テーマ:

京都の公園に姿を見せたクロツグミとオオルリ、キビタキと常連鳥

京都の公園に春の渡りでクロツグミやオオルリ、キビタキが姿を見せた。クロツグミやオオルリは大きな声で美しく囀っている。常連鳥のアオジは顔が黒くなり、ビンズイもまだ多く残り餌を捕っている。シジュウカラの雛も大きくなった。 甲高い声で囀るクロツグミ♂ 2021.4.14.撮影 イロハモミジにとまり囀るクロツグミ♂ 2021.4.14.撮影…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都の谷のコマドリ観察 2021.4.12.

観察できる内にと2021年4月12日に10日に引き続き京都の虫の多い北の谷へコマドリの観察に出掛けた。この日は2羽のコマドリが採餌する姿を間近で見せてくれ10日に続きコマドリ三昧の時間を過ごすことができた。同じ北でも虫の少ない谷や東山へも出かけているが今年はまだそちらには渡りがないようだ。 京都の谷で採餌するコマドリ 2021.4.1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

賀茂川に見るイカルチドリやコチドリなど

賀茂川中州の礫地にはイカルチドリやコチドリがこの時期営巣して子育てする。現在、イカルチドリが4羽の雛を育てているのを観察している。コチドリが営巣しようとする中州礫地はカラス銀座と呼べるほど外敵カラスが多い。ここではおそらく営巣しても子育ては成功しないだろう。ほかに周辺にいた小鳥たちを写してみた。 外敵の侵入を見守るイカルチドリ親♂? …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年の京都のコマドリとの出会い 2021.4.10.

例年コマドリが訪れる京都の谷を見て回るが、今年も4月になって虫の多い谷に3羽のコマドリが入っていた。虫の少ない谷には見つからず、この谷を探しに行くといつものポイント近くで美しい声で囀っている。今年初めてこの谷の観察に出向いて早々の出会いに恵まれ、その後も3ポイントで交互にいろんな生態を観察させてくれる鬼日だった。コマドリ三昧の時間を過ご…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

賀茂川で見るノビタキ

4月になり賀茂川にノビタキが遡上してきた。川虫を食べて一時的に滞在する。セイヨウカラシナが咲く賀茂川の中州でのどかな虫取り飛翔をする様をしばし観察する。 賀茂川で虫を捕るノビタキ♂ 2021.4.9.撮影 賀茂川で虫を捕るノビタキ♂ 2021.4.9.撮影 賀茂川で虫を捕るノビタキ♂ 2021.4.9.撮影 賀茂川で虫を捕るノビ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都貴船で観察したスギタニルリシジミ、ミソサザイ、鹿害がないので見れる野草たち

60年前よくスギタニルリシジミ採集に訪れた貴船に出かけ、スギタニルリシジミやミソサザイ、ほか自然豊かな野草を観察した。観光地で鹿が出没しない場所は野草も豊かで春を十分に味わえる。 数は少ないが大栃で育つスギタニルリシジミは今も生き残っている。 2021.4.8.撮影 採集に来ていたMさんに♀の表翅を撮影させてもらった。 2021.4…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都府立植物園の樹木の花ほか

京都府立植物園で4月2日と5日に見た樹木の花を掲載する。もう冬鳥たちの姿はほとんど消えた。 イロハモミジとアオジ♂ 2021.4.5.撮影 イロハモミジでクモを捉えたエナガ 2021.4.5.撮影 まだ居残るシロハラ 2021.4.5.撮影 オオカメノキ 2021.4.2.撮影 ザイフリボク 2021.4.2.撮影 シジミバ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

貴船奥の院のスギタニルリシジミ

貴船奥の院の大栃で発生するスギタニルリシジミに会いに出かけた。60年前の中学生時代にこの付近でこの蝶を仲間の昆虫少年たちとしのぎを削って採集した懐かしさがある。今はこういう昆虫少年はどこにも見当たらないのが寂しい限りだ。当時は4月の半ば以降の発生で私は4/29の祝日に出かけるのが常だった。貴船川にはムカシトンボも多くその素早い飛翔をとら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イワツバメのコロニー巣作り観察他

春になりイワツバメの群れが大挙して例年巣を作る橋の下に飛んでいた。新しいコロニーとしての巣作りが始まったようだ。土手や河原の泥や枯草を集団で集めては橋の下に運んでいる。集団で巣作りするので完成は早いのだろう。川原ではセグロセキレイが縄張り争いか、けんかをしていた。また、川筋にはベニシジミが出ていて1頭は羽化障害か羽にきれいに穴が開いてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3月26日に孵化後の賀茂川中州のイカルチドリ観察

賀茂川中州で3月26日に孵化したイカルチドリの雛のその後を29日に観察に出掛けた。2日経つので雛はもう元気よく中州の礫地を歩き回っている。広い範囲で雛たちは動き回るので親が監視するのも大変だ。時間をかけて見ていたが私の肉眼では雛を3羽しか見つけられなかった。観察していると礫地にはいろんな鳥が訪れる。アメリカヒドリを含むヒドリガモの集団が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宝ケ池の春(2021年3月27日)

2021年の宝ケ池の春は3月27日にソメイヨシノが満開になり、コバノミツバツツジも美しく咲いた。鳥たちはほとんど姿を見せなかったが桜やコバノミツバツツジに訪れるシジュウカラがかわいい。アトリもオスは頭が黒くなって精悍な姿になっている。ツマキチョウ♂の飛翔、♀の小休止を撮ってみた。 宝ケ池国際会館のソメイヨシノ 2021.3.27.撮影…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

賀茂川のイカルチドリ孵化観察

賀茂川で抱卵していたイカルチドリの4個の卵が3月26日に孵化した。親は卵の殻をカラスに見つからぬように川に棄てに行き粉砕する。孵化した雛はすぐによちよち歩きできるがしばらくは親の懐に抱かれて隠れている。♂♀が交代で世話し雛の面倒を見ていないときに羽繕いや外敵の監視をする。あまり長く雛の面倒を見ずメスに交代を求めに来たオスを怒るメスの生態…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

公園のカツラの種を食べるマヒワの群れ

賀茂川の公園のカツラの種を食べたマヒワの群れが数日その種に執着して公園に訪れた。朝、人の少ない頃カツラの枝の種や地面に落ちた種をついばみ活動している。ここのカツラは種をずいぶんつけているのでどこまで居つくのだろう。地面に落ちた種をついばむ姿は他ではあまり見ていない。 公園の地面に落ちたカツラの種をついばむマヒワ♂ 2021.3.19.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春雨降る3月16日の京都府立植物園自然観察(ソメイヨシノ、大枝垂れ桜の開花)

3月16日に春雨が時折降る中、京都府立植物園を歩いてみた。ソメイヨシノが開花をはじめ、大枝垂れ糸桜も一分咲きとなっていた。白花と紅花のユキヤナギは満開で美しい。この1週間ノシランの青い実を食べに来ているヒレンジャクを追ってみたり普通に園で見られる野鳥の姿も写してみた。冬鳥たちがいなくなると冬から春に季節が入れ替わる。 この時期はよく姿…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カワガラスの子育て観察 2

カワガラスの巣立ちを継続観察するべく出掛けてみた。しかし、この日も午前中の観察では巣の中の雛は巣立ちせず親が忙しく餌を運ぶだけだった。巣立ちした雛は本流に1羽、堰堤上段奥に1羽いて本流の雛は親に給餌して貰っていた。餌を捕りにゆく時の飛び立ちの動作を中心に生態観察したが、ほとんどのケースで堰堤の縁に来て羽をばたつかせてから飛び立つ。オスは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カワガラスの子育て観察 1

カワガラスの子育てを観察した。2月はじめから抱卵が始まりその巣立ちがいつかと観察していたが3月18日に2羽巣立ち、まだ巣の中には2羽ほど元気に餌をねだる声がしている。朝に巣立った1羽の雛は観察した時はすでに堰堤の隅に隠れていた。もう1羽は巣から顔を覗かせていたが観察を終えたその日の午後には本流の方に向かったようだ。翌日に観察すると本流で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

この時期に賀茂川で見る野鳥たち

賀茂川の北大路から上流に野鳥の姿を観察しに連日出かけてみた。珍しくアオシギが2か月ぶりに幸運にも姿を見せた。また、マヒワもカツラの種やクスノキの虫を求めて群れが一時的に公園に訪れた。ベニマシコもまだ稀に姿を見せるようでコジュケイの声もしていた。 今年はよく姿を見せるハシビロガモ 2021.3.15.撮影 今宮付近にヒドリガモとともに…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

2021年3月12日の京都府立植物園の自然観察(美しくなったジョウビタキ♂ほか)

3月12日の京都府立植物園の自然観察を掲載する。人慣れしたジョウビタキ♂も春になり人前でもよく囀り美しい声を聞かせてくれる。サンシュユやボケの花にもとまり、時に日本画のような花鳥構図を見せてくれる。ルリビタキの若♂も青みを帯びてきた。早咲き細井桜やボケ、珍しい白花ゲンカイツツジも満開になっている。 春になり男ぶりが上がったジョウビタキ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2021年3月11日の京都府立植物園自然観察(アオジやクロジ、早咲き桜)

3月11日の快晴の植物園で早咲き桜や3週間ぶりに園に♂1羽で戻ったクロジなどの野鳥を観察し撮影してみた。 2月から3週間ぶりで園に姿を見せるようになったクロジ♂ 2021.3.11.撮影 2月から3週間ぶりで水場に姿を見せるようになったクロジ♂ 2021.3.11.撮影 2月から3週間ぶりでシイの小径に姿を見せるようになったクロジ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノシランの青い実を食べに京都府立植物園に滞在する4羽のヒレンジャク

京都府立植物園に4羽のヒレンジャクが滞在し、ノシランの青い実を食べている。本来この実はシロハラが食しているが、今年はヒレンジャクのごちそうとなった。昨年のこの頃は多くのレンジャクが訪れ、キヅタの黒い実を食べていたが、今年はまだそれが熟していないようだ。高いところで様子を見ているレンジャクはヒーヒーと鳴き始めると揃って降りてくる。人のいな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2021年3月9日の京都府立植物園自然観察。(花と野鳥)

早咲き桜が咲きだした3月9日の京都府立植物園の自然観察を行った。アンズやミスミソウも美しく咲いている。ソメイヨシノの膨らみかけた蕾の園を居場所にするハチジョウツグミ2号、3週間ぶりに椎の小径に戻ってきたクロジ♂、ノシランの実を食べに8日から園に入っている4羽のヒレンジャクなども追ってみた。 アンズ(杏子) 2021.3.9.撮影 ウ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高島の森の春の輝き。ニホンザルとオオアカゲラ。

イスカの森に再びイスカが戻ってきていないか観察に出掛けた。春一番が吹いており、ほとんど鳥の姿がない。かろうじてオオアカゲラを撮影できる。カケス、ミソサザイの姿をほかに見たが、朝、森を歩くとニホンザルが迎えてくれた。山は芽吹きが始まり、キンキマメザクラは開花が始まっていた。森は芽吹きの木々で輝きが増している。今年はギフチョウも発生が早いこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

深泥池とヨシガモ

今年は賀茂川で見られないヨシガモは深泥池に集結している。その様子を見に出かけた。いつもは奥まったところにいるがこの日は比較的手前に姿を見せラブラブな仕草も見せてくれた。春が本格化するともうすぐこれらのカモも見れなくなる。 ラブラブな仕草を見せてくれたヨシガモペアー 2021.3.8.撮影 ラブラブな仕草を見せてくれたヨシガモペアー …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

深泥が池の森のキバシリとミソサザイ

深泥が池の森に久しぶりに自然観察に出掛けた。春になればトンボや蝶も見られるが、この時期は静かな森だった。何もいないとしばらく様子を見ていたが、かすかな鳴き声に注意しているとキバシリやミソサザイ、ルリビタキの姿が見られた。シジュウカラが盛んに求愛追飛をする姿も見ることが出来る。鳥たちの鳴き声が多くなると小鳥たちも動きが活発になる。 春先…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都府立植物園の春の花と園や川の鳥たち

春は一日一日京都府立植物園の花が美しく旬に咲く。園に居残る野鳥や賀茂川の鳥を撮影してみた。冬鳥がだんだん姿を見せなくなると春の花が盛りとなり季節は移ろいゆく。 ウグイスカグラ 2021.3.6.撮影 カラミザクラ 2021.3.6.撮影 桜(唐橋) 2021.3.6.撮影 椿寒桜 2021.3.4.撮影 キンキマメザクラ 20…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

賀茂川北大路橋付近で見られるアメリカヒドリガモ

去年も賀茂川で観察され、今年も二条城堀や賀茂川でアメリカヒドリガモを見ることが出来る。北大路橋付近には2個体?いるようで1個体はアメリカヒドリとの混血?のような特徴を見せている。その生態を2日間撮影してみた。 賀茂川のどんどんで見るアメリカヒドリガモの飛び立ち 2021.3.4.撮影 賀茂川のどんどんで見るアメリカヒドリガモの飛び立…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

賀茂川のイカルチドリの抱卵

賀茂川の中州の礫地でイカルチドリが産卵し抱卵するようになった。約1ヶ月で雛になるので4月には水辺を動き回る可愛い雛に出会えるだろう。雛は親の懐に守られ天敵から守られ生育する。毎年この過程を見ながら賀茂川朝散歩する日課に花を添えてくれる。今年も多くの雛の姿を見られるとうれしい。願わくはこの時期に大雨が降らないでほしい。 賀茂川の中州礫地…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

この時期に賀茂川で見ることができる鴨たち

今年の賀茂川はオナガガモとユリカモメの数が少ない。現在見ることが出来る賀茂川の鴨たちを掲載してみる。オナガガモとヨシガモはこの時期に見ることが出来なかった。 オカヨシガモ 2021.3.3.撮影 オカヨシガモ 2021.3.3.撮影 カルガモ 2021.3.3.撮影 カルガモ♂♀ 2021.3.3.撮影 コガモ♂ 2021.3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

賀茂川上流で見るベニマシコほかの野鳥

このところ賀茂川上流で自然観察しているが、そこで見るベニマシコほか野鳥を掲載する。 柊野住宅地で見たベニマシコ♂ 2021.2.27.撮影 柊野住宅地で見たベニマシコ♂ 2021.2.27.撮影 賀茂川上流で見たベニマシコ♀ 2021.2.27.撮影 賀茂川上流で見たベニマシコ♂ 2021.2.28.撮影 賀茂川上流で見たベニ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

賀茂川上流でコサギを捕獲したオオタカ

賀茂川上流でベニマシコの観察を行っていると急に小鳥たちが騒ぎ逃げ隠れしてしまった。同時にカラスが2羽、やかましく鳴く。何事かと川を見るとオオタカがコサギを仕留めて押さえつけ窒息させているところだった。オオタカは辺りを見回しながらコサギを殺し、カラスに取られないように岸に上げ、どこで食べるか思案しながらそこでは食べずに竹藪の中でバラして食…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more