キリシマミドリシジミ交尾写真

今年度3回目の鈴鹿行をしてキリシマミドリシジミの生態観察をした。絶好の観察日和でキリシマミドリシジミの活動も盛んだった。いつもの開翅撮影のポイントでしばらく観察するが、電動自転車を駆使するAさんにそれを借りて2km下にあるポイントまで叩き棒とカメラだけ持って観察に向かった。ついてすぐ交尾するならこの場所と28日に当たりをつけていた茂みをゆるく叩くと交尾個体が現れ、うまく誘導すると路上に降りてくれた。撮影後アカガシの落ち葉に載せ友人たちの待つ2km上のポイントまでそれを持って走った。自転車の揺れや風に飛ばされることなくそこまで運び披露する。その途端舞い上がって沢筋にとまるが逆に自然な撮影が可能になった。そこに採集者がいなかったのが幸運ですべて網なしの作業だったが交尾終了後♀だけ採卵用にタッパで持ち帰った。
キリシマ交尾石榑峠19.7.31 (13)1.jpg滝のポイントのアカガシとヤブツバキの茂みから路上に降りたキリシマミドリシジミの交尾体 2019.7.31.撮影
キリシマ交尾石榑峠19.7.31 (56)1.jpg路上から落ち葉に載せたキリシマミドリシジミの交尾体 2019.7.31.撮影
キリシマ交尾石榑峠19.7.31 (66).jpg電動自転車のハンドルと叩き棒に落ち葉を掴んで2km先のポイントまで持ち帰ったキリシマミドリシジミ交尾体 2019.7.31.撮影
キリシマ交尾石榑峠19.7.31 (128)1.jpgいつものポイントに戻り友人たちに披露して後、沢筋のコナラに飛び移り撮影させてくれたキリシマミドリシジミ交尾体 2019.7.31.撮影
キリシマ交尾石榑峠19.7.31 (137)1.jpg沢筋のコナラにとまるキリシマミドリシジミ交尾体。採集者がいないのでゆっくり撮影できた。 2019.7.31.撮影


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

小林隆人
2020年07月21日 13:48
初めまして、栃木在住の小林隆人と申します。キリシマミドリシジミ交尾のお写真、大変興味深く拝見させて頂きました。もし、可能でしたら教えてください。持ち帰られた♀が飼育下で産卵しましたでしょうか?持ち帰って何日目に産卵しましたでしょうか?私もキリシマミドリシジミの謎の多い生態に興味を持って、伊豆や箱根で観察をしております。よろしくお願いします。