美しい春型のアゲハチョウ。我が家で発生するアゲハを観察する中で個体の変化。

今年も我が家のミカンで育ったアゲハチョウ春型が羽化した。寄生やアシナガバチなどの天敵から逃れて昨秋蛹になり羽化してくる。羽化した蝶を見ると普通種なのであまり感心を持たないがよく見ると実に美しい。また、斑紋の変化も多くそれを観察するのも課題としていいかもしれない。幼虫も模様の変化も多様で見たことのない色合いの物も時折見る。一度は10円玉大のアゲハチョウも羽化してきてその極小さに驚いたこともある。展翅してみるとヒサマツミドリシジミを一回り大きくした程度の大きさだった。4令大の幼虫で蛹になった訳だがこういう生態も自然にはあることを教えられる。
アゲハチョウ21.4.2 (8).jpg2021年4月2日に羽化したアゲハチョウ春型♂表翅 2021.4.2.撮影
アゲハチョウ21.4.2 (12).jpg2021年4月2日に羽化したアゲハチョウ春型♂裏翅 2021.4.2.撮影
アゲハチョウ21.4.3 (6).jpg2021年4月3日に羽化したアゲハチョウ春型♀表翅 2021.4.3.撮影
アゲハチョウ21.4.3 (11).jpg2021年4月3日に羽化したアゲハチョウ春型♀表翅 2021.4.3.撮影
アゲハ自宅21.4.12 (17).jpg2021年4月3日に羽化したアゲハチョウ春型♀?表翅 2021.4.3.撮影
アゲハ自宅21.4.12 (6).jpg2021年4月3日に羽化したアゲハチョウ春型♀?表翅 2021.4.3.撮影
アゲハ自宅21.4.12 (34).jpg2021年4月3日に羽化したアゲハチョウ春型♀?裏翅 2021.4.3.撮影
アゲハチョウ賀茂川21.3.29 (8).jpg賀茂川に飛ぶアゲハチョウ春型♂ 2021.3.29.撮影
アゲハチョウ賀茂川21.3.29 (7).jpg賀茂川に飛ぶアゲハチョウ春型♂ 2021.3.29.撮影
アゲハチョウ賀茂川21.3.29 (6).jpg賀茂川に飛ぶアゲハチョウ春型♂ 2021.3.29.撮影
アゲハチョウ御苑21.4.15 (1).jpg京都御苑に飛ぶアゲハチョウ春型♀ 2021.4.15.撮影
アゲハチョウ御苑21.4.15 (7).jpg京都御苑に咲くムラサキハナナに飛ぶアゲハチョウ春型♀ 2021.4.15.撮影
アゲハチョウ御苑21.4.15 (11).jpg京都御苑に咲くシャガを吸密するアゲハチョウ春型♀ 2021.4.15.撮影
アゲハチョウ御苑21.4.15 (6).jpg京都御苑に咲くムラサキハナナに飛ぶアゲハチョウ春型♂♀ 2021.4.15.撮影
アゲハチョウ御苑21.4.15 (9).jpg京都御苑に咲くムラサキハナナに飛ぶアゲハチョウ春型♂♀ 2021.4.15.撮影
アゲハチョウ御苑21.4.15 (4).jpg京都御苑のサンショウ付近に飛ぶアゲハチョウ春型♂♀ 2021.4.15.撮影
アゲハチョウ20.9.3 (17).jpg夏型のアゲハチョウ表翅 2020.9.3.撮影
アゲハチョウ20.9.3 (24).jpg夏型のアゲハチョウ裏翅 2020.9.3.撮影
アゲハチョウ20.8.20 (4).jpg夏型のアゲハチョウ表翅色変化 2020.8.20.撮影
アゲハ?20.8.13 (2).jpgアゲハチョウ4令幼虫の色変化。これは変わった色をしていたが終令幼虫は大きく変わらなかった。 2020.8.13.撮影
アゲハ極小蛹09.1.8 (2).jpg2018年の12月に4令幼虫の大きさで蛹になったアゲハチョウ蛹。羽化するか危ぶまれたが無事羽化する。 2019.1.8.撮影
極小アゲハチョウ19.5.3 (6).jpg2019年5月3日に羽化した極小アゲハチョウ。10円玉を一回り大きくしたサイズ。展翅すればヒサマツミドリシジミ♀とそれほど変わらなかった。 2019.5.3.撮影
極小アゲハチョウ19.5.3 (15).jpg2019年5月3日に羽化した極小アゲハチョウ。体長は2cm程度。今までこれほど小さいアゲハは見たことなかった。自然飼育するとこんなものも現れる。 2019.5.3.撮影