第3化が始まり最盛期になったクロツバメシジミ

7月に入り我が家で発生しているクロツバメシジミは3化となった。去年の7月の20日頃はベランダに毎日20頭以上が飛び回っていたが、今年は5-6頭が飛び回っている。雨が多いのと天敵の蜘蛛やアシナガバチが増えたのが数を調整しているのかもしれない。現在、4化に向けた卵がツメレンゲにかなり産卵されている。梅雨が明けて真夏になるとベランダは40度を超える高温になり、塗りの鉢は50度以上にもなるので去年のように親になれない物も多くなるだろう。果たしてツメレンゲを食い尽くす200-300頭もの発生が見られるだろうか?
クロツバメ2化最終20.6.25 (12).jpg6月末が第2化の最終発生となったようだ。発生しても2-3日で天敵にやられるのか消えて行く。 2020.6.25.撮影
クロツバメ2化最終20.6.25 (26).jpg第2化の最終発生でキリンソウの花にとまるクロツバメシジミ 2020.6.25.撮影
クロツバメ3化20.7.9 (6).jpg第3化に向けたクロツバメシジミの蛹 2020.7.9.撮影
クロツバメ3化20.7.9 (28).jpg6月末から少しインターバルがあって第3化が始まったクロツバメシジミ 2020.7.9.撮影
クロツバメシジミ3化20.7.11 (9).jpg第3化のクロツバメシジミの交尾。♀も♂も羽化してすぐ交尾する。 2020.7.11.撮影
クロツバメシジミ3化20.7.18 (3).jpg第3化の羽化クロツバメシジミが継続的に交尾する 2020.7.18.撮影
クロツバメシジミ3化20.7.20 (18).jpg第3化のクロツバメシジミの蛹の羽化殻 2020.7.20.撮影
クロツバメシジミ3化20.7.20 (26).jpg第3化クロツバメシジミが発生するベランダのツメレンゲの状態。去年はかなり食害されていた。 2020.7.20.撮影
クロツバメシジミ3化20.7.23 (13).jpg第3化が最盛期になりツメレンゲに産卵された卵が目立つようになる。ツメレンゲに産卵するクロツバメシジミ。 2020.7.23.撮影
クロツバメシジミ3化20.7.23 (30).jpg小さい鉢に植えたツメレンゲの方が好きなクロツバメシジミ。こちらの方によく産卵する。 2020.7.23.撮影
クロツバメシジミ20.7.23 (10).jpg羽化直後でスミレの葉にとまるクロツバメシジミ 2020.7.23.撮影
クロツバメシジミ20.7.23 (16).jpgクロツバメシジミの幼虫に食害されたツメレンゲ 2020.7.23.撮影

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

2020年07月24日 08:00
今朝も小さな虫を見ました
画像検索ではグンバイムシ(軍配虫)みたいです