テーマ:景色

琵琶湖のパワースポット、藤ヶ崎龍神

絶景の琵琶湖パワースポット藤ヶ崎龍神に初詣した。外宮にはお酒とお米を供え、内宮には卵とお酒とお米を供えて持ち帰りおさがりをいただく。すがすがしい気分で大きなパワーをもらった気がする。意図なく写真を撮ると龍神様のご利益の後光が写る1枚があり驚く。 あまり人が訪れてほしくない琵琶湖のパワースポットの龍神様。津田山山頂にある天之御中主尊神社…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山間の章、緑響く水鏡の流紋とヨシガモ

山間のため池で泳ぐヨシガモ。見事なまでの緑が響く水鏡の流紋のなかでヨシガモが景色を変化させる。それを追ってヨシガモの作る芸術を撮影してみた。 オカヨシガモ♂と水鏡の流紋 2019.12.23.撮影 オカヨシガモ♂と水鏡の流紋 2019.12.23.撮影 オカヨシガモ♂と水鏡の流紋 2019.12.23.撮影 オカヨシガモ♂と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帰帆島公園に見る景色とカンムリカイツブリ他

滋賀県草津市矢橋町にある帰帆島公園へ出かけてみた。毎年ここにはこの時期カンムリカイツブリがやってくる。この日見かけたのは2羽だったが一時的に比較的近くに寄ってくれた。いつも見かける小鳥たちはなぜか少なかった。琵琶湖越しに見る比良の連峰や比叡の景色はいつ見ても美しい。 帰帆島公園の日本庭園。ここには冬鳥が見られるが、この日は全く姿を見な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

嵯峨野広沢池の紅葉とミサゴ他の野鳥

嵯峨野広沢池と世界救世教平安郷庭園のイロハモミジの紅葉が見ごろとなった。ここの広沢池の景色は晴れて無風の時に水鏡に映える紅葉の彩で最高となる。そこに飛ぶミサゴや水鳥、野鳥の姿を自然観察した。 ホシハジロが休む広沢池の水鏡と平安郷庭園のイロハモミジの紅葉 2019.11.21.撮影 ホシハジロ、キンクロハジロなどが休む平安郷庭園と広沢…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋晴れの宝ヶ池公園紅葉散策

秋晴れの宝ヶ池公園を紅葉景色を楽しみながら散策してみた。池には水鳥も休み、秋の蝶たちもひなたぼっこしている。 宝ヶ池公園のモニュメント、エスタンピーダとドウダンツツジの紅葉 2019.11.14.撮影 公園のスズメ 2019.11.14.撮影 池のマガモ 2019.11.14.撮影 池にいる変わりマガモ 2019.11.14.撮…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋晴れの京都府立植物園

朝から爽やかな秋晴れとなった11月9日に京都府立植物園の開園時間の9:00に出向いた。まだ誰もいない温室前はまぶしいほどの秋の朝日であふれていた。見慣れた景色だがこの光で見る植物園は特に美しい。園内では小春日和でひなたぼっこする蝶などを観察できた。 京都府立植物園の大温室と千日紅、ケイトウ、カンナなどの花壇 2019.11.9.撮影 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋の広沢池とミサゴ

久しぶりに広沢池の秋景色を見に出かけた。ミサゴの様子やほかの水鳥たちは何が来ているか観察も兼ねている。ミサゴはいつもの杭で2時間ほど休んでいて12:00に飛び立ち小さな魚を捕らえ、杭に戻って食べている。水鳥ではキンクロハジロ、ホシハジロ、オオバンが入っていた。カイツブリも泳いでいる。いつもよりアオサギ、コサギ、カワウの姿は少ない。広沢の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

幻日による虹

10月28日の夕刻は夕日に向かい白い筋の光が見える幻日があった。太陽を背にするのでなく太陽に向かって見える環頂アークのような虹が幻日に伴い一時的に見れた。自然現象は不思議な光景を見せてくれる。 太陽に向かって見える虹 2019.10.28.撮影 太陽に向かって見える虹 2019.10.28.撮影
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平安神宮東神苑の泰平閣(橋殿)

平安神宮の東神苑は明治末期から大正初期に造られている。その栖鳳池には御所から移築された泰平閣(橋殿)と尚美館(貴賓館)がある。名園にある泰平閣にこの日は人がいないという光景に恵まれたのでその美しい姿を撮ってみた。 東山を借景とする東神苑にある栖鳳池鶴島亀島と泰平閣(橋殿) 2019.10.16.撮影 東神苑栖鳳池に架かる泰平閣(橋殿…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白馬八方尾根、八方池の花と景色(9月20日)

快晴の白馬八方尾根と八方池を巡ってきた。栂池自然園では時期が遅かった高山植物の花々もここではまだ少し咲いていた。また、風が収まると八方池の池面への白馬三山の鏡面映り込みも美しく鑑賞できた。そこで見た花たちと景色を少し紹介する。 黒菱平から見る快晴の白馬三山 2019.9.20.撮影 白馬三山(右から白馬岳2932m、杓子岳2812m…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

栂池自然園の花と景色(9月19日)

9月19日に午後から晴れを期待して栂池自然園を周遊した。残念ながら展望台では白馬大雪渓の景色は見れなかったが、ミズバショウ湿原、ワタスゲ湿原、浮島湿原等、雲に覆われて草紅葉の美しさを味わうことができた。花はほとんど終わっていたが、それでも違う状態を楽しめた。 栂池自然園に見るイワショウブ 2019.9.19.撮影 栂池自然園に見るウ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7月28日に見た第一なぎさ公園のひまわり

琵琶湖と比良山系を背景に春には菜の花、夏には12000本のヒマワリの花が咲くことで知られる第一なぎさ公園を、鈴鹿からの帰り道にヒマワリが見事に咲いているのを7月23日に車中から見て、7月28日の同じ帰り道に立ち寄ってみた。しかし、残念ながらこの日は前日の台風6号の所為か花が皆うつむいており、比良の山並みも霞んで見えなかった。それでも日曜…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ギンリョウソウと白馬・岩岳の景色

国営アルプスあづみの公園大町松川地区を乳川最上流の大洞下砂防堰堤から渓流沿いにオオルリシジミを探して歩いて下って見た。その折に堰堤付近の散策路で今まで見たこともないギンリョウソウの大群落に出会った。腐生植物の白いギンリョウソウの花があたり一面に咲いているのを見ると、薄暗い森の中で地中から白くて異様な幽霊が出ているかに見える。白馬を訪れて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三草山のゼフィルスの森の眺め

三草山にヒロオビミドリシジミやウラジロミドリシジミの飛ぶゼフィルスの森の空間でその蝶たちが飛ぶのを観察した。ゼフィルスだけでなく普通の虫たちも美しい。鹿が出てきているので糞が多く美しいセンチコガネも飛び回っている。 三草山のゼフィルスの森にある蝶の飛翔空間からの眺め 2019.6.9.撮影 ヒロオビミドリシジミ、ウラジロミドリシジミ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雲ケ畑中津川に見るサカハチチョウなど

雲ケ畑は昨年の台風21号の後、林道が損壊し、倒木や崖崩れもまだ十分整備されていない状態で、昨年春に見たムカシトンボやカワトンボなどの昆虫の姿があまり見られない。そんな林道を歩き、かろうじてサカハチチョウには出会うことが出来た。道筋、川筋に花も少ないが湿地のクリンソウ群落は残っていた。ウワミズザクラの花は満開でひときわ目立って新緑に映えて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新緑の宝ケ池公園に見る花やチョウなどの昆虫

新緑の宝ケ池公園にサラサヤンマが出ていないか見に出かけた。成虫は見れなかったがヤゴ殻が一つあり、もう発生していることがわかる。新緑の美しい池を一周するといろいろな花が咲いており、蝶などの昆虫の姿を観察できる。 新緑の宝ケ池と比叡山 2019.5.6.撮影 新緑の国際会館イベントホールと比叡山 2019.5.6.撮影 新緑の宝ケ池公…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鴨川で一番遅咲きとなる超豪華な菊桜

鴨川の今出川橋西岸の少し南に花弁が200枚以上になる菊桜が2本植えられている。金沢の兼六園には枯れる前に天然記念物に指定されていた兼六園菊桜があり、希少品種として珍重されていた。現在は後継の菊桜が佐野籐右衛門氏により育成され戻されているが、この2本も同じものだろう。京都の桜のトリを飾る遅咲き超豪華な桜なので一度は見られるとよいだろう。比…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新緑美しい大阪城とアカハラほか

新緑美しい大阪城を角度を変えて写してみた。周囲を回り野鳥を探すがこの日は寒くて西の丸庭園以外はあまり鳥の動きが良くなかった。 美しい大阪城天守閣 2019.4.27.撮影 美しい大阪城天守閣 2019.4.27.撮影 美しい大阪城天守閣 2019.4.27.撮影 美しい大阪城天守閣 2019.4.27.撮影 一番櫓のアカハラ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都御苑の遅咲きサクラ

京都御苑の遅咲きサクラが旬を迎えている。八重桜や胴咲桜、一重と八重が同じ木に咲く御車返桜などで、特に蛤御門から入った京都御所前の御車返桜は見事な花ぶりを見せる。 京都御苑近衛邸跡の遅咲き紅枝垂桜 2019.4.16.撮影 京都御苑の遅咲き紅枝垂桜 2019.4.16.撮影 京都御苑一条邸跡の八重桜 2019.4.16.撮影 京都…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

船岡山、建勲神社のサクラとコツバメほか

船岡山にキビタキとコツバメの姿を求めて出かけたが、確認できたのはクロジ、イカル、ウグイス、メジロ、エナガ、シロハラだった。コツバメは3月から出ているので飛び古した少数を見たにとどまる。この時期になるとアゲハチョウも飛んでいる。建勲神社のサクラはこの時期が最盛期のようだった。 船岡山のコツバメ。欠けた後翅から表翅の瑠璃色が垣間見える。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

修学院の山のコツバメなど春の蝶

修学院の山に新緑の季節が訪れ、コツバメなどの蝶が舞っていた。コツバメは3月から5月にかけてのみ発生する春の蝶で、表翅は瑠璃色だが裏翅は保護色で蠅が飛んでいるようにしか見えない。今年のサクラは開花が遅かったのでこの時期に山は美しい彩を見せる。 修学院の山に見る春の蝶、コツバメ 2019.4.13.撮影 コツバメは枯れ枝などにとまると保…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サクラ、コバノミツバツツジが満開でミヤマセセリの飛ぶ宝ケ池公園

サクラが満開となりコバノミツバツツジも美しく咲いた宝ケ池公園に春の蝶であるミヤマセセリが飛ぶようになった。園路や森の日だまりの枯葉の上にコナラで育った春しか見られない地味で美しいミヤマセセリが舞っている。 春四月に年一度現れて舞うミヤマセセリ 2019.4.9.撮影 コナラで育つのでそれのある園路や森の日だまりに見られるミヤマセセリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

賀茂川、高野川、松ヶ崎疏水の2019年のサクラ

賀茂川、高野川、松ヶ崎疏水を歩いて2019年のサクラを見て来た。昨年の台風21号で倒木、折枝等の被害を京都のサクラは受け、また老木化によりソメイヨシノの植え替え若返りも進んでいるので4~5年前ほどの満艦飾のサクラ風情はなくなったが、それでも立派に美しく咲いている桜を見るとホッとする。 この日満開となった賀茂川の北大路-葵橋間東岸のソメ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鴨川春景色

3月28日、桜が2分咲きとなった鴨川を、四条大橋から北大路橋まで歩き、春の景色を楽しんだ。はぐれアイガモの子がヒドリガモを親と間違い追いかける姿や、イカルチドリの雛が走り回る姿を見ることが出来た。ユキヤナギやボケの花は満開となっている。 鴨川四条大橋とユキヤナギ 2019.3.28.撮影 鴨川三条大橋 2019.3.28.撮影 鴨…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自然観察・・・コハクチョウが飛来した湖北の美しい景色

琵琶湖の湖北にコハクチョウが飛来して美しい姿を見せている。コハクチョウが餌をついばむとオオバンやホシハジロ、ヒドリガモ、キンクロハジロといった鴨たちがお相伴に集まってくる。本来ならこの時期は雪景色になるのだろうが今年は透明感のある冬晴れになった奥琵琶湖の景色が広がりコハクチョウたちがそこに融け込んでいる。 湖北にコハクチョウがいる景色…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自然観察・・・鴨たちのいる賀茂川の冬景色

今年は暖冬で12月8日に初霜が降りて以降また暖かくなった。そんなことでユリカモメの姿もまだ少ない。鴨たちの姿もまだ少ないがいつも集まるところにはそこそこの姿が見れるようになる。そんなことを考えていると早朝に鷺の集団(30羽を超える)とカワウの編隊(100羽はいるか?)が賀茂川の今宮通り付近に現れた。こんなに多くのこれらの鳥の数を賀茂川で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都府立植物園に見る日本の東屋の美

府立植物園にはいくつかの東屋が設けられている。植物園の美しい景色の中にそれらは庭園の造形物として自然と見事な調和美を見せている。 半木西池の東屋 2015.12.12.撮影 半木西池の東屋 2015.12.12.撮影 半木蓮池の東屋 2015.12.12.撮影 半木蓮池の東屋 2015.12.12.撮影 半木東池の東屋 201…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都紅葉散策・・・見ごろとなった京都御苑の紅葉、美しい京都御所

12月の7日になって快晴の日を迎え京都御苑の紅葉はピークとなった。御苑の紅葉と凛とした京都御所などの佇まいが京都御苑の美しさを見せている。御苑の森に今年は野鳥の姿が少ないが、出水の小川にはアトリが吸水に来ていた。京都御苑名物のビンズイもこれから数を増やすだろう。この時期のウグイスは目立たぬように藪中でうごめいている。 京都御苑森の文庫…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都紅葉散策・・・12月に入って紅葉が見ごろの仙洞御所

修学院離宮、桂離宮、仙洞御所は紅葉時期の11月末は3か月前の申込時期から予約で満杯になりなかなかチャンスに恵まれない。しかし、今年のように紅葉が遅れると12月のこの時期が穴場になり宮内庁京都事務所で比較的楽に予約を取れる。11月末の京都御苑の紅葉状態を見て12月第二週が見ごろと踏んで申し込んだ。結果として快晴の紅葉まっ盛りの日となり見事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都紅葉散策・・・今年は12月上旬が見ごろの京都御苑の紅葉

京都のどこも今年は紅葉がひどかったり遅れたりしているが11月下旬に緑葉の多かった京都御苑のイロハモミジは12月上旬になり見ごろを迎える。例年遅い下鴨神社よりさらに遅い紅葉の見ごろ時期になるだろうと思える。 11月末はまだまだ緑葉が多かった京都御苑の紅葉 2015.11.26.撮影 11月末の京都御苑の紅葉 2015.11.26.撮影…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more