最盛期を迎えた越前の「春の女神ギフチョウ」

タムシバが咲き、カタクリやヤマエンゴサクの花も咲きそろい最盛期を迎えた越前のギフチョウを求めて尾根や発生地の花園を歩いてみた。
日野山20.3.26 (64).jpg尾根から白山を望む越前のギフチョウ発生地。絶滅した京都の発生地を知る今、急坂を1200m登ってもここは植生豊かな別天地で、多くのギフチョウが飛ぶ姿を見て楽しめる。 2020.3.26.撮影
日野山20.3.26 (66).jpg尾根から見るまだ雪化粧の福井の山 2020.3.26.撮影
日野山20.3.26 (71).jpgギフチョウが京都の昔のように飛び回る尾根のブッシュ 2020.3.26.撮影
ギフチョウ日野山20.3.26 (3)1.jpg尾根道の枯葉にとまるギフチョウ 2020.3.26.撮影
ギフチョウ日野山20.3.26 (5).jpgブッシュのお気に入りの空間にテリを張り羽休めするギフチョウ 2020.3.26.撮影
ギフチョウ日野山20.3.26 (8).jpg気温が15度以上になると活発に飛び回るギフチョウ 2020.3.26.撮影
ギフチョウ日野山20.3.26 (11).jpgギフチョウの裏羽 2020.3.26.撮影
ギフチョウ日野山20.3.26 (18).jpg表翅の紋の変化が多いギフチョウ。越前の広い範囲で杣山型に私は4度出会っているが、ここでは出会えなかった。 2020.3.26.撮影
ギフチョウ日野山20.3.26 (24)1.jpg同じ付近にテリを張ってはとまるギフチョウ 2020.3.26.撮影
ギフチョウ日野山20.3.26 (32).jpgテリ場に他のギフチョウが入ってくると時には4‐5頭で追っかけっこをする 2020.3.26.撮影
ギフチョウ日野山20.3.26 (35).jpg尾根にはとまる花がないので地どまりや枝どまりしか撮影ができない 2020.3.26.撮影
ギフチョウ杣山城址入口20.3.26 (2).jpgカタクリの花とギフチョウの姿を求めてカタクリの咲く山麓で出会うギフチョウ 2020.3.26.撮影
ギフチョウ杣山城址入口20.3.26 (4).jpg山麓のカタクリの花にとまるギフチョウ 2020.3.26.撮影
ギフチョウ妙泰寺20.3.26 (5).jpg南越前のカタクリの花とギフチョウ 2020.3.26.撮影
ギフチョウ妙泰寺20.3.26 (9).jpg南越前のカタクリの花と未交尾ギフチョウ♀ 2020.3.26.撮影
タムシバ日野山20.3.26 (1).jpgギフチョウの発生期の指標、タムシバの開花 2020.3.26.撮影
トコワカソウ日野山20.3.26 (1).jpg尾根に咲く白花トクワカソウ。めったにこの花にはギフチョウは吸蜜しない。 2020.3.26.撮影
日野山20.3.26 (6).jpg尾根に咲くトクワカソウ 2020.3.26.撮影
日野山20.3.26 (36).jpg尾根に咲くピンクのトクワカソウ 2020.3.26.撮影
ショウジョウバカマ日野山20.3.26 (1).jpg時々吸蜜にとまるショウジョウバカマ 2020.3.26.撮影
ヤマエンゴサク久喜20.3.26 (2).jpg平地のヤマエンゴサクにも時折ギフチョウが訪れる。 2020.3.26.撮影

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント