テーマ:観光

京都の五山送り火

今年も8月16日の夜を染める五山の送り火が昨夜行われた。お盆に帰宅されていたお精霊さんを冥土へお送りする京都の厳粛な伝統行事になっている。今年は帰宅していた二男を出町まで送り送り火は自宅前から左大文字を見るにとどめた。京都の伝承行事に関心を持ち写真を撮りまくっていた時とはだいぶ熱が違う。明治の20年ころまで灯されていたという市原のかな頭…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

休憩室・・・大文字山火床からの眺望

ちょっとお出かけでお休みです。晴天の冬日は大文字山火床からの眺望がすばらしい。 大文字山火床最上部からの眺め 2018.2.27.撮影 大文字山火床中央部からの眺め 2018.2.27.撮影 大文字山火床中央部付近からの眺め 2018.2.27.撮影
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神戸動物王国で見たバードショー

神戸動物王国へ出掛けたが、花鳥園として見た時とずいぶん様変わりしていて楽しめた。特にバードショーは充実していてハリスホークなど猛禽類だけでなくシベリヤワシミミズクやベニコンゴウインコ、ルリコンゴウインコなどの飛翔は見ていて圧巻だった。この日は2回ショーを楽しんだ。 エジプトハゲワシのフライトショー 2018.2.4.撮影 エジプトハ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本最古都七福神まいり

京都が発祥の地とされる「都七福神まいり」は民間信仰の七福神まいりの中でも最古のものとされ、福運を授かる願掛けとして多くの人に巡拝されている。特に新春にそれをめぐるとご利益が大きいとされるところから私は昭和64年(平成元年)元旦にゑびす神(京都ゑびす神社)の色紙をいただき朱印を集めて巡拝してから5年ごとに色紙を変え朱印を集めるようにした。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

景観散策・・・冬の宝ケ池

宝ケ池は一周すると1.8kmの散策となる。美しい景観は冬晴れの日はひときわ澄み渡る。 冬の宝ケ池、比叡山と国際会館 2017.12.12.撮影 冬の宝ケ池、比叡山と国際会館 2017.12.12.撮影 冬の宝ケ池、横高山・水井山と国際会館 2017.12.12.撮影 高山と宝ケ池 2017.12.12.撮影 冬の宝ケ池の東屋 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

相国寺の紅葉2017

相国寺の鐘楼前のモミジなどは11月末に毎年美しい紅葉を見せる。通りがかりにその姿を写してみた。 相国寺鐘楼の紅葉 2017.11.30.撮影 相国寺鐘楼の紅葉 2017.11.30.撮影 相国寺鐘楼の紅葉 2017.11.30.撮影 相国寺の紅葉 2017.11.30.撮影 相国寺の紅葉 2017.11.30.撮影 相国寺の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美しい仙洞御所の紅葉

仙洞御所が当日参観可能になり、11月30日に偶然その前を通ると空きがあって1時間の待ち時間で紅葉美しい御所庭園を巡る機会に恵まれた。これは常々御苑を散策しているおかげかと思う。参観順路に沿い私が見た庭園の紅葉をご紹介する。11月末は紅葉の一番美しい時期なので今まではこの時期に申し込んでも参観が非常にむつかしかった。 仙洞御所庭園北池 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都府立植物園の大木フウの紅葉

京都府立植物園蓮池にあるフウの大木は毎年11月末に素晴らしい紅葉を見せてくれる。今年は台風21号で植物園の大木が100本以上被害にあったがこの大木は無事だった。今年もその姿をカメラに収めてみた。 フウの大木の紅葉 2017.11.28.撮影 フウの大木の紅葉 2017.11.28.撮影 フウの大木の紅葉 2017.11.28.撮影…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都紅葉紹介・・・哲学の道・南禅寺・安楽寺・法然院の紅葉

永観堂の紅葉狩りの通り道として南禅寺、哲学の道、安楽寺、法然院を歩き紅葉状況を確かめてみた。哲学の道は昔見た鮮やかで見事な光景が記憶に残っているので今年もあまり美しくない。南禅寺、安楽寺、法然院も夏の暑さが縮れをもたらしモミジの紅葉に良い影響を与えていない様だった。 南禅寺の紅葉 2017.11.25.撮影 南禅寺の紅葉 2017.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都紅葉紹介・・・3000本のモミジが彩なす永観堂の紅葉

「京都で一番美しい紅葉が堪能できるところはどこか?」と問われれば迷わず永観堂と答えるだろう。東福寺の2000本のモミジの紅葉も美しい、また、色彩豊かな嵐山の常寂光寺、三千院の詫びのある紅葉も美しい。しかし、手入れされた3000本のモミジが彩なす広大な境内でみる紅葉は寺宝の数々とともに十分すぎるほど充足感を与えてくれる。一番見ごろの11月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安曇野・白馬旅行で癒された美しい国「日本」の風景

安曇野・白馬地方は何度訪れてもその美しい景色に魅了され癒される。今回もその訪れた先々で美しい景色が美しい国「日本」の原風景を見せていた。 常念岳や美ヶ原が見晴らせるアルプス安曇野公園の景色 2017.5.14.撮影 アルプス安曇野公園の鯉のぼり 2017.5.14.撮影 親海湿原のミツガシワ群落 2017.5.15.撮影 親海湿…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

景観散策・・・連休小雨の日の鞍馬貴船

5月6日の小雨降る日に鞍馬山から貴船口まで歩いた。さすがに連休終盤で雨の日となると鞍馬山の人出は少なかった。しかし、貴船は雨でもにぎわっていた。 連休雨の日の鞍馬寺仁王門 2017.5.6.撮影 鞍馬寺ケーブルアプローチ参道 2017.5.6.撮影 鞍馬寺金堂脇の八重桜と藤 2017.5.6.撮影 鞍馬寺金堂脇の八重桜と藤 20…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2017京都の桜・・・京都御苑の遅咲き桜

京都御苑の近衛邸桜、出水の小川にある八重桜と御衣黄桜、京都御所清所門前の御車返桜など遅咲きの桜を見て回った。 花散る里となって葉桜が美しい近衛邸跡早咲き糸桜 2017.4.15.撮影 近衛邸近衛池際にある早咲き糸桜 2017.4.15.撮影 近衛邸跡早咲き糸桜と遅咲き紅枝垂桜 2017.4.15.撮影 近衛邸跡遅咲き紅枝垂桜 2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都の花と寺2017・・・天竜寺曹源池庭園、百花苑の花

天竜寺の春は曹源池庭園の吉野桜から始まる。そしてミツバツツジが満開となるころ百花苑に咲き乱れるシャクナゲやレンギョウ、ヤマブキ、ボケ、トキワマンサクなどの花々が桜の花と美しさを競い合う。今年は桜の開花が遅れたのでその百花繚乱ぶりは実に見事な光景となった。 嵐山や亀山を借景とする天竜寺曹源池庭園 2017.4.14.撮影 嵐山や亀山を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

景観散策・・・2017年嵐山渡月橋付近の桜

2017年4月14日(金)は快晴となったので嵐山へ出向き渡月橋付近の桜の眺めを撮影してみた。朝の9:30くらいはまだ人通りもそう多くなく、美しい嵐山の景観を楽しめた。 嵐山渡月橋の桜。普段は人垣でこの位置から撮影は困難なところ。 2017.4.14.撮影 嵐山渡月橋と桜。渡月橋に車がない写真はこの時間帯でないと難しい。 2014.4…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2017年大阪城公園の桜

大阪城公園の桜を撮影したくなり野鳥観察がてら出かけてみた。今年はソメイヨシノの開花が遅れたので4月12日は満開状態だった。 大阪城公園の桜 2017.4.12.撮影 大阪城公園の桜 2017.4.12.撮影 大阪城公園の桜 2017.4.12.撮影 大阪城公園の桜 2017.4.12.撮影 大阪城公園の桜 2017.4.12.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2017年、八幡の背割堤桜の圧巻の眺め

京都新聞に掲載された八幡の木津川、宇治川、桂川三川合流地域にある背割堤の公園にある桜並木を見に出かけた。シーズンには京都市内の桜ばかりを見ていたのでここを桜時期に訪れるのは初めてになる。さすがに京都府内人気度第一位と言うだけあって1.4kmの堤に250本ものソメイヨシノの老大木が植えられている並木道の景観は圧巻そのものだった。桜トンネル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2017年の今津弘川ザゼンソウ群落

雪の頃今津弘川のザゼンソウ群落を訪れた時は荒れた状態だったザゼンソウが4月4日に見に行くと立派な株の群落となり独特の花を見せていた。3月末が見ごろというが、今年は春が遅れたので4月初めが良かったのかもしれない。 今津弘川にあるザゼンソウ群落の滋賀県による形態及び分布案内板 2017.4.4.撮影 今津弘川の湿地にあるザゼンソウ群落 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

史跡探訪と野鳥観察・・・美しい平城宮跡公園の梅林とアリスイ

奈良の平城宮跡公園を訪れ、史跡探訪をするとともにそこで越冬しているアリスイやほかの野鳥たちを観察した。この日アリスイのほかに見た野鳥はアオジ、ジョウビタキ、ホオアカ、ホオジロ、ツグミ、モズ、メジロ、ムクドリ、ヒヨドリ、コガモ、マガモだった。 平城宮跡公園の復元大極殿 2017.3.16.撮影 復元大極殿から見る景観 2017.3.1…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

京都三大火祭りの一つ・・・春を呼ぶ勇壮な嵯峨清凉寺お松明式

3月15日は大文字、鞍馬の火祭と並び京都三大火祭りに数えられる清凉寺のお松明式が催される。3本の大松明が境内に設けられ護摩木を焚いた火が入り、その年の早稲、中稲、晩稲の作柄が占われる法事と言う。境内の狂言堂が修理に入ったので、今年からしばらくの間、この日に合わせて演じられる無言劇の嵯峨大念仏狂言は本堂東廊下で開催されることになった。スペ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都紹介・・・嵯峨七ツ塚古墳群の雪景色

嵯峨広沢の野畑に点在する嵯峨七ツ塚古墳群の雪景色を撮影したくなり2月10日に雪が降ったので11日の朝に出かけてみた。嵯峨野には古墳が多いがこの嵯峨七ツ塚古墳群は1号墳こそ損壊して見あたらないが2号墳から7号墳までは円墳の形を現在にとどめている史跡である。 嵯峨七ツ塚古墳群2号墳。右京区北嵯峨の農地に残る円墳で石室の石が露出している。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都紹介・・・祇園の花街他京都文化が残る界隈に見る正月飾り

最近は歳神様の依り代となる根付き松の門松や注連縄など、一昔前には京都の街ならどこにでも見られた正月飾りが見られなくなった。住宅様式が変化しそういう飾りをつけるところもなくなり、それらの意味も世代変化とともに忘れてしまったのだろう。伝統的景観保存地区を含む祇園界隈にもその傾向があるが正月準備の整った花街など祇園地域で正月飾りを見て歩いた。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都紹介・・・初詣準備の整った京都紫野の今宮神社

平安京を設計する基点となった船岡山周辺は貴族遊興の地で、紫野の地名から紫の色を染める高貴な植物が生えていたことを偲ばせる。船岡山北麓にあってこの地の氏神的存在になっている今宮神社では、12月30日にはすでに美しく清められ迎春の初詣を待つ準備が整っていた。元旦には大勢の参詣者で込み合うこの境内も年末には凛とした空気が漂って、人のいない静粛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2017年迎春・・・八坂神社

初詣で八坂神社は非常な混雑となるが私は12月30日に一足早いお参りを済ませてしまう。2017年の装いはすでに整いこの時期に参拝すると静粛な初詣気分を少ない人の中で味わえる。 八坂神社楼門 2016.12.30.撮影 八坂神社本殿 2016.12.30.撮影 2017年酉年開運招福絵馬 2016.12.30.撮影 八坂神社鳥居本中…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

京都水族館の人気者たち(オオサンショウウオ・アザラシ・ペンギン・クマノミ・クラゲほか)

京都水族館の人気者NO.1は何といっても体長1.5mはあるオオサンショウウオだろう。オットセイ、アザラシ、ペンギン、マンタ、クマノミ、クラゲ他、見ていて癒されたり色形の美しさに魅せられるものも多い。今日はその中の一部をご紹介する。 京都水族館名物の特別天然記念物オオサンショウウオ 2016.12.28.撮影 オットセイの泳ぎ 201…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都水族館に特別展示されているチンアナゴとニシキアナゴ及びメルヘンチックなシロボシアカエビ

京都水族館に期間限定で展示されているチンアナゴとニシキアナゴ、メルヘンチックなシロボシアカエビを見てきた。数多くのこれらアナゴのひょうきんな顔を見ていると何とも癒された気分になる。また、サンゴ礁を模した水槽にいるシロボシアカエビもクリスマスシーズンの歳末に似合う美しい姿を見せている。 京都水族館に特別展示されていたチンアナゴ 2016…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都紹介・・・京都水族館のイルカショー

京都水族館の年券を持っているので午後から出かけてみた。14:00のイルカショーを観覧する。ここのイルカのパフォーマンスは東寺の五重塔を背景にして行われるので海辺の水族館のショーとは異なる趣がある。イルカは合唱、転回、ジャンプ等、多彩な動きを見せてくれる。観客はイルカのパフォーマンスを楽しんでいるが、トレーナーによると一番楽しんでいるのは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都紹介・・・クリスマスの日に開かれる「終い天神」(北野天満宮の今年最終になる縁日)

12月25日は天神さん(北野天満宮)の今年最終の縁日になる。多くの参拝者でごった返す。21日に東寺の「終い弘法」が開かれ25日の「終い天神」になるといよいよ京都は歳末気分が盛り上がる。正月に向けた花木や飾り、正月準備の品々とともに弘法さんと天神さんは骨董市でもあり、玉石混合の掘り出し市にもなっている。ここを見て歩くと目利きが確かなら時に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都紹介・・・上賀茂神社の強い神気を感じさせるパワースポットの摂社と末社

上賀茂神社の本殿の周りを御物忌川、楢の小川として流れた清流は御手洗川(明神川)と名を変え社家の方に流れてゆく。本殿にお参りした後はこの横の小径を歩き末社の岩本神社、摂社の賀茂山口神社へお参りされることをお勧めしたい。賀茂山口神社のある渉渓園は賀茂曲水の宴の開かれるところでもあり、その奥には森閑とした二葉姫稲荷のお山もある。神仏毀釈でなく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オーストラリア観光・・・世界遺産ケアンズグリーン島とケアンズ周辺の景色

オーストラリアの自然観察旅行で行ったツアーのグリーン島とネーチャガイドに案内してもらったケアンズ周辺やコッパーローブダム周辺等の景色を紹介する。 ケアンズから船で45分ほどのところにある美しいサンゴ礁の島、世界遺産グリーン島。昔は麻薬取引の島だったらしい。グリーンさんの島という個人名が付いた島。 2016.12.2.撮影 ダイビング…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more