2019年のアイノミドリシジミ飼育

友人が大津市産のアイノミドリシジミを9月に捕獲し産卵させた卵をもらいアラカシで飼育した。クロミドリシジミはアラカシを食べず全滅したがアイノミドリシジミはよく食べて生育する。室内に取り込んで3月20日から孵化が始まり4月29日から羽化し5月3日で羽化が終了する。こちらは現地が6月末の発生であることから飼育とは55日程度の発生ずれがある。♂は野外撮影できなかったが♀は2頭野外で開翅撮影できた。敏捷な蝶なので3♀♀が逃げてしまった。
画像
アラカシで飼育した大津市産アイノミドリシジミの終令幼虫 2019.4.7.撮影
画像
アイノミドリシジミ前蛹 2019.4.11.撮影
画像
アラカシで育てた5頭のアイノミドリシジミ蛹。1♂4♀♀だった。 2019.4.15.撮影
画像
4月29日に羽化したアイノミドリシジミ♂。これは開翅写真が撮れなかった。 2019.4.29.撮影
画像
自宅のカシワで撮影した5月2日に羽化したアイノミドリシジミ♀。太陽の下なのですぐ飛び去る。 2019.5.2.撮影
画像
野外撮影したアイノミドリシジミ♀の開翅 2019.5.2.撮影
画像
野外撮影したアイノミドリシジミ♀ 2019.5.2.撮影
画像
野外撮影したアイノミドリシジミ♀の開翅。開翅後すぐ高所に飛び去った。 2019.5.2.撮影
画像
野外撮影したアイノミドリシジミ♀ 2019.5.2.撮影

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック