テーマ:

京都府立植物園の自然観察(昆虫と野鳥)

猛暑も彼岸になると一段落する。ようやく涼しくなった9月22日に墓参りを済ませ午後から植物園に出かけてみた。秋景色のヒタキ類も姿を見せる。夏の終わりでアオマツムシは触覚も失っていたがまだ懸命に鳴いていた。ナツアカネが老熟して色づき、コムラサキ、ルリタテハ、クロセセリも姿を見せた。 秋の気配を感じているのかエゾビタキが梅林に姿を見せる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夙川、香櫨浜の朝散歩

夙川と香櫨浜を孫娘に会いに行った折、朝散歩した。ランタナにはアカタテハやアゲハチョウが舞い、ユキヤナギで羽化したホシミスジがエゴノキの実に羽休めしていた。松の木にはチュウサギ、ダイサギが休み、また、夙川にはコサギが舞い降りている。口元、足元でこの3種の違いが見て取れる。香櫨浜はシラサギやウミウが休み、あたりにはカルガモしか見れなかった。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宝ヶ池公園のイソヒヨドリ他

イソヒヨドリは建物(ビル)が海岸壁に似ていると認識するのか最近あちこちに姿を見せるようになった。宝ヶ池公園を自然観察して地下鉄へ戻ろうとした時、フウノキに暑さにあえぎとまっているのを見つけた。とんでもなく暑い公園なので、口をあけっぱなしにしている。猛暑の宝ヶ池公園でその他カワセミやイボバッタ、トノサマガエルを写してみた。 フウノキで暑…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都府立植物園の熱帯睡蓮池に咲く真夏の太陽を受けるブーゲンビリアなど

真夏の太陽がギラつく京都府立植物園温室前熱帯睡蓮池のブーゲンビリアなどの花を写してみた。 ブーゲンビリアの花と池面に写る真夏の太陽 2020.8.27.撮影 温室前池に咲くブーゲンビリアの花 2020.8.27.撮影 池際に咲くブーゲンビリアの花 2020.8.27.撮影 温室前池のオニバスとカイツブリの若鳥 2020.8.25…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岩倉に見る自然

久しぶりに岩倉の定点観察に出かけた。今年は樹液の出るクヌギを1本伐採されたのでクワガタを見る機会が減った。クロコノマ以外あまり虫たちの姿を見なかった。 樹液に来ていたノコギリクワガタ。あまり顎が大きくない形だった。 2020.7.18.撮影 樹液に来ていたカナブン。こちらもあまり数が多くない。 2020.7.18.撮影 樹液に来て…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アオバズクの巣立ちとタシロラン

7月も半ばとなりアオバズクの巣立ちが始まった。7月豪雨の長雨が一時的に小康となり、一気にクマゼミの声が聞こえるようになる。タシロランを見に出かける機会を損じていたが、まだかろうじて1輪が咲き残っていた。 1羽だけ巣立ち後、親と別行動していた雛 2020.7.12.撮影 1羽だけ親の元にいなかった昨夜巣立ちした雛 2020.7.12.…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ヒサマツミドリシジミ観察

7月に入りヒサマツミドリシジミの発生ピークを迎えているが、天候が優れず気温も連日22度と低いためほとんどその活動を見ることができない。7月1日、2日と連日観察に出向いたが、両日とも少数の飛翔観察をしたのみだった。薄日が射せば気温さえあがれば飛ぶのだろうが、姿を見せてもすぐどこかへ消えてしまう。昨年も少なかったが今年はそれに輪をかけた不作…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

カブトムシ、オオアカゲラ、キビタキ、モルフォオオムラサキ

ちょっといろいろな写真を掲載します。 ①飼育していたカブトムシの幼虫から生えたキノコ?これも冬虫夏草なのでしょうか? カブトムシの死んだ幼虫から生えたキノコ?(カビ?) 2020.6.25.撮影 カブトムシの死んだ幼虫から生えたキノコ?(カビ?) 2020.6.25.撮影 カブトムシの死んだ幼虫から生えたキノコ?(カビ?) …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

賀茂川(鴨川)朝散歩に見る自然

毎日早朝に賀茂川(鴨川)を散歩する。コロナ自粛になってからは家内の見守りがないので北大路橋から御薗橋に向かったり二条橋に向かったりコースを変えて楽しんでいる。北へ向かっても南に向かっても豊かな賀茂川(鴨川)の自然が日替わりの姿を見せて楽しませてくれる。およそ2時間、本当に京都に住んでいてよかったと思う時間を堪能する。 賀茂川紫明で見る…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

鴨川朝散歩等に見るキアシシギやこの時期に咲く花ほか

コースを変えて鴨川を北大路橋から南へ歩いて二条橋あたりまで早朝6時前後に出かけることがあるが、上賀茂方面と違い南のほうは公園としての花が多い。この日はニセアカシアは終わっていたがトベラ、センダン、キンケイギク、カラーが美しく咲いていた。シモツケはこれからになる。賀茂大橋の南では今年も来ているキアシシギを観察できる。午後に今宮半木の道で草…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

岩倉のクロコノマ他の自然

暗闇に忍者のように飛ぶクロコノマ。この時期は越冬個体が次世代のため産卵するためススキの近くに現れる。岩倉の林道にはあまり鳥や昆虫の姿はないが、目に付いた生物を写してみた。 比較的明るいモチツツジの咲く場所に現れたクロコノマ 2020.5.17.撮影 比較的明るいモチツツジの咲く場所に現れたクロコノマ 2020.5.17.撮影 産卵…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

朝散歩に見る鴨川のカモの親子やキアシシギ、水滴

朝散歩で教えられることも多い。毎朝御薗橋付近の土手を熱心に顕微鏡を見るごとくアイホンを向ける方がおられて、家内が尋ねてみると水滴を撮影しブログにされているとのことだった。カラカラの天気でも朝露が出ているところがありそれを探して写す楽しみをもたれているとか。私もまねしてみた。鴨川のカモの親子は成長するごとに数を減らしている。過酷な自然の淘…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

花脊寺谷散策で見る自然

新緑の花脊寺谷を散策して自然観察した。緑陰濃い渓谷にはオオルリやカジカガエルが美しい声で鳴き、鹿害で荒れたとはいえ幾ばくかの初夏の花が咲いている。この時期に見られるミヤマカラスアゲハなどの黒いアゲハの姿はまだ見られなかったが、道しるべのハンミョウやニワハンミョウは出迎えてくれた。 新緑の花脊大悲山 2020.5.14.撮影 緑陰濃い…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

深泥池の白カキツバタ他

深泥池の白カキツバタを見に出かけた。池の森にはイカルが水浴びし、コサメビタキの姿も見かけた。浮島にはキジの声も聞こえる。 深泥池の白カキツバタ 2020.5.4.撮影 深泥池の白カキツバタ 2020.5.4.撮影 深泥池の白カキツバタ 2020.5.4.撮影 深泥池の白カキツバタ 2020.5.4.撮影 深泥池の白カキツバタ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鴨川の花とキアシシギ、カモの親子他

5月になり散歩で鴨川に満開のニセアカシアの花が見られる。また、キアシシギが今年もやってきている。カモの親子の姿を多くみることが出来るのはこの時期の楽しみである。 上賀茂橋から見る賀茂川と西賀茂にある西山(船山) 2020.5.9.撮影 鴨川出町橋の鯖街道口碑と枝垂れ柳 2020.5.7.撮影 府立病院と満開のニセアカシアの花 20…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花脊大見尾根の自然

新緑の時期を迎えた花脊大見尾根の山道を歩いた。若いころには一面にクマザサが茂りそれをかき分け尾根を歩き谷を下り大見の里まで歩いたものだが、2001年ころ一斉に笹に花が咲き、それらが枯れてから追い打ちするように鹿が増え、山道も山肌も地肌がむき出しの状態となって回復していない。また、カシノナガキクイムシの害で楢の木が枯れ、重なる大型台風襲来…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

賀茂川の自然

京都に賀茂川があって良かった。緊急時には避難所になり、今回のような事態になっても開放的な散歩等で体調保持をさせてくれる。また、そこで見る自然は大きな癒やしを人々に与えてくれる。一般の人には見えていないかもしれないが賀茂川にも厳しくて優しい自然が広がり、多くの生きとし生けるものが人々の自粛を糧におおらかに活動している。 朝散歩で北大路橋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

賀茂川のキレンジャク

今年はレンジャクの当たり年だったが、賀茂川には長い間キレンジャクの群れがいついていた。カゲロウなどの虫が多いことと桜のカイガラムシが餌になったことが長居の背景になったのかもしれない。賀茂川の北山橋から西賀茂にかけて朝散歩でも昼の観察でもその姿を見ることが出来た。 賀茂川で見るキレンジャクの飛翔。カゲロウを追う飛翔。 2020.4.28…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

賀茂川に見るカモの親子と婚姻色の出たダイサギ

この時期には賀茂川にカモの親子が見られるようになる。しかし、今年は相対的に少ない。マガモと思われるカモの親子が賀茂川に泳いでいた。当初9羽の雛がいたらしいが現在は少し大きくなって6羽となっている。カラスに食べられたりして親になれるのはごくわずかになる。また、ダイサギがいたが、くちばしに青い婚姻色が出ている。 マガモと思われるカモの親子…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都北山の4月の自然

京都北山の自然観察に出かけてみた。人のいない山中に入り、一人で4月の野鳥や花、蝶などを写してみる。 イカリソウ 2020.4.27.撮影 ヤマルリソウ 2020.4.27.撮影 ヤマルリソウ 2020.4.27.撮影 ヒトリシズカとキケマン 2020.4.27.撮影 ヤマブキ 2020.4.27.撮影 山小屋にできていたスズ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

賀茂川で見るエナガ団子、キレンジャク他

賀茂川をカメラ片手に定期的に自然観察しているが、そこで見たエナガ団子やカゲロウを捕食して飛び回るキレンジャク、コチドリ、ツバメを掲載した。 キレンジャクが飛び回りカゲロウを捕食していた賀茂川葵橋付近 2020.4.23.撮影 賀茂川を飛び回りカゲロウを捕食し枝どまりするキレンジャク 2020.4.23.撮影 賀茂川を飛び回りカゲロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都の山中に見るヤブサメ、コマドリ、ルリビタキ

京都の山中の谷にヤブサメとコマドリ、ルリビタキを観察した。ヤブサメは山肌の枯れ枝に擬態するシャクガの幼虫を上手に見つけて捕食し、メスとともに現れさえずっていた。コマドリは雄が美しい声でさえずるがなかなか姿を見せない。灌木に一瞬コマドリの雌が姿を見せてくれた。山へ帰るルリビタキがまだこの沢に姿を見せていた。沢にはクリンソウが咲き始め、キク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都の花街に見る今年のキレンジャク

今年はレンジャクの当たり年となり京都の花街にキレンジャクがおよそ1か月近く滞在していた。餌となるものが豊富でそれに執着しているようだ。桜などについたカイガラムシが豊富で川にはカゲロウが多い。それらを餌に多い時には40羽以上が群れている。ようやく群れが分散し、広い範囲に小さな集団で活動を始めている。中には尾羽に赤いワックスウィングの見れる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岩倉に見るニューナイスズメとコマドリ

岩倉にニューナイスズメとコマドリを見に出かけた。ニューナイスズメはわずかしかいなかったが散かけのソメイヨシノで花の蜜を吸っていた。コマドリはほとんど姿を見せず、一瞬出てきたところを撮影した。 桜の花とニューナイスズメ 2020.4.16.撮影 桜の花とニューナイスズメ 2020.4.16.撮影 桜の花とニューナイスズメ 2020.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鴨川に見るノビタキ

セイヨウカラシナが咲く季節になり鴨川にノビタキがやって来た。寒い日が続いたので例年より少し遅れ気味かもしれない。セイヨウカラシナや枯れ葦、川柳にとまっては虫を捕るノビタキを撮影してみた。この日は2♂♂1♀が飛んでいた。 セイヨウカラシナが咲く鴨川 2020.4.16.撮影 セイヨウカラシナが咲く鴨川 2020.4.16.撮影 新芽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鴨川で観察する野鳥と桜(カルガモ親子など)

鴨川を観察して一般的に見られる野鳥や桜を掲載してみた。二条橋近くでカルガモの親子に今年初めて遭遇する。 賀茂大橋近く鴨川公園の桜 2020.4.14.撮影 賀茂大橋近く鴨川公園の桜 2020.4.14.撮影 賀茂大橋近く鴨川公園の桜 2020.4.14.撮影 二条橋近くで今年初めて遭遇した可愛いカルガモ親子 2020.4.14.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

この時期に見るイカルチドリやキジなど

この時期に見るイカルチドリや湿原のキジなどを写してみた。 鴨川で子育て中のイカルチドリ♀ 2020.4.4.撮影 鴨川で子育て中のイカルチドリ♀ 2020.4.4.撮影 鴨川で育ち餌を探すイカルチドリの雛 2020.4.4.撮影 鴨川で育ち餌を探すイカルチドリの雛 2020.4.4.撮影 湿原に姿を見せたキジの♂ 2020.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

賀茂川のサクラとイカルチドリの子育て、トビの営巣

朝の賀茂川散歩で見る北大路から上賀茂付近の桜の花と北大路橋より南の賀茂川中州で観察するイカルチドリの子育て、トビの営巣を写してみた。 北大路橋北の半木の道に咲くベニシダレザクラ 20203.28.撮影 上賀茂橋から御薗橋に至る賀茂川土手ソメイヨシノの桜トンネル 2020.3.30.撮影 上賀茂橋とソメイヨシノ 2020.3.30.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都府立植物園に爛漫となる花と賀茂川で見る鳥の景色

京都府立植物園はソメイヨシノの開花時期を迎え春爛漫の彩りを見せている。いつもより人出は少ないが桜の花を楽しむ人も多い。今見事な花を見せるところを見て回り撮影してみた。賀茂川ではありきたりの鳥だがその生活シーンを撮ってみた。 色が美しくなったアオジ♂ 2020.3.30.撮影 色が美しくなったアオジ♂ 2020.3.30.撮影 オオ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都御苑の桜(2020)とルリビタキ

京都御苑の2020年の桜を見て歩いた。近衛邸跡の早咲き糸桜はもう終わったが、御車返桜他この時期の見ごろの桜が次々に満開になってきている。ルリビタキもまだ山に帰らず残っていた。 京都御所清所門前に咲く御車返桜。後水尾天皇が出かける時に見た桜が一重か八重か確認に車を返された故事により名がついている。 2020.3.29.撮影 御車返桜 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more