テーマ:

京都の自然・・・京都府立植物園で越冬するクロセセリとホシミスジ

今年の京都府立植物園は訪れる野鳥が少ないようだ。25日の土曜日もメジロやカワラヒワ、ヒヨドリ、アオジ、イカルなどは見かけたがいずれも数が少ない。この時期にまだタマミズキの赤い実が残っている。工事中のところが多いので見どころが少なくなっているのも残念だ。定点観察しているが、今年はムラサキシジミの集団越冬にはまだお目にかかっていない。アオノ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

花散歩・・・寒梅の花がほころび始めた京都御苑

風雪に耐え寒梅の花ほころぶというが、今年は京都市内はさほど風雪が見られない。しかし、寒さは2月になって厳しいものがあり、その中で京都御苑の梅林の花がちらほらと10日を過ぎて開き始めている。 京都御苑の宗像神社近くのロウバイの花 2012.2.11.撮影 京都御苑の宗像神社近くの白梅の花 2012.2.11.撮影 京都御苑の白雲神社…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花散歩・・・今年も満開が待たれる松ヶ崎疏水の水仙の花

2月になると松ヶ崎疏水に群生する水仙の花を見たくなる。水仙は生命力が強く、その勢力を年々増して生育する。松ヶ崎疏水はソメイヨシノの古木が多く、桜の花見の名所だが一足早い花見の機会をこれら水仙が担っている。桜の木も寿命が来ているので、いつまでその美しさを保てるかわからないのが気がかりだが、水仙はまだまだ元気に増え続けるだろう。小雪混じりの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都の自然・・・賀茂川出町橋付近のユリカモメの冬景色

今年は従来よりユリカモメの数が少ないようだ。それでも賀茂川の出町橋付近には定期的に餌をやる人たちがいるので比較的多くのそれが来て休んでいる。大文字山の大の字が美しく見える賀茂川と高野川の出合の地に白い都鳥が飛ぶさまは美しい。浅瀬に休んでいる鳥たちの中に、石の上に片足を揚げて休むユリカモメがいた。バランスが悪いなと思った矢先、その鳥はよろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都の自然・・・京都御苑の冬の野鳥たち

京都御苑でもルミックスFZ150の写りを確かめてみた。肉眼では識別できない樹上のカシラダカがクリヤーに捉えられていた。また、これも肉眼ではいることしかわからないアオバトのとまっている様子がはっきり見てとれる。 博覧会跡で動き回る薄暗い樹下のビンズイがISO3200でも見れる程度に写っている。技術の進歩はすごいものと感心する。生態観察に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都の自然・・・賀茂川のハクセキレイ

パナソニックのルミックスFZ150がどの程度写るか広沢池と賀茂川、京都御苑で試してみた。14日と15日の広沢池のヒクイナやハマシギが24Xで撮影した画像だが、賀茂川にいるハクセイキレイあたりだとこの程度になる。自然観察するにはこのような画像で十分楽しめるだろう。出町柳の河原にいたハクセキレイは別のセキレイに出会うと尾を揚げて独特のポーズ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都の自然・・・広沢池の夕方のハマシギ

11日の日はヒクイナのほかにハマシギが戻っていた。昨シーズンより数が少ないケリやイカルチドリに交じり、こちらも昨シーズンより数は少ないが、集団で低空を飛翔しては干池に舞い降りる。この小さな鳥が一塊になり、夕日に白い腹を反射させ、この池の周りを飛ぶさまは、鳥を知る人には広沢池の冬の楽しみとする景色だろう。FZ150で飛ぶ姿を追うのは難しい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都の自然・・・今年初めて出会った広沢池のヒクイナ

何度か広沢池に出向いているが、今シーズンは野鳥の数が少なく、昨年多くいたヒクイナやクイナに今年はまだ出会っていなかった。しかし、11日に久しぶりに様子を見に行くと、一羽のヒクイナが餌を探していた。この日はパナソニックのDMC-FZ150の進化の評判を聞き、野鳥を撮るにはノイズが気になったFZ100を買い変えて、ここでそれを試してみた。結…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都の自然・・・京都府立植物園で見るシソ科のシモバシラの結晶

京都府立植物園で毎年この季節に見られる氷の花にシソ科のシモバシラがある。サイト内検索でシモバシラを入力していただくと前年のこの様子も見ていただける。寒波が襲ったときこの草の生きている根から吸い上げられる水分が茎を破裂させて氷の結晶を作りだす。京都府立植物園が9時に開園するのと同時に見に行くとその美しい姿を見ることが出来る。寒さが厳しけれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花散歩・・・京都府立植物園の12月末の温室の花

この時期は京都府立植物園の温室もあまり花は多くない。12月末に旬で咲いている花を探してみた。 アマゾンユリ 2011.12.23.撮影 キリンソウ 2011.12.23.撮影 ゴクラクチョウカ 2011.12.23.撮影 シャムソケイ 2011.12.23.撮影 ツンベルギアマイソレンシス 2011.12.23.撮影
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

京都の自然・・・宝ヶ池の鴛鴦(おしどり)

国際会館が比叡山に映えて美しい景観を見せる宝ヶ池に今年も鴛鴦が20羽ほど訪れている。毎年この美しい水鳥をここで見ることが出来て幸いである。国際会議場近くの池辺の窪みがねぐらとしても定着しているようだ。決まった時間に餌を与える人がいることも居ついている理由の一つかもしれない。晴れた日は鏡面となった水面に映る姿はえも言われぬ光景となる。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

休憩室・・・比叡六景

比叡山の冬の景色を私の好みの場所から撮影してみた。京都の鬼門の東北に比叡山は大きな存在感を示す美しい山であり、そこから放たれる大きな気は京都に住む者にそこはかとない癒しの雰囲気を運んで来る。 京都府立植物園のシダレエンジュと比叡山 2011.12.25.撮影 京都府立植物園の中央芝生広場に降った雪と比叡山 2011.12.25.撮影…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

花散歩・・・京都府立植物園のポインセチア

ポインセチアはクリスマスの花だが短日処理をして色づかせる美しい葉を持っている。クリスマスの頃とは朝夕の明るさがずいぶん違ってきた。春が駆け足で近づいている。 京都府立植物園温室のポインセチア 2011.12.23.撮影 京都府立植物園温室のポインセチア 2011.12.23.撮影 京都府立植物園温室のポインセチア 2011.12.…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

京都の自然・・・今年初めてお目にかかった冬の野鳥たち

このシーズンは京都府立植物園に行ってもなかなか秋冬の野鳥たちにお目にかかれなかった。京都御苑の中を見て回ってもその姿が少ない。それで久しぶりに14日の午後にバードバスをのぞいて見ると、ここは野鳥たちの水飲み場の性なのか、アトリが20羽、ツグミ、シロハラ、ビンズイが2羽現れた。ここしばらくは野鳥目的に動くことが少なかったので、かれらとは一…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

花散歩・・京都府立植物園の冬に咲くバラ

京都府立植物園の冬は本来野鳥たちの天国になる。しかし、今年はまだ冬鳥たちの訪れが見れないようだ。花のない園内で冬に寒さに耐えて咲いているバラを見るとホッとする。ましてそこにヒラタアブが訪れていたりすると春近いころのような心地がする。 京都府立植物園のバラ園で冬に咲くバラ 2012.1.7..撮影 京都府立植物園のバラ園で冬に咲くバラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都の美観・・・旧嵯峨御所大覚寺門跡にある「大沢池」の冬景色

大沢池の周囲には桜並木があり、東側には遍照寺山が見える。冬場は池の枯蓮がこの嵯峨富士の前に広がり、見事なまでの美しい姿を見せる 2011.12.17.撮影 大沢池の北側にある聖天堂と大日堂の清楚で凛として美しい景色 2011.12.17.撮影 慈愛に満ちた味のある大沢池の石仏群 2011.12.17.撮影 大沢池の北東にある名古曽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

景観散歩・・・冬の御在所岳の氷瀑と奇岩風景

冬の御在所岳の氷瀑と奇岩風景 2011.2.19撮影 国見峠から御在所岳登山裏道を下山する。藤内壁の氷瀑は逆光で撮影できなかったが、付近に小規模な氷瀑が見られた。沢沿いの急峻な山道だが切り立った岩肌に奇岩が多く、京都の山と違い鈴鹿山系の独特の景観が楽しめる。兎の耳と呼ばれる岩は見方により兎に見えるから面…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

景観散歩・・・冬の御在所岳山頂の眺望

冬の御在所岳山頂からの眺望 2011.2.19.撮影 御在所岳ロープウェイを使い山頂へ朝一番で行くと樹氷が見られる。冬のこの時期は晴れると山々の景観が非常に美しい。スキー場の向こうに棚雲が見え、雪化粧の山のはるか彼方には白山連峰が見て取れた。
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

自然景観散歩・・・御在所岳山頂の樹氷

御在所岳山頂の樹氷 2011.2.19.撮影 今日から3日間19日に撮影した御在所岳の冬の景観をアップさせていただく。この時期に御在所岳に樹氷を見に行く計画があり楽しみにしていたが、この日は快晴で樹氷が程よく太陽にきらめきを見せてくれた。山々の景色もよく裏道の下山を楽しんだ。下から二枚目の写真では樹氷の…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

賀茂川散歩道と京都府立植物園の水溜りと半木池に出来た氷紋

賀茂川散歩道と京都府立植物園の水溜りと半木池に出来た氷紋 2011.2.16.撮影 2月16日の朝は晴天で寒い朝となった。賀茂川は朝の光が春の色を見せるものの霜が一面に降りていた。岸の散歩道はジョギングロードの砂が按配して見事な羊歯状結晶の氷紋を見せている。府立植物園では開園の9:00には、水溜りや半木池にさまざまな氷…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京の冬景色・・・嵯峨野「大沢の薄雪」

2月11日の雪模様で大沢の池にも足を伸ばしてみた。先日までここにはコハクチョウが来ていたらしい。この日出迎えてくれたのは、ヒドリガモとオナガガモだった。誰かが餌付けしているようで、私の影を見ただけで遠くから集まってくる。大沢の池の絶景は、薄雪が舞うことで一味違う冬景色を見せている。池の枯れ蓮は白くなる山の端が落とす影…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京の冬景色・・・嵯峨野「広沢の薄雪」

2月11日は寒波で広沢の池周辺にも午前中薄雪が舞った。愛宕山は雲に包まれ隠れたが、山々は薄雪をまとい寒々とした景観となる。群れすずめが畑に集い、カワラヒワの群れもそこに集まってくる。池の干潟にはアオサギが三々五々となる。広沢の池の静かな冬景色である。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more