新春初詣、京都のお伊勢さん日向大神宮

京都のお伊勢さんと呼ばれる日向大神宮に初詣した。静謐な山間部にあり伊勢詣でと同じような清らかさを感じることができる。伏見稲荷は近頃、参詣者だけでなく海外観光者が多すぎて京都人として当惑するが、ここは訪れる人もそれほど多くなく海外観光者に知られていないので新春のすがすがしさを十二分に感じ取れてお参りできる。
日向大神宮20.1.1 (1).jpg日向大神宮の参道階段と神明型鳥居 2020.1.1.撮影
日向大神宮20.1.1 (32).jpg外宮。天之御中主神(アメノミナカヌシノカミ)、天津彦火瓊瓊杵尊(アマツヒコホニニギノミコト)の神話時代の原祖神をお祀りしている。 2020.1.1.撮影
日向大神宮20.1.1 (10).jpg内宮。伊勢神宮と同じ天照大御神とスサノオの娘の宗像三女神をお祀りしている。 2020.1.1.撮影
日向大神宮20.1.1 (16).jpg内宮横の祭神、影向岩 2020.1.1.撮影
日向大神宮20.1.1 (23).jpg天岩戸。通り抜けでお参りする。 2020.1.1.撮影
日向大神宮20.1.1 (26).jpg天岩戸の出口 2020.1.1.撮影
日向大神宮20.1.1 (13).jpg内宮から見る日向大神宮。御朱印を受けるには並んで受け付けられてから30分待つことになる。 2020.1.1.撮影
日向大神宮20.1.1 (18).jpg内宮から見る日向大神宮外宮。ここから大文字山への登山道にもなっており、南禅寺や熊野若王子神社へも抜けられる。山に登れば伊勢遥拝所もあるので時間があると参拝するとよい。 2020.1.1.撮影