京都府立植物園のキノコ探索

京都府立植物園のキノコを探して歩いてみた。今年はキノコも虫も花も例年とは少ないように思う。カラカラの地面だが探してみると結構種類は見つかる。しかし、図鑑照合では相変わらず名前を特定するのは難しい。
セミノハリセンボン植物園19.9.6 (5).jpgクマゼミに生えかけていたセミノハリセンボンのその後を観察してみた。前回見た時は蝉はまだ生きていたがこの日はもう草にとまったまま死んでいた。背中のキノコは少し広がっているようだ。 2019.9.6.撮影
アブラゼミの黴?キノコ?植物園19.9.6 (7).jpgとまったまま死ぬセミノハリセンボンの生えた蝉を探していたら木にとまったまま死んでいるアブラゼミを見つけた。これは黴にやられたもののようだが羽に生えているのはキノコだろうか? 2019.9.6.撮影
ニセマツタケ植物園19.9.6 (2).jpg椎の林で初めて見るキノコに出会った。これはニセマツタケだろうか? 2019.9.6.撮影
ニセマツタケ植物園19.9.6 (7).jpg香りが良いし、きれいにおいしそうに割ける。ニセマツタケのように思うキノコ。 2019.9.6.撮影
アミタケ植物園19.9.6 (5).jpgアミタケかなと思うキノコ 2019.9.6.撮影
オオダイアシベニイグチ植物園19.9.6 (3).jpgオオダイアシベニイグチかなと思うキノコ 2019.9.6.撮影
アンズタケ植物園19.9.6 (9).jpgいつもはもっと多いアンズタケ。今年は枯れたものが多い。 2019.9.6.撮影
オオツルタケ植物園19.9.6 (7).jpgオオツルタケかなと思うキノコ 2019.9.6.撮影
コツブタケ植物園19.9.6 (4).jpgコツブタケ 2019.9.6.撮影
シロオニタケモドキ植物園19.9.6 (7).jpgシロオニタケモドキかなと思うキノコ 2019.9.6.撮影カワラタケ植物園19.9.6 (2).jpgカワラタケ 2019.9.6.撮影
コフキサルノコシカケ植物園19.9.6 (5).jpgコフキサルノコシカケ。今年はきれいな裏の白いものが多い。 2019.9.6.撮影
クマシメジ植物園19.9.6 (9).jpgクマシメジかなと思うキノコ 2019.9.6.撮影
ミナカタトヤマタケ?植物園19.9.6 (4).jpgミナカタトヤマタケかとしたがよくわからないキノコ 2019.9.6.撮影
ツルタケ植物園19.9.6 (9).jpgツルタケらしきキノコ 2019.9.6.撮影
シロソウメンタケ植物園19.9.6 (3).jpgシロソウメンタケ 2019.9.6.撮影
シロヒメホウキタケ植物園19.9.6 (7).jpgこちらはシロヒメホウキタケだろうか? 2019.9.6.撮影
マンネンタケ植物園19.9.6 (2).jpgマンネンタケの幼菌 2019.9.6.撮影
ヤナギマツタケ植物園19.9.6 (2).jpgヤナギマツタケの老菌 2019.9.6.撮影
不明菌植物園19.9.6 (11).jpgこれは何というキノコだろう?不明菌。(アメリカウラベニイロガワリかもしれない) 2019.9.6.撮影
不明菌植物園19.9.6 (2).jpgこれも名前の分からないキノコ。不明菌。(アシグロホウライタケかもしれない) 2019.9.6.撮影

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント