嵯峨野広沢長刀坂のキノコたち

毎年この時期に観察に行く嵯峨野広沢のキノコを調べてみた。今年はやはりどこも同じでここもキノコの発生が少なく種類も多くない。毎年生えるコガネタケとクチベニタケは名前がしっかりしているがほかのキノコはわかりづらいものばかりなので一応名を付してみたが間違いがあると思う。
画像
クチベニタケの群生 2017.10.30.撮影
画像
触れば胞子の埃が噴き出すクチベニタケ 2017.10.30.撮影
画像
地面からにょっきり生える大きなキノコのコガネタケ。食べられるキノコだが食べる気はしない。 2017.10.30.撮影
画像
コガネタケ。襞があり縦に割ける。 2017.10.30.撮影
画像
コザクラミノシメジ? 2017.10.30.撮影
画像
コザクラミノシメジ? 2017.10.30.撮影
画像
シカタケ? 2017.10.30.撮影
画像
シカタケ? 2017.10.30.撮影
画像
シモフリシメジ? 2017.10.30.撮影
画像
シモフリシメジ? 2017.10.30.撮影
画像
ドクササコ? 2017.10.30.撮影
画像
ドクササコ? 2017.10.30.撮影
画像
ハタケコガサタケ? 2017.10.30.撮影
画像
マルミノフウセンタケ? 2017.10.30.撮影
画像
マルミノフウセンタケ? 2017.10.30.撮影
画像
モリノカレバタケ? 2017.10.30.撮影
画像
モリノカレバタケ? 2017.10.30.撮影

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック