今季のヒサマツミドリシジミ産卵観察

今季も8月末から滋賀へヒサマツミドリシジミの産卵観察に出かけている。9月に入っても非常に暑いので夏眠から覚める気配がない。急に涼しくなった9月14日と15日に続けて2回目、3回目の観察に出かけてみた。しかし、今年は不作なのかあるいは夏が暑すぎるのか全く姿を見なかった。例年なら出てきてもおかしくないが、今年はまだ日照が強すぎるようだ。山や川の自然観察をして風景も楽しんでみた。
針畑大橋20.9.14 (7).jpgヒサマツミドリシジミが産卵するウラジロガシ 2020.9.14.撮影
針畑大橋20.9.14 (30).jpg表年なのでウラジロガシの芽は成長している。 2020.9.14.撮影
針畑大橋20.9.14 (2).jpg普段はこの付近から飛来するコシアブラの花 2020.9.14.撮影
針畑大橋20.9.14 (12).jpg清流の風紋 2020.9.14.撮影
針畑大橋20.9.14 (28).jpg清流の風紋 2020.9.14.撮影
針畑大橋20.9.14 (18).jpg清流の風紋 2020.9.14.撮影
針畑大橋20.9.14 (25).jpg清流で餌を捕るカワガラス 2020.9.14.撮影
カワセミ針畑20.9.15 (12)1.jpg清流で魚を捕るカワセミ 2020.9.15.撮影
オオルリ針畑20.9.15 (12).jpgカラスザンショウに飛来したオオルリの♀ 2020.9.15.撮影
ミヤマカラスアゲハ針畑大橋20.9.14 (1).jpgカラスザンショウに産卵に来たミヤマカラスアゲハ 2020.9.14.撮影
ミドリヒョウモン針畑20.9.15 (2).jpgコシアブラの花に舞うミドリヒョウモン♂ 2020.9.15.撮影
ミドリヒョウモン針畑20.9.14 (2).jpgタラノキの花に舞うミドリヒョウモン♀ 2020.9.14.撮影
アサマイチモンジ針畑大橋20.9.14 (2).jpgイタヤカエデに舞うアサマイチモンジ 2020.9.14.撮影
アキアカネ久多20.9.14 (2).jpg今年は数が少ないアキアカネ 2020.9.14.撮影
アキアカネ久多20.9.14 (14).jpgアキアカネ 2020.9.14.撮影
スジクワガタ朽木20.9.15 (15).jpgヒサマツミドリシジミ発生地のクヌギの樹液にいたスジクワガタ♀ 2020.9.14.撮影
スジクワガタ朽木20.9.15 (8).jpgヒサマツミドリシジミ発生地のクヌギの樹液にいたスジクワガタ♀ 2020.9.14.撮影
スジクワガタ朽木20.9.15 (5).jpgヒサマツミドリシジミ発生地のクヌギの樹液にいたスジクワガタ♂ 2020.9.14.撮影
ルリタテハ朽木20.9.15 (1).jpgヒサマツミドリシジミ発生地付近の樹液に来ていたルリタテハ 2020.9.14.撮影
ヒメジャノメ朽木20.9.15 (1).jpgヒサマツミドリシジミ発生地付近にいたヒメジャノメ 2020.9.14.撮影

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

POKOPON
2020年09月22日 20:54
 蝶のことはよくわからんのですがけれど、私の場合、ミヤマカラスアゲハとカラスアゲハは後翅の明るい線の有無で、まず判断してます。ミヤマカラスアゲハにも写真のように後翅に線が現れないのがいるんでしょうか。それとも写真の撮り方でないように見えてるのですか。
 ついでながら、16日分でショウジョウトンボとなっている写真ですが、個々の写真のキャプションにあるようにウスバキトンボです。編集中の勘違いみたいですね。
吉田健
2020年09月22日 21:27
ミヤマカラスアゲハとカラスアゲハの違いは分かりにくいでしょうね。夏型は特にそうです。写真のように前翅裏の白い帯が狭いのがミヤマカラスアゲハでカラスアゲハはこれが広くなります。夏型は後翅の筋が見えないものが多くなりますね。また、飛び古し擦れてしまいますと余計判別しにくくなります。トンボと同じで捕えて確認すると確かです。