宝ヶ池のアヒルとオオバンほか

宝ヶ池には数年前まで白いコブガチョウが2羽長く住み着いて世話されていたが、それらが順次死に池は野鳥のみの住み処となった。ところが2ヶ月ほど前から2羽の仲の良いアヒルが姿を見せている。人に飼われていたものが放たれたと見え、人なつこく餌をせがみに近づいてくる。愛くるしい可愛い姿を見ることができるようになったが、最近は猛禽類も多いのでそれらに襲撃される心配がある。公園の岩倉川にここでは珍しくオオバンの姿が見れた。セグロセキレイやコガモの姿もあった。ほかの鳥はほとんど見られなかったのでそれらを撮影して観察した。
アヒル宝ヶ池19.12.28 (6).jpg新たに2ヶ月前から宝ヶ池の住人になった2羽の仲の良いアヒル 2019.12.28.撮影
アヒル宝ヶ池19.12.28 (2).jpg宝ヶ池のアヒル 2019.12.28.撮影
アヒル宝ヶ池19.12.28 (3).jpg宝ヶ池のアヒル。池にはこの日、マガモ、ホシハジロ、カワウしかいなかった。 2019.12.28.撮影
オオバン宝ヶ池19.12.28 (5).jpg宝ヶ池公園の岩倉川で観察できたオオバン 2019.12.28.撮影
オオバン宝ヶ池19.12.28 (10).jpg宝ヶ池公園の岩倉川で観察できたオオバン 2019.12.28.撮影
セグロセキレイ宝ヶ池19.12.28 (27).jpg宝ヶ池公園の岩倉川で観察できたセグロセキレイ。ほかにはコガモが見れた。 2019.12.28.撮影
セグロセキレイ宝ヶ池19.12.28 (31).jpg宝ヶ池公園の岩倉川で観察できたセグロセキレイ 2019.12.28.撮影