テーマ:紅葉

初冬の京都御苑の紅葉と野鳥たち

12月13日で今年は初冬と言える気温となった。紅葉もすっかり終盤で、散り終えたモミジが多い御苑を歩き、残り紅葉と野鳥たちの姿を追ってみた。相変わらずまだ冬鳥の姿が少ない。 出水の小川のドウダンツツジの紅葉 2018.12.13.撮影 貽範碑付近の紅葉 2018.12.13.撮影 貽範碑付近の紅葉と散りモミジ 2018.12.13.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

晩秋の京都御苑の紅黄葉の吹き寄せとアトリ他の鳥

京都御苑の晩秋、初冬の紅葉や落ち葉の吹き寄せの景観を楽しみ、アトリ他落葉の中にいる鳥たちを観察してみた。 京都御苑バッタが原のモミジとイチョウの落葉の吹き寄せの景色 2018.12.8.撮影 京都御苑凝華洞跡のイチョウの落葉の吹き寄せ 2018.12.8.撮影 京都御苑母と子の森のマツカサに生えるマツカサタケ 2018.12.8.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

晩秋、初冬の紅葉残る京都府立植物園

寒波が来て人の姿の少なくなる京都府立植物園に紅葉と野鳥の取り合わせ、冬越しの虫の姿、晩秋の紅葉が残る景色を求めて出かけて見た。 半木池に残るモミジとドウダンツツジの紅葉 2018.12.10.撮影 半木蓮池東屋と晩秋初冬に残る紅葉 2018.12.10.撮影 半木池の人気のない東屋と散り紅葉 2018.12.10.撮影 半木池の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

武庫川渓谷旧福知山線廃線敷ハイキング

1986年に新線開通で廃線となった旧福知山線は2016年10月に安全対策が施されトンネルのある武庫川渓谷沿いの廃線敷を武田尾から生瀬までハイキングできるようになった。廃線敷の距離は5.5kmでゆっくり渓谷美観賞と真っ暗なトンネル探検を楽しみ歩いて楽しめる。ここは知人に教えてもらって知ることになり家内と歩いて見ようということになった。大勢…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

嵯峨鳥居本の紅葉と清滝試峠

愛宕山の一の鳥居がある嵯峨鳥居本に平野屋と鮎屋という茶屋が2軒ある。この茶屋を見下ろすイロハモミジの紅葉は京都の絶景ポイントの一つだろう。あまり一般には知られていないが、その撮影ポイントは旧軌道跡の清滝への道路から見る紅葉と茶屋の景色になる。近年は平野屋のモミジが少し変形したので鮎屋の方が見栄えがするようになった。また、清滝への試峠は行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

嵯峨野の紅葉と広沢池の野鳥

保津峡から嵯峨野へ散策して紅葉を楽しみ、鯉揚げが始まり干潟となった広沢池にいる野鳥を観察した。 嵯峨野で間近に見る大文字の鳥居形(曼荼羅山) 2018.12.1.撮影 嵯峨野大覚寺付近に見るイロハモミジの変化紅葉 2018.12.1.撮影 12月1日から恒例の鯉揚げが始まった広沢池 2018.12.1.撮影 鯉揚げで水が抜かれて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

錦秋の保津峡散策

12月に入っても暖かい日が続くが、保津峡は錦秋の景色となっていた。ここはトロッコ嵯峨野駅からトロッコ亀岡駅(馬堀)に至る渓谷と紅葉を楽しむ観光トロッコ電車も通り、亀岡から嵐山への保津川下りも急流の景観や操船の醍醐味を楽しむことが出来る。JR保津峡駅から清滝へ抜ける道を歩き、愛宕念仏寺から大覚寺、広沢池、山越へと散策して見た。 保津峡の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

二条城の紅黄葉と野鳥たち

二条城は京都市が70歳以上入場無料としていてありがたい。多くの観光客でにぎわう世界遺産の一つがいつでも自由に散策できる。二の丸御殿は常時人で溢れているが南桜園や梅林付近は人も少なく野鳥を観察する適所となっている。例年ならここでルリビタキ他いろいろな野鳥が見られるが、今年はあまり数が多くない。イロハモミジの紅葉やイチョウの黄葉が11月末と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

臨時休園明け、晩秋の京都府立植物園の花と紅葉

晩秋になって花が少なくなった京都府立植物園。皇帝ダリアと皇帝ひまわりはこの時期に美しく咲いている。台風21号で散々な姿になった名物フウの大木はみじめな紅葉を見せていた。11月末はイロハモミジの紅葉が雨上がりで特に美しい。四季桜は紅葉と色を競う。 コダチダリア(皇帝ダリア) 2018.11.29.撮影 ニトベギク(皇帝ひまわり) 20…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

賀茂川の秋に見る鳥たち

どこへ行っても鳥の少ないこの秋だが賀茂川のカモなどの鳥たちの姿を見ながら丸太町橋から出雲路橋までを歩いて見た。 賀茂川から見る比叡山の四明ヶ岳、大比叡と秋の紅葉 2018.11.27.撮影 賀茂川に水を飲みに降りているトビ 2018.11.27.撮影 賀茂川に水を飲みに降りて飛び立つトビ 2018.11.27.撮影 今年は出町付…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都御苑の紅葉散策

京都御苑の紅葉は11月20日から末にかけて一番の見ごろになる。11月27日にその盛りを見て歩いた。 乾御門付近の紅葉。ここの紅葉はイチョウとモミジ、ニシキギなどが混色し、12月10日頃一番遅く美しい紅葉の景色を見せる。 2018.11.27.撮影 乾御門付近の紅葉。モミジとイチョウがまだこの時期では色付いていない。 2018.11.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夙川・香瀘浜の朝に見る紅葉とユリカモメ

夙川と香瀘浜を朝散歩して紅葉とユリカモメなどのいる景色を楽しんだ。何度か秋冬にここを訪れるが、今年はここも鳥の数が少ない。 夙川の紅葉朝景色 2018.11.25.撮影 夙川の紅葉朝景色 2018.11.25.撮影 夙川の紅葉朝景色 2018.11.25.撮影 夙川の桜並木紅葉朝景色 2018.11.25.撮影 ユリカモメのい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

錦秋の宝ケ池

11月21日に宝ケ池の秋を見に出かけた。野鳥の森の朝日を透かせて輝くモミジは実に美しい。モチツツジが狂い咲きしており、サザンカの花もこれからだ。赤い実のなる木があちこちにあり、カラスサンショウの実もたわわだが、小鳥の姿が見られない。メジロがかろうじて姿を見せた程度だった。池にはオシドリもおらず、ホシハジロとマガモ、カルガモだけで、カルガ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無鄰庵(山懸有朋別荘)庭園の秋

山懸有朋が明治27~29年に造営した京都別荘の名勝無鄰庵庭園の秋を見に出かけた。まだ完全な紅葉には少し早かった。 薮内流燕庵を模して造られた庭園の茶室 2018.11.15.撮影 琵琶湖疏水を引き込んだ庭園の紅葉 2018.11.15.撮影 七代目小川治兵衛が作庭した庭園の紅葉 2018.11.15.撮影 岡崎南禅寺界隈の別荘群…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南禅寺の秋

動物園の帰り南禅寺を歩いて秋の風景を楽しんだ。何度も出かけているが今年はまだ紅葉が本格的ではない。 南禅寺天授菴白壁築地塀と紅葉 2018.11.15.撮影 南禅寺水路閣と紅葉 2018.11.15.撮影 南禅寺本坊築地塀と紅葉 2018.11.15.撮影 南禅寺法堂渡り廊下と紅葉 2018.11.15.撮影 南禅寺法堂とハゼ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花脊大見尾根の秋、台風24号の爪痕とキノコ探し

9月30日に台風24号が京都を直撃して倒木による被害が甚大となり、10月15日まで花脊峠への道は通行止めとなっていた。一度その被害の様子を見に行こうと思っていたので11月12日朝に出かけて見た。花脊大見尾根の道はかなり整備されていたが随所にその爪痕が見れた。特に杉林の倒木がひどく、まだ電線にそれがかかったままの状態のところも残る。市内で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都御苑に見る『閑院の宮邸跡』庭園榎の黄葉他

京都御苑に公開されている『閑院の宮邸跡』に見事に黄葉した榎が見せる景色他、樹齢300年の大木『清水谷家の椋』や『枇杷殿跡』付近の榎の大木と相生の柿の黄葉を写してみた。 『閑院の宮邸跡』庭園に見る黄葉した散り榎の落ち葉と玄関門 2018.11.10.撮影 『閑院の宮邸跡』庭園に見る黄葉した榎と復元宮家建物の展示室 2018.11.10…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マキノ高原のメタセコイア並木

マキノスキー場に向かう道に延長2.4kmのメタセコイア並木がある。約500本の木々が林立しており、高原へのアプローチとして雰囲気ある景観を見せている。「新・日本街路樹百景」にも選定され、黒河林道への自然観察の折に春夏秋冬、それぞれの美しい景色を楽しませてくれる。 マキノ高原メタセコイア並木の案内板 2018.11.7.撮影 マキノ高…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

植物園に二日続けてイラガ?の幼虫を食べに来たツツドリ?

植物園のモミジ、カエデや台風の被害を受けたクヌギにはこの時期に終令のイラガ?が食害する葉が目立つ。どこにその虫がいるのか樹下から見ているとわからないが、二日続けて姿を見せたツツドリと見られる野鳥が長時間その虫を捕り食べていた。1羽が食べていた虫の数は20以上を数えただろう。蛹になったイラガは鳥の餌になるが、老熟幼虫も毒液がこの時期には出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北小松にある景観見事な楊梅の滝

北小松に落差40mの雄滝、15mの雌滝が見られる美しい楊梅の滝がある。JR湖西線の車窓から見えるが、車で161号線を走ると、ここにこのような大きな滝があったかと思わずにいられない。7月の大雨で滝への木道が崩落したので現在は涼峠への山道を経由して滝見台から二つの滝壺に向かう。滝見台から見る雄滝の景観は非常に壮大な姿をしている。道筋から見る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水面に映る緑の美しい今津酒波のもみじ池

今津酒波の林道脇にあるもみじ池を訪ねてみた。あいにく着いた時に雨が降り始め、しばらくして晴れ間も出たが、かえってそれが違う緑の表情を見せてくれた。八ヶ岳の御射鹿池の池面に響く緑も美しいが、この池の緑も負けないくらいに美しい。しばらく雨から晴れ間の変化まで待ってそこで写してみた。 今津酒波の家族旅行村「ピラデスト今津」への林道脇にあるも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宝ケ池にオシドリの来る季節

久しぶりに宝ケ池の山間園路を巡ってみた。台風の倒木の整備が進んでいて、この時期は野鳥もきのこも見当たらなかった。池の周りを巡るとオシドリが一羽来ていた。ようやく冬鳥のシーズンが始まると思う。台風被害の変化にもめげずやってきたかと感慨一入だった。池の周りは紅葉が始まっている。ユリノキやカツラの紅葉と黄葉が美しい。 宝ケ池のオシドリ 20…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブナ原生林でのキノコ観察

滋賀のブナ原生林へキノコ観察に出かけた。あいにくほとんどキノコは見つからない。道筋の紅葉が進み、リンドウやアキノキリンソウが咲き、季節外れの春の花イワカガミが一輪咲いていた。また、途中立ち止まり、ヒサマツミドリシジミののポイントを10:00に観察したが、12度で無風という条件で1♀の移動飛翔を見ることが出来た。10月26日に15回目の観…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朽木憩いの森の紅葉

朽木憩いの森に自然観察に出かけ、紅葉の始まった木々を見て回った。野鳥もほとんどおらず、虫の姿も少ない。アキアカネやキタキチョウが飛ぶ姿だけ目についた。 アキアカネの連結飛翔 2018.10.26.撮影 アキアカネ 2018.10.26.撮影 ダンドボロギクの花とキタキチョウ 2018.10.26.撮影 イタヤカエデの紅葉 201…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

相国寺の紅葉2017

相国寺の鐘楼前のモミジなどは11月末に毎年美しい紅葉を見せる。通りがかりにその姿を写してみた。 相国寺鐘楼の紅葉 2017.11.30.撮影 相国寺鐘楼の紅葉 2017.11.30.撮影 相国寺鐘楼の紅葉 2017.11.30.撮影 相国寺の紅葉 2017.11.30.撮影 相国寺の紅葉 2017.11.30.撮影 相国寺の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美しい仙洞御所の紅葉

仙洞御所が当日参観可能になり、11月30日に偶然その前を通ると空きがあって1時間の待ち時間で紅葉美しい御所庭園を巡る機会に恵まれた。これは常々御苑を散策しているおかげかと思う。参観順路に沿い私が見た庭園の紅葉をご紹介する。11月末は紅葉の一番美しい時期なので今まではこの時期に申し込んでも参観が非常にむつかしかった。 仙洞御所庭園北池 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都府立植物園の大木フウの紅葉

京都府立植物園蓮池にあるフウの大木は毎年11月末に素晴らしい紅葉を見せてくれる。今年は台風21号で植物園の大木が100本以上被害にあったがこの大木は無事だった。今年もその姿をカメラに収めてみた。 フウの大木の紅葉 2017.11.28.撮影 フウの大木の紅葉 2017.11.28.撮影 フウの大木の紅葉 2017.11.28.撮影…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都府立植物園晩秋のイロハモミジの紅葉とエナガの水浴び

いよいよ植物園の紅葉の最後が近づいた。半木池や生態園のイロハモミジ(高雄モミジ)が見ごろとなった。蓮池のせせらぎでエナガが水浴びをしていた。 半木池のイロハモミジの紅葉とマガモ 2017.11.28.撮影 半木池のイロハモミジの紅葉とマガモ 2017.11.28.撮影 半木池のイロハモミジの紅葉 2017.11.28.撮影 半木…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都紅葉紹介・・・哲学の道・南禅寺・安楽寺・法然院の紅葉

永観堂の紅葉狩りの通り道として南禅寺、哲学の道、安楽寺、法然院を歩き紅葉状況を確かめてみた。哲学の道は昔見た鮮やかで見事な光景が記憶に残っているので今年もあまり美しくない。南禅寺、安楽寺、法然院も夏の暑さが縮れをもたらしモミジの紅葉に良い影響を与えていない様だった。 南禅寺の紅葉 2017.11.25.撮影 南禅寺の紅葉 2017.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都紅葉紹介・・・3000本のモミジが彩なす永観堂の紅葉

「京都で一番美しい紅葉が堪能できるところはどこか?」と問われれば迷わず永観堂と答えるだろう。東福寺の2000本のモミジの紅葉も美しい、また、色彩豊かな嵐山の常寂光寺、三千院の詫びのある紅葉も美しい。しかし、手入れされた3000本のモミジが彩なす広大な境内でみる紅葉は寺宝の数々とともに十分すぎるほど充足感を与えてくれる。一番見ごろの11月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more