自然観察・・・京都府立植物園の秋に見るキノコや蝶と花など

京都府立植物園でこの秋、私としては初めてのブナシメジやチャナツムタケを観察した。今年は暑さが続いた為、蝶もまだ新鮮なものが残っている。整備が進んだ植物園にはこの秋も訪れる野鳥が少ない。柿にメジロが来ているがアオゲラの姿はまだない。ようやくアオジやジョウビタキの姿を見るようになった。
画像
今年初めて姿を見たアオジ♀ 2016.11.7.撮影
画像
ウラナミシジミ♀ 2016.10.26.撮影
画像
紅葉に入ると美しいエナガ 2016.11.7.撮影
画像
ヌスビトハギの花とキタキチョウ 2016.9.26.撮影
画像
ツワブキの花とキタキチョウ 2016.11.5.撮影
画像
カタバミの花とキタキチョウ 2016.11.5.撮影
画像
ツワブキの花とキンケハラナガツチバチ 2016.11.7.撮影
画像
コフキサルノコシカケ 2016.11.5.撮影
画像
カイズカイブキにとまるジョウビタキ♂ 2016.11.2.撮影
画像
チャナツムタケ 2016.11.7.撮影
画像
コスモスの花とツマグロヒョウモン♀ 2016.11.5.撮影
画像
コスモスの花とツマグロヒョウモン♀ 2016.11.5.撮影
画像
ヒラタケ 2016.11.5.撮影
画像
ヒラタケ 2016.11.5.撮影
画像
ブナシメジ 2016.11.7.撮影
画像
ブナシメジ 2016.11.7.撮影
画像
ムラサキシジミ 2016.11.2.撮影
画像
ムラサキシジミ♀ 2016.11.5.撮影
画像
柿の実をつつくメジロ 2016.11.7.撮影
画像
ヤナギマツタケ 2016.11.7.撮影
画像
リンドウ 2016.11.5.撮影

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック