今年の鈴鹿のキリシマミドリシジミ

去年豊作だったキリシマミドリシジミが今年も豊作のようだと思われていたが25日に観察に出かけるとどうもそうではないようだ。まだ活動が鈍いのか、去年ほど飛翔する個体を見かけない。谷の高いところを飛ぶ個体を少数見るにとどまった。しかし、叩き出しでは少数が出現し、1♂1♀が被写体となってくれた。ポイントではようやく表れた1♂が開翅せず1時間以上静止していたので業を煮やし工作して飛んでもらった。その飛翔を1ショットだけピンボケだが捉えられた。開翅する写真を撮るには気温と日照が安定する日でないと難しいだろう。
キリシマミドリシジミ石榑峠19.7.25 (92).jpg叩き出しで姿を見せたキリシマミドリシジミ♂。低いところに出て♀のフェロモンでもついていたのかアカガシの特定の場所に執着していた。 2019.7.25.撮影
キリシマミドリシジミ石榑峠19.7.25 (114).jpg叩き出しで何度飛ばしても同じ場所付近に戻って潜ろうとするキリシマミドリシジミ♂。いい場所に出るまで何度か飛んでもらった。 2019.7.25.撮影
キリシマミドリシジミ石榑峠19.7.25 (159).jpgポイント付近に現れて1時間近く静止していたキリシマミドリシジミ♂ 2019.7.25.撮影
キリシマミドリシジミ石榑峠19.7.25 (209).jpg業を煮やして日照の可能性のあるシロモジに飛んでもらったキリシマミドリシジミ♂ 2019.7.25.撮影
キリシマミドリシジミ石榑峠19.7.25 (224)1.jpg工作して飛ばし、キリシマミドリシジミ♂の飛翔を1ショットだけ捉え、表翅金緑色を見ることができた。この日は飛翔がほとんどなく開翅を見ることができなかった。 2019.7.25.撮影
キリシマミドリシジミ石榑峠19.7.25 (9)1.jpg叩き出しで姿を見せたキリシマミドリシジミ♀ 2019.7.25.撮影
キリシマミドリシジミ石榑峠19.7.25 (54).jpg少し引いて写したキリシマミドリシジミ♀ 2019.7.25.撮影
キリシマミドリシジミ石榑峠19.7.25 (222).jpg採集されたキリシマミドリシジミ♀。この日の複数の採集者は全体で5♂♂4♀♀+αといった成果だっただろう。 2019.7.25.撮影