方広寺大仏殿と大仏殿緑地

天正14年(1586)に焼損した東大寺大仏に変わる大仏として、豊臣秀吉は高さ約19メートルの木製金漆塗坐像大仏を方広寺に文禄4年(1595)に大仏殿を建造して完成させた。大仏殿は高さ約49メートル、南北約88メートル、東西約54メートルという壮大なもので大阪城天守の高さを上回るものであった。また、境内も現在の方広寺境内、豊国神社、京都国立博物館、妙法院、智積院ならびに三十三間堂を包含する広さを持っていた。晩年の秀吉の不運というかその大仏は翌年の慶長伏見大地震で倒壊し、秀吉は開眼法要を見ることなく 慶長3年(1598)に薨去する。二代目大仏(銅製)が秀頼により再造されるが、慶長7年(1602)に今度は大仏殿が焼失する。秀頼再建の大仏殿は慶長17年(1612)に完成するが、1614年に完成した梵鐘の「国家安康」「君臣豊楽」の銘文が徳川家康への呪詛の疑いとされ大阪夏の陣(1615)で豊臣家が滅びるきっかけとなった。その後は寛文2年(1662)に地震で大仏は小破、大仏は寛永通宝に改鋳される。木像で再建された三代目も寛政10年(1798)には落雷で灰燼に帰した。四代目の大仏が天保年間に縮小した大仏(木造)として再建されるがこれも昭和48年(1973)に焼失する。まことにさんざんな運命をたどった方広寺大仏だが、現在は方広寺本堂に二代目の秀頼が建造した10分の1の大きさの大仏が安置されている。また、二代目大仏の眉間籠り仏も拝むことができる。方広寺境内には当時の大仏殿の巨大な礎石と約82トンもある「国家安康の梵鐘(重要文化財)」、大仏殿の柱の金具等が残されている。方広寺に隣接する豊国神社の東が方広寺大仏殿跡で、発掘調査地が現在大仏殿跡緑地公園として保存され、その遺構を偲べるよう石のモニュメントで範囲や柱の大きさが示されている。これらは一見する値打ちがあるだろう。
画像
現在の方広寺本堂 2014.1.9.撮影
画像
方広寺鐘楼と豊臣氏滅亡のきっかけとなった「国家安康の梵鐘」 2014.1.9.撮影
画像
知恩院、東大寺とともに日本三大梵鐘の一つ、重さ約82トンもある巨大な方広寺「国家安康の梵鐘」 2013.11.7.撮影
画像
方広寺大仏殿の柱金具等の遺物が残されている 2014.1.9.撮影
画像
現在方広寺本堂に安置される二代目秀頼の大仏の10分の1の大きさの本尊 2014.1.9.撮影
画像
方広寺本堂で拝することができる二代目大仏の眉間籠り仏 2014.1.9.撮影
画像
方広寺境内に据えられている大仏殿の巨大な礎石 2014.1.9.撮影
画像
隣接する豊国神社の裏手(東側)にある大仏殿跡緑地公園 2013.11.7.撮影
画像
ちょうど大仏殿が建てられていた場所は現在の豊国神社本殿裏になる 2013.11.7.撮影
画像
大仏殿の北側の位置が石のモニュメントで示されている 2013.11.7.撮影
画像
南側の位置も石のモニュメントで示され、柱跡も大きさが石で示されている 2013.11.7.撮影
画像
秀吉が全国から巨木を運ばせた柱の大きさが石で示される。身長167cmの女性が寝ころべば大きさがいかに大きいかがわかる。 2014.11.7.撮影

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

この記事へのコメント

ゆり
2017年01月19日 16:51
とてもいい写真ですね!(^^)!
保存させてもらいました♡

この記事へのトラックバック