京都府立植物園の花と虫探索

京都府立植物園を花と虫を求めて散策した。何か新しいものが見られないか園内を隅から隅まで歩くがいつも見るものしか出てこない。しかし、その姿はその時にしか出会えない一期一会の美しさに輝いている。ミヤマカラスアゲハが見れないかと探したが、自宅に帰ると自宅のキハダに夕刻産みに来ていた。結構産卵したようなのでそれはアシナガバチにやられる前に回収しないといけない。
コミスジ植物園19.9.6 (11).jpg第3化と思えるコミスジ。餌の加減かかなり小さい。 2019.9.6.撮影
ムラサキツバメ植物園19.9.6 (18).jpg羽化したてのムラサキツバメ。シリブカガシの周りに飛んでいる。 2019.9.6.撮影
ヒメウラナミジャノメ植物園19.9.6 (3).jpgヒメウラナミジャノメ。この蝶は常時みられるくらいに発生している。 2019.9.6.撮影
ルリタテハ植物園19.9.6 (1).jpgクヌギの樹液に来るルリタテハ。だいぶ擦れてきた。 2019.9.6.撮影
ルリタテハ植物園19.9.6 (9).jpgクヌギの樹液に来た別個体のルリタテハ。ホトトギスやユリに産卵するが寄生されたり植物園のボランティアに駆除されることが多い。 2019.9.6.撮影
ミヤギノハギ植物園19.9.6 (9).jpgミヤギノハギの花とキタキチョウの卵。秋にはハギによくキタキチョウは産卵する。 2019.9.6.撮影
ホシミスジ植物園19.9.6 (5).jpgユキヤナギについているホシミスジの若令幼虫の巣。この幼虫はまだ発生するのか、それとも越冬に入るのか? 2019.9.6.撮影
シラホシハナムグリ植物園19.9.6 (5).jpg樹液に来ていたシラホシハナムグリ。これはシロテンハナムグリでなくシラホシハナムグリであることが調べて分かった。 2019.9.6.撮影
シラホシハナムグリ植物園19.9.6 (11).jpgこれも背筋の特徴からシラホシハナムグリだと分かった。 2019.9.6.撮影
オンブバッタ植物園19.9.6 (3).jpgどこにでもいるオンブバッタ。我が家でもこれが増えて困っている。 2019.9.6.撮影
マユタテアカネ植物園19.9.6 (1).jpgマユタテアカネ。結構このトンボは長生きする。 2019.9.6.撮影
ハグロトンボ植物園19.9.6 (1).jpgハグロトンボの♂ 2019.9.6.撮影
スズムシバナ植物園19.9.6 (4).jpgせせらぎに咲くスズムシバナ。希少植物と思えないくらい植物園には多い。 2019.9.6.撮影
スズムシバナ植物園19.9.6 (6).jpg残暑の光に輝くスズムシバナ。 2019.9.6.撮影
ナンバンギセル植物園19.9.6 (9).jpgススキに寄生するナンバンギセルの花 2019.9.6.撮影
カワラケツメイ植物園19.9.6 (1).jpgツマグロキチョウの食草、カワラケツメイ 2019.9.6.撮影
メドハギ植物園19.9.6 (3).jpgキタキチョウの食草、メドハギ。これから越冬に向けて数が増えるのでこれに鈴なりの蛹がつくことがある。 2019.9.6.撮影
ナンテンハギ植物園19.9.6 (1).jpgアサマシジミの食草、ナンテンハギ 2019.9.6.撮影