京都御苑に見るアオバズクやキノコ他

14日にキノコの観察学習をしたのでその復習に出かけてセミタケなどを探してみた。変わったキノコのクロアシホソノボリリュウタケはまだ健在でもう一度撮影して観察した。クモタケやセミタケがほかにも出ていないか探したが、クモタケが出ていた所では老菌のようなものを見つける。セミタケとおぼしきものも見つかるが掘り起こしていないので確かめられない。冬虫夏草かと思いきやカレエダタケの仲間らしいもの、群生する小さなキノコのイヌセンボンタケ、松の木に生えるボタンイボタケらしきものもたくさん見る。地面ばかり見ているとオオヒラタシデムシがアリとともにウチワヤンマの死骸にむさぼりついているところも観察できた。樹上ではまだ巣立ち前の見張りをするアオバズクのオスや巣立ちしてクヌギの葉影に幼鳥を2羽隠す親を見ることもできた。こちらは実にうまく隠れているので下からは見えにくい。そうでなければカラスなどの攻撃を受けるだろう。
クロアシホソノボリリュウタケ御苑19.7.16 (2).jpg損なわれずに残っていたクロアシホソノボリリュウタケ 2019.7.16.撮影
クモタケ?御苑19.7.16 (3).jpgクモタケが出ていた付近を探すと老熟して黴たような菌が2個体見つかった。これもクモタケなのだろうか? 2019.7.16.
セミタケ御苑19.7.16 (1).jpgセミタケが出ていた付近にこれもセミタケと思うキノコを見つけた。掘り出していないので確認は出来ていない。 2019.7.16.撮影
カレエダタケの仲間?御苑19.7.16 (1).jpgクモタケを探していたらカレエダタケらしきものを見つける。見つけた時は冬虫夏草かと思った。 2019.7.16.撮影
イヌセンボンダケ御苑19.7.16 (1).jpg小さなキノコが腐食切り株に群生するイヌセンボンダケ 2019.7.16.撮影
ボタンイボタケ?御苑19.7.16 (1).jpg松の木の周りにたくさん見られたボタンイボタケか?と思うキノコ 2019.7.16.撮影
オオヒラタシデムシ御苑19.7.16 (4).jpgキノコを探していたらウチワヤンマの死骸に群がるアリとオオヒラタシデムシを観察できた 2019.7.16.撮影
オオヒラタシデムシ御苑19.7.16 (2).jpgウチワヤンマの死骸にむさぼりつくオオヒラタシデムシと群がるアリ 2019.7.16.撮影
オオヒラタシデムシ御苑19.7.16 (5).jpg死骸のお掃除屋さん、オオヒラタシデムシとアリ 2019.7.16.撮影
アオバズク宗像御苑19.7.16 (2).jpg神社のアオバズクはまだオスだけが同じところで見張りをしてメスも出ていない。巣立ちはまだのようだった。 2019.7.16.撮影
アオバズク水場御苑19.7.16 (22)1.jpg森のアオバズクは4羽巣立ちしたというが、ここでは2羽の幼鳥と親がクヌギの葉影で隠れて休んでいた。 2019.7.16.撮影
アオバズク水場御苑19.7.16 (10)1.jpgアオバズクはクヌギの葉影に隠れてカラスなどに攻撃されないようにしている 2019.7.16.撮影
アオバズク水場御苑19.7.16 (3)1.jpg隙間を見つけて観察するとかろうじて姿を見ることができる。 2019.7.16.撮影