春の蝶、ミヤマセセリを追って

年一化で春の蝶、ミヤマセセリ。最近京都近郊では数が減ったがコナラのある雑木林で鹿害から逃れ細々と生き続けている。忍者のように地表を飛び回り枯葉や倒木等にとまり開翅する。表翅の紋は個体差がずいぶんあるようだ。雑木林ではオオスズメバチが冬眠から目覚めていたり、湿原ではシオヤトンボが春になり羽化して数が増えていた。
ミヤマセセリ深泥池20.4.5 (27).jpg雑木林の地表近くをすばしこく飛び回る春の蝶、ミヤマセセリ 2020.4.5.撮影
ミヤマセセリ深泥池20.4.5 (104).jpg雑木林の地表近くをすばしこく飛び回りおちた地表の石等にとまり開翅するミヤマセセリ 2020.4.5.撮影
ミヤマセセリ深泥池20.4.5 (113).jpg地表の石にとまり開翅するミヤマセセリ。すばしこいので接写撮影はむつかしいがこの日は気温が低いので近寄りやすい。 2020.4.5.撮影
ミヤマセセリ深泥池20.4.5 (42)1.jpgコナラのある林の地表近くをすばしこく飛び回り枯葉等にとまり開翅するミヤマセセリ 2020.4.5.撮影
ミヤマセセリ深泥池20.4.5 (76)1.jpg地表を広範囲に飛び回り時折枯葉等にとまり開翅するミヤマセセリ 2020.4.5.撮影
ミヤマセセリ深泥池20.4.5 (24).jpg地表を広範囲に飛び回り時折枯葉等にとまり開翅するミヤマセセリ 2020.4.5.撮影
ミヤマセセリ深泥池20.4.5 (7).jpgクヌギの倒木木くずにとまり開翅するミヤマセセリ。表翅の紋変化に個体差がある。 2020.4.5.撮影
ミヤマセセリ深泥池20.4.5 (22).jpgクヌギの落葉にとまり開翅するミヤマセセリ 2020.4.5.撮影
ミヤマセセリ深泥池20.4.5 (40).jpgクヌギの倒木皮にとまり開翅するミヤマセセリ 2020.4.5.撮影
ミヤマセセリ深泥池20.4.5 (54).jpgクヌギの落葉にとまり開翅するミヤマセセリ 2020.4.5.撮影
ミヤマセセリ深泥池20.4.5 (80).jpgクヌギの落葉にとまり開翅するミヤマセセリ 2020.4.5.撮影
ミヤマセセリ深泥池20.4.5 (51).jpgクヌギの落葉にとまり開翅するミヤマセセリ 2020.4.5.撮影
オオスズメバチ深泥池20.4.5 (4).jpg倒木の下から越冬から目覚め出てきたオオスズメバチの女王蜂 2020.4.5.撮影
シオヤトンボ深泥池20.4.5 (5).jpg湿地から羽化して数が増えていた春一番のトンボのシオヤトンボ 2020.4.5.撮影
コバノミツバツツジ深泥池20.4.5 (1).jpgコバノミツバツツジの咲く雑木林 2020.4.5.撮影
スミレ深泥池20.4.5 (1).jpgシハイスミレの咲く雑木林 2020.4.5.撮影
ミツガシワ深泥池20.4.5 (7).jpgミツガシワの咲く湿地。鹿害でほとんど姿を消した。 2020.4.5.撮影