京都府立植物園に舞い降りたケリと賀茂川のハシビロガモとツグミ

京都府立植物園で初めてケリが舞い降りるのを観察した。広沢池や木津川などの畑地で普通に見かける鳥だが植物園で見るのはこれが初めてだ。四季彩の丘の花の植え替えで土が入れられているので畑地と間違えたのかもしれない。武者震いをしてからすぐに飛び去った。賀茂川には時折ハシビロガモが姿を見せる。これも二条城の堀ではいつも見かける鴨だが賀茂川では珍客となる。今年はツグミの群れが200羽以上、賀茂川の北山橋付近に姿を見せている。あっという間に北山通植物園のトウネズミモチの実を食べ尽くし、11日には賀茂川のトウネズミモチに群がった。12日には道路に近い実までほとんど食べ尽くす勢いになった。去年はレンジャクが群れでそれを数日で食べ尽くしたが、今年はレンジャクには残されていない。
ケリ植物園21.1.9 (19).jpg京都府立植物園の四季彩の丘に舞い降りたケリ。長年通う植物園でこの鳥を見たのは今回が初めて。 2021.1.9.撮影
ケリ植物園21.1.9 (45).jpg京都府立植物園の四季彩の丘に舞い降りたケリ。 2021.1.9.撮影
ケリ植物園21.1.9 (56).jpg京都府立植物園の四季彩の丘に舞い降りたケリ。 2021.1.9.撮影
ケリ植物園21.1.9 (37).jpg京都府立植物園の四季彩の丘に舞い降りたケリ。ここは畑でないと思ったのか武者震いをして飛び去った。 2021.1.9.撮影
ハシビロガモ賀茂川21.1.9 (22).jpg二条城の堀では常連で姿を見せるが賀茂川にはめったに観察できないハシビロガモ♂。北大路橋付近にペアーでいたのを観察する。 2021.1.9.撮影
ハシビロガモ賀茂川21.1.9 (13).jpg二条城の堀では常連で姿を見せるが賀茂川にはめったに観察できないハシビロガモ♀。北大路橋付近にペアーでいたのを観察する。 2021.1.9.撮影
ツグミ北山21.1.12 (13).jpg去年はレンジャクの群れが2-3日で食べつくした賀茂川のトウネズミモチの実を200羽の群れで数日で食べつくすツグミ 2021.1.12.撮影
ツグミ北山21.1.12 (17).jpg人が通るとレンジャクと同じく一斉に飛び立つが人気がなくなると50羽くらいが一斉に道路近くまで降りてきて貪り食うツグミ 2021.1.12.撮影
ツグミ北山21.1.12 (41).jpgほとんど丸ごとトウネズミモチの黒い実を食べつくしたので道路近くの枝まで降りて貪り食うツグミ。地上に落ちた実も危険を冒して食べに降りる。 2021.1.12.撮影
ツグミ北山21.1.12 (15).jpg土手の垣根になった内側は人目に付きにくいので好んで降りて落ちた実を食べている。ヒヨドリも群れに混じって食べにくる。 2021.1.12.撮影