賀茂川のモンクロシャチホコの幼虫他

この時期になると賀茂川の桜にモンクロシャチホコの幼虫が群がり付く。終令幼虫になるころには桜の葉は丸坊主になる。桜の葉を食べるのでその近くを通ると糞が道路を赤く染め、桜餅の香りがする。気持ち悪い幼虫だが昆虫食の面では美味しいらしい。でもやはりこの姿を見ると食べる気にはならない。また、イネ科外来植物にはチャバネセセリの幼虫が良く見られる。この蝶が羽化すると秋が来る。
画像
桜の葉に群がるモンクロシャチホコの若令幼虫。この幼虫を食べにジュウイチやホトトギスも9月初めには桜林にやってくる。 2017.8.27.撮影
画像
外来のイネ科植物を食べるチャバネセセリの幼虫。賀茂川にはこの時期この幼虫が多い。この蝶が羽化すると秋がやってくる。 2017.8.27.撮影

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック