秋型が美しいクロコノマ

京都に南方のクロコノマが普通に見られるようになって久しいが、この蝶は10月になると秋型が発生するので美しい。それまでの夏型は表翅に目玉模様が見られないが秋型は翅の切れ込みも大きくなり表翅の赤紋と目玉模様が際立ってくる。この時期に羽化するクロコノマは標本として観察したくなる。
クロコノマ岩倉19.10.6 (7).jpg10月6日に羽化した表翅の赤紋目玉模様が美しい秋型クロコノマ 2019.10.6.撮影
クロコノマ岩倉19.10.6 (1).jpg10月6日に羽化した表翅の赤紋目玉模様が美しい翅の切れ込みの鋭い秋型クロコノマ 2019.10.6.撮影
クロコノマ岩倉飛騨池19.9.24 (14).jpg9月24日に羽化したまだ夏型の翅の切れ込みと表翅の無地模様を見せるクロコノマ 2019.9.24.撮影
クロコノマ岩倉飛騨池19.9.24 (3).jpg羽化直前のクロコノマの蛹 2019.9.24.撮影
クロコノマ岩倉19.9.28 (5).jpgクロコノマの蛹 2019.9.28.撮影
クロコノマ岩倉飛騨池19.9.17 (22).jpgススキを食べるクロコノマの老熟幼虫 2019.9.17.撮影
クロコノマ岩倉飛騨池19.9.17 (19).jpgクロコノマの終令幼虫 2019.9.17.撮影
クロコノマ岩倉飛騨池19.9.17 (2).jpgクロコノマの終令幼虫 2019.9.17.撮影

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

面白い
ナイス ナイス

この記事へのコメント