滋賀県下一の楊梅の滝

ヒサマツミドリシジミの発生調査に滋賀県北小松にある楊梅の滝に出かけた。ここは雄滝が落差40m、中間の薬研の滝が21mで雌滝が落差15m、合計76Mの落差にもなり、遠くからでも見えるので布引の滝、白布の滝とも呼ばれているという。山は急峻で斜面にウラジロガシが群生し、比良山系のヒサマツミドリシジミの生息しやすい環境にある。6月23日は快晴でヒサマツミドリシジミの羽化が見られると考え、調査してみた。しかし、見られた虫はミヤマカワトンボとホタルガだけだった。残念だが羽化個体を見るのは後日にゆだねることになる。
楊梅の滝20.6.23 (88).jpg滝見台。ここから40m落差の雄滝が見える。 2020.6.23.撮影
楊梅の滝20.6.23 (92)1.jpgウラジロガシの巨木越しに見る楊梅の滝(雄滝) 2020.6.23.撮影
楊梅の滝20.6.23 (57).jpg滝下から見る雄滝 2020.6.23.撮影
楊梅の滝20.6.23 (67).jpg滝下から見る雄滝 2020.6.23.撮影
楊梅の滝20.6.23 (53).jpg滝下から見る雄滝 2020.6.23.撮影
楊梅の滝20.6.23 (47).jpg滝下から見る雄滝の流れ 2020.6.23.撮影
楊梅の滝20.6.23 (85).jpg雄滝下の薬研の滝 2020.6.23.撮影
楊梅の滝20.6.23 (2).jpg雌滝 2020.6.23.撮影
楊梅の滝20.6.23 (10).jpg落差15mの雌滝 2020.6.23.撮影
楊梅の滝20.6.23 (14).jpg雌滝下の渓流 2020.6.23.撮影
楊梅の滝20.6.23 (39).jpg雄滝への山道から見る琵琶湖の眺望 2020.6.23.撮影
楊梅の滝20.6.23 (13).jpg楊梅の滝付近に群生するウラジロガシ 2020.6.23.撮影
楊梅の滝20.6.23 (44).jpg楊梅の滝付近に群生するウラジロガシ 2020.6.23.撮影
楊梅の滝20.6.23 (18).jpg渓流で見たミヤマカワトンボ 2020.6.23.撮影
楊梅の滝20.6.23 (22).jpg渓流で見たミヤマカワトンボ 2020.6.23.撮影
ホタルガ楊梅の滝20.6.23 (6).jpg山道で見たホタルガ 2020.6.23.撮影

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント