8月末の京都府立植物園の自然観察

猛暑の8月末の京都府立植物園でトンボや昆虫を自然観察してみた。
オオシオカラトンボ植物園20.9.1 (5).jpgカサスゲ湿地のオオシオカラトンボ♂ 2020.9.1.撮影
オオシオカラトンボ植物園20.9.1 (9).jpgカサスゲ湿地のオオシオカラトンボ♂ 2020.9.1.撮影
オオシオカラトンボ植物園20.8.30 (3).jpgカサスゲ湿地のオオシオカラトンボ♂ 2020.8.30.撮影
ハグロトンボ植物園20.8.30 (1).jpgハグロトンボ♂ 2020.8.30.撮影
ハグロトンボ植物園20.8.30 (6).jpgハグロトンボ♂ 2020.8.30.撮影
ハグロトンボ植物園20.9.1 (1).jpgハグロトンボ♀ 2020.9.1.撮影
マユタテアカネ植物園20.9.1 (3).jpgマユタテアカネ翅端班型♀ 2020.9.1.撮影
マユタテアカネ植物園20.9.1 (7).jpgマユタテアカネ♂ 2020.9.1.撮影
クロイトトンボ植物園20.8.30 (5)1.jpg熱帯睡蓮の花で交尾するアオモンイトトンボ 2020.8.30.撮影
クロイトトンボ植物園20.8.30 (11).jpg熱帯睡蓮の花で交尾するアオモンイトトンボ 2020.8.30.撮影
クサカゲロウ植物園20.8.30 (3).jpg大発生するエノキワタアブラムシを餌にするクサカゲロウの卵。優曇華の花ともいわれる。 2020.8.30.撮影
クサカゲロウ植物園20.8.30 (2).jpgエノキワタアブラムシを動き回って食べるクサカゲロウの幼虫。アリジゴクと同じような顎を持ちごみを体にまとっている。 2020.8.30.撮影
クサカゲロウとゴマダラチョウ植物園20.8.30 (4).jpgエノキにいたゴマダラチョウの幼虫とクサカゲロウの幼虫。ゴマダラチョウ幼虫は角で追い払う。 2020.8.30.撮影
ヒラタアブ植物園20.8.30 (12).jpgエノキワタアブラムシを食べるヒラタアブの幼虫(蛆)。テントウムシやクサカゲロウの幼虫、ヒラタアブの幼虫はアブラムシの天敵で益虫になる。 2020.8.30.撮影
オンブバッタ植物園20.8.30 (2).jpgオンブバッタ♀ 2020.8.30.撮影
オンブバッタ植物園20.8.30 (6).jpgオンブバッタ♂ 2020.8.30.撮影
チャイロスズメバチ植物園20.8.30 (2).jpg獰猛なチャイロスズメバチとコガタスズメバチ 2020.8.30.撮影
チャイロスズメバチ植物園20.9.1 (4).jpg獰猛なチャイロスズメバチ 2020.9.1.撮影
ゴマダラチョウ植物園20.8.30 (7).jpgクヌギの樹液に来ているゴマダラチョウ 2020.8.30.撮影
ゴマダラチョウ植物園20.8.30 (8)1.jpgクヌギの樹液に来ているゴマダラチョウ 2020.8.30.撮影