京都府立植物園で見るアサギマダラほか秋の蝶

京都府立植物園で見るこの時期の秋の蝶を掲載してみる。総じて植物園の蝶は数年前より数が減って来ているが、9月27日はアサギマダラ、ツバメシジミ、ホシミスジなどが見れた。
アサギマダラ植物園20.9.27 (12).jpg四季彩の丘のフジバカマを訪れているアサギマダラ♂ 2020.9.27.撮影
アサギマダラ植物園20.9.27 (35).jpg四季彩の丘のフジバカマを訪れているアサギマダラ♂。普段はこの時期にどこのフジバカマにも数匹訪れるが、最近は1頭か2頭訪れるのがやっとのようだ。 2020.9.27.撮影
アサギマダラ植物園20.9.27 (29).jpg四季彩の丘のフジバカマを訪れているアサギマダラ♂。フジバカマに酔うのか♂はこの花に執着する。 2020.9.27.撮影
ツバメシジミ植物園20.9.27 (21).jpg萩の花に産卵に訪れるツバメシジミ♀ 2020.9.27.撮影
ツバメシジミ植物園20.9.27 (1).jpg萩の花を吸蜜するツバメシジミ♀ 2020.9.27.撮影
ツバメシジミ植物園20.9.27 (12).jpg萩の穂に産卵するツバメシジミ♀ 2020.9.27.撮影
ツバメシジミ植物園20.9.27 (30).jpg萩の花に産卵するツバメシジミ♀ 2020.9.27.撮影
ホシミスジ植物園20.9.27 (35).jpgノダケの花に吸蜜するホシミスジ♀ 2020.9.27.撮影
ホシミスジ植物園20.9.27 (19).jpgノダケの花とホシミスジ 2020.9.27.撮影
ホシミスジ植物園20.9.27 (63).jpgノダケとホシミスジ 2020.9.27.撮影
ホシミスジ植物園20.9.27 (44).jpgヤマブドウの葉で開翅するホシミスジ 2020.9.27.撮影
ホシミスジ植物園20.9.26 (1).jpgユキヤナギで育つホシミスジの若令幼虫の巣 2020.9.27.撮影
ウラナミシジミ植物園20.9.26 (2).jpg花壇に来たウラナミシジミ。夏から秋にかけてやってきて秋にはマメ科植物で大発生する南方の蝶。 2020.9.27.撮影
ムラサキツバメ植物園20.9.26 (4).jpgシリブカガシの新芽で育つムラサキツバメの老熟幼虫。今夜にでも下に降りて枯葉を綴り前蛹になる。 2020.9.27.撮影
ムラサキツバメ植物園20.9.27 (3).jpgアリに守られシリブカガシの新芽を巻いて巣を作るムラサキツバメの幼虫。シリブカガシの新芽は短期間で硬化するのでそれまでに蛹にならなけらばならず幼虫の成長は早い。 2020.9.27.撮影