京都の自然・・・「この木何の木」気になる賀茂川にあるイボタの木の満開の花のもとで

賀茂川の柊野には巨大なイボタの木がある。6月2日にこの木は満開の花を咲かせていた。これだけの花が咲けば本来ならもっと多くの蝶や虫が集まってもよさそうなものだが、それほどには虫はいなかった。しばらく観察したこの木の周辺の虫たちを紹介する。
画像
柊野の賀茂川畔にある巨大なイボタの木。満開の花姿は目を見張るものがあり、甘い香りが辺りに漂っている。 2013.6.2.撮影
画像
花に集まっているモンシロチョウ。この蝶だけ数がいた。 2013.6.2.撮影
画像
この花に集まったのはこのキタテハと、ほかにはアオスジアゲハ、イチモンジセセリ程度だった。本当に蝶の数が少ない。 2013.6.2.撮影
画像
隣には桑の実が熟れていた。一つ頂くと甘酸っぱい味がする。ヒヨドリが実を食べに来ている。 2013.6.2.撮影
画像
ハナムグリは数多く集まっていた。 2013.6.2.撮影
画像
シロテンハナムグリももう発生期になっている。 2013.6.2.撮影
画像
甘い香りにはクマバチは弱いようだ。 2013.6.2.撮影
画像
ヘリグロベニカミキリも訪問者だった。もっとカミキリがいてもおかしくないが、これも少ない。 2013.6.2.撮影
画像
木の周りにカメノコテントウムシがいた。 2013.6.2.撮影
画像
賀茂川の畔にはハグロトンボがいる。 2013.6.2.撮影
画像
賀茂川畔に咲くキショウブの花にオオカワトンボがたくさんいる。 2013.6.2.撮影
画像
オオカワトンボにはいろいろな型があり羽や胴の紋様や色が違う。 2013.6.2.撮影
画像
一匹だけ美しいアオサナエが現れた。 2013.6.2.撮影

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック