今季6回目のヒサマツミドリシジミ産卵活動観察

今年はヒサマツミドリシジミ♀の出現が遅れているのか8月末から5回出向いたのにまだ姿を見ていなかった。条件がよかったので今日こそはと6回目の観察に出向いた。気温23度、無風、日照ありで例年なら複数の産卵が観察できる好条件になっている。しかし、10:00になっても一向に姿を見れないので今日もだめかと思ったが、10:30に1♀が川からひらひらと産卵木に飛んできた。確認すると間違いなくヒサマツミドリシジミ♀だったが、ウラジロガシの奥に入り込むので写真撮影は難しくなった。そのまま潜り込んで出てこないので粘り強く観察する。例年なら潜り込んでも10分おきに卵を産んでは表に出て休むのだが、そういう活動はしてくれない。1時間ほどして11:30ころ、ようやく表に飛び出して一瞬見えるところにとまったが撮影する機会を与えず飛び立ち周辺を巡回しながら高い杉の梢に消えていった。今日は姿を確認しただけでよしとしなければならなかった。今回、姿を見たことで次回に期待をつなぐことができた。待ち時間にミドリヒョウモンが産卵に訪れたのでそれを観察する。今年のここの産卵木は表年なので新芽がよい状態になるのだが、思うほどにまだ成長していない。これも気候不順のせいなのか?
産卵木久多大橋19.9.27 (2).jpg今年は表年となって良い新芽をつけるはずのヒサマツミドリシジミのウラジロガシの産卵木 2019.9.27.撮影
産卵木久多大橋19.9.27 (4).jpg今年は表年になるヒサマツミドリシジミが産卵するウラジロガシ。去年は裏年だったはずだがやけに今年のドングリが多い。 2019.9.27.撮影
アサダにとまるアキアカネ久多大橋19.9.27 (3).jpg付近のアサダにとまる赤みが増したアキアカネ 2019.9.27.撮影
ミドリヒョウモン久多大橋19.9.27 (20).jpg待ち時間に観察したミドリヒョウモンの産卵活動。崖の苔に産卵している。 2019.9.27.撮影
ミドリヒョウモン久多大橋19.9.27 (10).jpgミドリヒョウモンの産卵活動。産卵する場所周辺を巡回飛翔して産める場所を探す。 2019.9.27.撮影
ミドリヒョウモン久多大橋19.9.27 (12).jpgミドリヒョウモンは川沿いの構築物が好きなようだ。 2019.9.27.撮影


"今季6回目のヒサマツミドリシジミ産卵活動観察" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント