8月末の京都府立植物園の自然観察

猛暑の8月末の京都府立植物園でトンボや昆虫を自然観察してみた。
オオシオカラトンボ植物園20.9.1 (5).jpgカサスゲ湿地のオオシオカラトンボ♂ 2020.9.1.撮影
オオシオカラトンボ植物園20.9.1 (9).jpgカサスゲ湿地のオオシオカラトンボ♂ 2020.9.1.撮影
オオシオカラトンボ植物園20.8.30 (3).jpgカサスゲ湿地のオオシオカラトンボ♂ 2020.8.30.撮影
ハグロトンボ植物園20.8.30 (1).jpgハグロトンボ♂ 2020.8.30.撮影
ハグロトンボ植物園20.8.30 (6).jpgハグロトンボ♂ 2020.8.30.撮影
ハグロトンボ植物園20.9.1 (1).jpgハグロトンボ♀ 2020.9.1.撮影
マユタテアカネ植物園20.9.1 (3).jpgマユタテアカネ翅端班型♀ 2020.9.1.撮影
マユタテアカネ植物園20.9.1 (7).jpgマユタテアカネ♂ 2020.9.1.撮影
クロイトトンボ植物園20.8.30 (5)1.jpg熱帯睡蓮の花で交尾するアオモンイトトンボ 2020.8.30.撮影
クロイトトンボ植物園20.8.30 (11).jpg熱帯睡蓮の花で交尾するアオモンイトトンボ 2020.8.30.撮影
クサカゲロウ植物園20.8.30 (3).jpg大発生するエノキワタアブラムシを餌にするクサカゲロウの卵。優曇華の花ともいわれる。 2020.8.30.撮影
クサカゲロウ植物園20.8.30 (2).jpgエノキワタアブラムシを動き回って食べるクサカゲロウの幼虫。アリジゴクと同じような顎を持ちごみを体にまとっている。 2020.8.30.撮影
クサカゲロウとゴマダラチョウ植物園20.8.30 (4).jpgエノキにいたゴマダラチョウの幼虫とクサカゲロウの幼虫。ゴマダラチョウ幼虫は角で追い払う。 2020.8.30.撮影
ヒラタアブ植物園20.8.30 (12).jpgエノキワタアブラムシを食べるヒラタアブの幼虫(蛆)。テントウムシやクサカゲロウの幼虫、ヒラタアブの幼虫はアブラムシの天敵で益虫になる。 2020.8.30.撮影
オンブバッタ植物園20.8.30 (2).jpgオンブバッタ♀ 2020.8.30.撮影
オンブバッタ植物園20.8.30 (6).jpgオンブバッタ♂ 2020.8.30.撮影
チャイロスズメバチ植物園20.8.30 (2).jpg獰猛なチャイロスズメバチとコガタスズメバチ 2020.8.30.撮影
チャイロスズメバチ植物園20.9.1 (4).jpg獰猛なチャイロスズメバチ 2020.9.1.撮影
ゴマダラチョウ植物園20.8.30 (7).jpgクヌギの樹液に来ているゴマダラチョウ 2020.8.30.撮影
ゴマダラチョウ植物園20.8.30 (8)1.jpgクヌギの樹液に来ているゴマダラチョウ 2020.8.30.撮影

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

この記事へのコメント

POKOPON
2020年09月02日 19:28
 クロイトトンボとキャプションがあるのはアオモンイトトンボですね。
 クロイトトンボ属は、あらかじめ違いがわかってれば、色合いや尾端上部の違いで、現場で見てすぐわかるのですが、写真に撮って、あとで調べると紛らわしいですね。
吉田健
2020年09月02日 20:07
ポコポンさん、いつもご指導ありがとうございます。アオモンイトトンボの方でしたか。クロイトトンボとの識別はほんとに難しいですね。これからもよろしくご教授ください。