーマをクリックして振り返って見て欲しい。人の少…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more